CSR

corporate social responsibility

高島屋グループのSDGs

5つのテーマ策定ステップ

事業活動を通じて重点的に取り組むべき5つのテーマは、「地球環境への配慮」「まちづくり」「アクセスフリー・ストレスフリーな商品・施設」「持続可能な商品・サービスの提供」「働きがいの創出」です。

経営理念と指針を軸に、ステークホルダーからの期待も踏まえて現状とSDGsが掲げる目標とのギャップを議論し、当社グループが最も強く貢献・寄与できるテーマを選定しております。

<テーマの設定プロセス>

経営理念・指針を軸にSDGsの17の目標から取り組むべきテーマを考察

経営理念や指針とSDGsの17の目標とを照らし合わせ、事業活動を通じて当社が取り組むべきテーマは何かを洗い出しました。

現状とSDGsが掲げる目標とのギャップを議論

お客様や株主、従業員などステークホルダーからの期待も踏まえ、現状とSDGsが達成された社会とのギャップを議論し、テーマの優先度合を確認しました。

当社グループが重点的に取り組むべき5つのテーマを設定

百貨店業をコア事業とする当社グループにおいて、SDGsの達成に強く貢献・寄与できる5つのテーマを設定しました。

当社グループの経営理念・指針

5つのテーマと重点課題

地球環境を守るための
たゆまぬ努力

1.

地球環境への配慮

(1) RE100
(2) 排出CO2ゼロ
(3) 廃棄プラスチックゼロ

icon

いきいきとした
地域社会づくりへの貢献

2.

まちづくり

(1) 地域協同型サービスの拡大
(2) 地域協同型インフラの拡大

icon

こころに残るおもてなし

3.

アクセスフリー・ストレスフリーな商品・施設

(1) ユニバーサル商品の拡充
(2) ユニバーサル売場の構築
(3) 全店ユニバーサルデザイン化

icon

未来を切り拓く
新たな生活・文化の創造

4.

持続可能な商品・サービスの提供

(1) 児童労働完全撤廃
(2) 環境配慮商品・売場の拡充
(3) 付加価値商品の提供
(4) 食品ロスゼロ

icon

「人を信じ、人を愛し、
人につくす」こころを
大切にする

5.

働きがいの創出

(1) エンゲージメントの向上
(2) 完全平等同一機会の提供

icon

※上記の取り組む領域・ポイント、目標達成の時期は適宜更新・修正して参ります。

CLOSE

close