サステナビリティ

Sustainability

高島屋グループESG経営

重点課題(マテリアリティ)策定ステップ

「高島屋グループESG経営」における重点課題は、以下のステップで設定しました。重点課題についてはKPIや年度目標を数値化する中、PDCAサイクルを通じ、進捗管理を徹底しています。

重点課題特定プロセス

経営理念・指針を軸にSDGsの17の目標から取り組むべきテーマを考察
経営理念や指針とSDGsの17の目標とを照らし合わせ、事業活動を通じて当社が取り組むべきテーマは何かを洗い出しました。
現状とSDGsが掲げる目標とのギャップを議論
お客様や株主、従業員などステークホルダーからの期待も踏まえ、現状とSDGsが達成された社会とのギャップを議論し、テーマの優先度合を確認しました。
当社グループが重点的に取り組むべき5つのテーマを設定
百貨店業をコア事業とする当社グループにおいて、SDGsの達成に強く貢献・寄与できる5つのテーマを設定しました。
<高島屋グループSDGs 5つのテーマ>
1. 地球環境への配慮
2. まちづくり
3. アクセスフリー・ストレスフリーな商品・施設
4. 持続可能な商品・サービスの提供
5. 働きがいの創出
5つのテーマをESG視点の重点課題(マテリアリティ)として再構築
当社グループが目指す将来社会を見据え、5つのテーマをESG視点で環境・社会領域の重点課題10項目へ再構築し、取締役会において確認いたしました。