サステナビリティ

Sustainability

環境

脱炭素化推進 EV100

自動車や鉄道、航空機など、人や物の輸送・運搬に占める世界のエネルギー関連温室効果ガス排出量は、年間2.5% 上昇しており(2018年度)、気候変動に最も影響を与えているといわれています。

当社は2019年、事業活動で使用する車両を100%電気自動車化することを目指す国際的イニシアチブ「EV100」に参加しました。「2030年までに直接管理車両を100%電気自動車化すること」を目標とし、脱炭素社会の実現に向けた取り組みをさらに推進していきます。

  • EV100

保有車両をEV車両やFCV車両に転換

各店が使用する外商営業車両やお客様送迎車両等、営業活動で使用する保有車両の削減・適正化を図るとともに、保有車両を順次EV車両やFCV車両に転換していきます。

チャージステーションの拡大

EV車両の普及や増加に向けた対策として、充電設備の拡充に取り組みます。現在、玉川高島屋S・C(東京都)・柏高島屋ステーションモールおよび流山おおたかの森S・C(千葉県)に設置しているEV車両のチャージステーションを、順次他の店舗にも拡大していく予定です。

  • イメージ画像