サステナビリティ

Sustainability

環境

循環型ビジネス

UNCTAD(国連貿易開発会議)によると、繊維・アパレル産業は、石油産業に次いで世界で2番目に環境を汚染している産業に挙げられています。年間9,200万トンもの廃棄物を発生させ、繊維製品の約6割は、石油由来のポリエステルなどを原料としているため、環境への影響が大きいとされています。

ファッションアイテムは、百貨店の主力商品です。高島屋では、不要となった衣料品の回収・再生・販売の循環型スキームを構築し、「売りっ放し」からの脱却を目指します。同時に、「再生し続ける服や雑貨」を提供することにより、新たな地下資源を使用することなく、サステナブルなビジネスモデルへの変革を推進していきます。

日本環境設計株式会社との協働

当社は、「ケミカルリサイクル」という現時点において国内唯一・独自の技術を有する日本環境設計株式会社と2020年に資本提携しました。「お客様から不要となった衣料品を回収→分解→再生ポリエステル樹脂として原料化する」再生工場を保有し、循環型プログラムを展開する同社と協働し、環境に配慮した循環型商品の開発に取り組んでいます。

  • イメージ画像

循環型商品の発売と回収プログラム「Depart de Loop」プロジェクトの開始

「再生し続ける服」の展開拡充に向け、2021年4月には、日本環境設計株式会社との協働による「Depart de Loop」プロジェクトを始動しました。当社の取引先ネットワークを通じてプロジェクトへの参加協力要請や、お客様への告知強化を図り、循環型社会の構築に取り組んでいます。

BRING™とは

将来的な参加型サーキュラーエコノミーを目指して

「Depart de Loop」のネーミングは、「デパートが行う循環型企画」「新しい生活サイクルへの出発」という想いを込めた造語です。将来的には、あらゆるものを循環させ、サステナブルなライフスタイルを定着させることを目指しています。そのためにも、情報発信や啓発活動に取り組み、お客様やお取引先、地域社会とともに参加型のサーキュラーエコノミーを積極的に提案・推進していきます。

  • イメージ画像