サステナビリティ

Sustainability

トップメッセージ

高島屋グループは「人を信じ、人を愛し、人につくす」こころを大切にし、持続可能な社会を目指します。

当社は、経営理念に「いつも、人から。」を掲げています。この経営理念には、誠実な企業活動を通じて、お客様をはじめ、地域社会、お取引先、従業員などグループを取り巻く全てのステークホルダーの皆様に対して、信じ、愛し、つくすこころを大切にし、人々が輝き続けられる持続可能な社会を目指すという思いが込められております。これが当社におけるCSRの基本となる考えです。

当社は「コンプライアンス」など企業としての基本的な活動から、新しい価値の創造や社会問題の解決など持続可能な社会実現に向けた活動まで広義に取り組んでおります。これらはすべて経営活動そのものであり、事業活動を通じて実現させてまいります。

2015年国連総会において、持続可能な社会をつくるために、世界が一致して取り組むべき「持続可能な開発目標」(SDGs)が掲げられました。これまで各企業や団体がそれぞれに取り組んできた環境やエネルギー問題などに対して、グローバルな視点での共通目標が設定されたことは、社会が同じ目標に向かって協力し合い、加速度的に成果発揮していく上で大変意義深いことであると考えます。

当社はSDGsの主旨を理解し主体的に捉え、経営理念体系とステークホルダーからの期待を踏まえて、これまでのCSR経営とSDGsの考え方を融合させた「高島屋グループESG経営」を推進し、社会課題解決と事業成長の両立を図ってまいります。

ステークホルダーの皆様のご理解、ご協力のもと、ともに持続可能な社会実現に向けて取り組んでまいりたく存じます。

取締役社長 村田 善郎