高島屋のお歳暮

お歳暮

お歳暮でお世話になった人や友人・知人に感謝を表そう

現代では、お歳暮は感謝の気持ちと、「これからもよろしくお願いします」という思いを込めて贈る贈りものを指します。贈る相手は昔であればお世話になった人や上司、取引先などでしたが、最近では上下関係や会社での関係などに限らず、親しい友人や知人、親族などに贈るケースも増えています。

※画像はイメージです

1.お歳暮とは?

お歳暮は、日頃お世話になっている方々に対した1年の締めくくりにお礼の気持ちとして贈るものです。その起源は江戸時代までさかのぼり、毎年2回の盆と暮れの時期に、長屋の大家さんや取引先に対し「日頃お世話になっています。これからもよろしくお願いします」という意味を込めて、店子や商人が贈りものを持参したのが始まりの1つといわれています。それが商習慣と結びつき、現在のような形になったといいます。

現代では、お歳暮は感謝の気持ちと、「これからもよろしくお願いします」という思いを込めて贈る贈りものそのものを指します。贈る相手は昔であればお世話になった人や上司、取引先などでした。しかし、最近では上下関係や会社での関係などに限らず、親しい友人や知人、親族などに贈るケースも増えています。

お歳暮ギフトの準備はこちらから

2.お歳暮を贈る時期は?

お歳暮は季節のあいさつなので、贈る時期をきちんと守るのが大事なマナーの1つです。昔は、新年を迎える準備を始める12月13日の「すす払い」から20日までの間に贈るものとされていましたが、すす払いの習慣が廃れたことで贈る時期は前倒し傾向になっています。現在では11月末に贈るのも珍しいことではなくなりました。

もっとも、地方や贈るものの内容によっても若干の違いが見られ、例えば関東地方では12月初旬~31日ごろ、関西地方では13日~31日ごろが多いようです。一般に、受け取る側の負担を考えて年越し準備で忙しくなる年末の25日以降は避けたほうがよいといわれていますが、生鮮食品や鮭や昆布巻きなどのお正月用品は別になります。むしろ正月に近い日付で贈ったほうがよいとされています。

お歳暮のギフト選びは高島屋のお歳暮特集で

3.お歳暮を贈る時のマナー

お歳暮を贈る時のマナーとして、「時期」の問題

もともと、お歳暮は相手方の家に持参するのが正式な渡し方ですが、現在は宅配便で贈るのが一般的です。
そうはいっても、年末の忙しい時期に届いたのではかえって相手の迷惑になってしまうでしょう。そこで地域により多少の差はありますが、11月下旬~12月20日ごろまでに届くようにするとよいでしょう。手配の遅れなどにより年内に届かない場合は、関東地方では1月7日(松の内)までに、関西地応では15日までに表書きを「御年賀」として贈ります。その後立春(2月4日頃)までの間なら「寒中御見舞」として贈ります。その場合、先方にお歳暮として贈れなかったことをお詫びして、年明けに贈る旨を手紙か電話で一言伝えるのがマナーです。

贈る品物も難しいポイント

まず気をつけたいのは、お世話になった気持ちを表そうとして高価なものを贈ってしまう場合です。いくら感謝の気持ちを表すものといっても、高価な贈りものはかえって相手方に気を遣わせてしまうことになります。そのため品物の価格は5,000円ぐらいを上限に留めておくと相手に気を遣わせずにすみます。

時期に遅れずにお歳暮を贈るには、まず「誰に贈るか?」を早めに明確にする必要があります。基本的には、自分がお世話になっていると思う人に贈ればよいのですが、両親や親戚、勤務先の上司、取引先といった定番の相手に加え、友人や近所の人、会社の同僚、習い事の先生などに贈る人も増えてきています。

贈る相手が決まったら次は品物選び

その際には贈る相手のことを考えながらその人の趣味嗜好や家族構成にあったものを贈るのが基本です。例えば、夫婦2人暮らしの家に量のある生鮮食品を贈るのはよいとはいえません。ただし正月には帰省してくる子どもたちの家族で家が賑わうのであれば、お歳暮の品としてふさわしいといえるでしょう。もしも品物選びに困ったらお菓子やコーヒー、海苔などの日持ちのするものにするのもおすすめです。

お歳暮の商品をみる

4.お歳暮の人気おすすめアイテム

お歳暮は「毎年××さんには○○を贈る」と決めている場合も多いので、トレンドに大きな変化はありません。毎年変わらずに人気となっているのは、ハム・ソーセージなどの食品とクッキーやケーキやタルトなどのお菓子類です。これらは家族みんなで食べられるところがポイントです。
ほかにもビールのセット、カニなどの季節の魚介類、地方名産の野菜や果物なども一定の需要があります。最近では、さまざまな地方の名産品などから好きな品物を選べるカタログギフトを贈る人も増えています。カタログギフトは「3,000円」「5,000円」など金額ごとにコースが分かれています。金額が分かりやすいところから若い世代には人気のお歳暮となっています。

SNSに投稿する

あわせて見たい関連記事

お歳暮

歌舞伎界に学ぶ!"粋と艶"の日本文化をつなぐ、贈りもの選び

お酒

ギフトで贈るならココに注目! プロが教えるお酒選びのポイント

スイーツ

スイーツジャーナリスト平岩理緒がおすすめ! 手土産・ギフト向けスイーツの選び方

お歳暮

正しい贈り方は? 喜ばれるものは?
知っておきたい、ビジネスお歳暮のポイント

お歳暮

“こころ”が伝わる最適な贈り物とは? お歳暮選びのコツとマナー

お歳暮

1年の感謝の気持ちを贈る!
お歳暮の添え状・送り状のマナー

お歳暮

お歳暮をいただいたらお礼状を書きましょう

お歳暮

お中元・お歳暮の意味と違い
贈りものの時期・マナーや金額相場

お歳暮

意外と知らない「のし」のマナー

お歳暮

時期、相場から喪中時の対応まで、知っておきたいお歳暮のマナー

お歳暮

お歳暮でお世話になった人や友人・知人に感謝を表そう