1. TOP
  2. 高島屋のギフト
  3. 高島屋のお年賀 2022

高島屋のお年賀 2022は終了いたしました。次回をお楽しみに!

高島屋のお年賀 2022

お年賀用途での販売は終了いたしました。

お年賀の贈り方マナー・豆知識

お年賀とは?

お年賀とは、日頃お世話になっている方のお宅へ新年のご挨拶に伺う際に添える贈りもののことを言います。お年賀は、新しい年神様をお迎えして祀る際、神棚へのお供え物「御年玉」を、正月の年始挨拶に訪問する際にお互いの家で贈りあうこと(持参すること)が起源とされています。それがいつしか、手土産を持参するという形に変わり、年始の挨拶回りの手土産を「お年賀」と呼ばれるようになりました。

お年賀とお歳暮の違いは?

お年賀とお歳暮は、目下の方から目上の方へ贈るのが一般的で、贈る時期と意味が異なります。親しい人やお世話になっている人には両方贈っている方もいます。お年賀は、正月の年始挨拶の際の手土産で、今年1年間お世話になるというこれからの気持ちを伝えるものです。元日は避け、松の内(正月の松飾りのある期間)までに済ませるのが一般的です。期間は地方によって様々で、関東地方は、1月7日まで、関西地方、山陰地方、名古屋は、1月15日までとなります。岐阜は地域によって異なり、1月7日か15日までのところがあります。お歳暮は、お世話になった方への年末のご挨拶で、今までに対する感謝の気持ちを込めて贈るものです。お歳暮を贈る時期は、かつては12月13日のお正月の準備を始める「事始め」からとされていましたが、現在では12月上旬~25日頃とされています。最近では、11月下旬から贈る方も増えています。京都では、今でも12月13日の「事始め」から贈る方もいるようです。