タカシマヤのバレンタインデー 2019をお楽しみに。
タカシマヤの バレンタインデー2018

バレンタインデー用途での販売は終了いたしました。

チョコレート人気ランキング

GODIVA(ゴディバ)

ゴールドコレクション

税込5,400

ほしいモノリストに登録
4

洋菓子人気ランキング

バレンタインデーの豆知識

バレンタインデーとは?

バレンタインデーの由来は、3世紀のローマ帝国時代に遡ります。当時、若い兵士の結婚は皇帝クラウディウス2世によって、遠征などの際に士気が下がるという理由で禁止されていました。キリスト教司祭であるヴァレンティヌス(バレンタイン)は、密かに兵士を結婚させたため、2月14日に処刑されました。
その後2月14日を、欧米では「愛の日」として祝うバレンタインデーとなり、恋人、婚約者、夫婦間でカードや贈りものを交換しています。
*諸説あります。

日本と海外のバレンタインデーの違い

日本では、女性が男性にチョコレートを贈るのが一般的ですが、海外では異なる場合が多いです。欧米では、男性から女性へプレゼントを贈るのが一般的です。プレゼント内容も、チョコレートに限らず、花束やジュエリーなど様々です。

どうしてチョコレートを贈るようになったのか?

女性が男性にチョコレートを贈るのは日本独自の習慣です。1936年に「モロゾフ」が日本で初めてバレンタインデーの広告を出したことが始まりです。1958年に「メリーチョコレート」が「バレンタインデーにチョコレートを贈ろう」とキャンペーンを実施しました。
この頃からバレンタインの広告がでるようになり、定着していきました。
※諸説あります。

義理チョコと本命チョコの相場・違い

義理チョコと本命チョコは贈る品物で区別しましょう。義理チョコの場合、贈る相手に合わせたチョコレートを選ぶよりは、全員に同じものを渡すことが多いです。あまりに高価なものは、選ばないほうがよいでしょう。高価なものは、お返しの際に相手に気を遣わせてしまいます。本命チョコは、女性が思いを寄せる男性に贈るチョコレートで、義理チョコと比べ、高価なものや手作りされるものも多いです。