紫野和久傳

紫野和久傳

和久傳の歴史

明治三年、丹後峰山町で和久屋傳衛門が始めた旅館が和久傳のはじまりであり、名前の由来です。同地方は江戸時代から丹後ちりめんで栄え、和久傳は京都などから訪れる商人たちの宿や、会合などの場として用いられ、峰山が誇る老舗旅館として百年以上も続きました。
京都市内の高台寺近く、現在の「高台寺和久傳」に移転したのは昭和五十七年のことです。「和久傳」はこの地で新たな産声を上げます。

高台寺和久傳店内
高台寺和久傳外観

野趣と文化、それが和久傳の味

包丁で食材をさばく料理人
山で採れた旬の食材

懐石料理が全盛の京都において丹後で百年以上培った和久傳の名に恥じない味をつくることは並大抵のことではありませんでした。峰山の名物だった蟹焼きなど、日本海で採れた食材や山で採れた旬の食材を使い「野趣と文化」という今日の和久傳の個性的な味が生まれました。

おもたせのお店「紫野和久傳」

料亭の本格的な味をそのままご家庭で召し上がっていただく、その発想は食の多様化が進む時代とマッチして人気を博し、現在では「おもたせ」としてお持ち帰りしていただくお店「紫野和久傳」をスタートさせ、店舗販売、通信販売をおこなっております。

紫野和久傳のおもたせ

食材へのこだわり

田んぼ一面に実る稲穂

和久傳の発祥の地である丹後久美浜町におもたせなどの物販商品の工房をつくり、ここから全国へ商品を発送。また地域の旬の食材へのこだわりから丹後の地でお米、野菜や果物などの栽培もはじめました。人から人へ贈ること、贈られることを思いつつ、四季折々の食材を姿よく、食べよく仕立て、おもたせとして多彩な品々をご用意いたしております。

[紫野和久傳]一覧 全12件(1-12件表示)

商品カテゴリ

紫野和久傳

検索条件

検索ワード:【 指定なし 】

表示順
表示件数

表示切り替え
在庫ありのみ表示
  • 1

12件 (1/1ページ)

  • 1

12件 (1/1ページ)