ランキング

集計期間

「こんなタオルがあったらいいな」という思いをカタチにしました。暮らしの中でタオルに触れることが多い女性の目線で、機能性や質感にこだわり、環境にも配慮して作られたのが「潤いのタオル」です。アメリカ有数の綿花の産地カリフォルニア州サンホーキン地方の綿花を用い、毛羽落ちの原因となる短い繊維を除去。さらに糸と糸の間の空気の層がつぶれないようやさしく撚る特殊加工を施すことで糸が空気をたっぷりと含み、洗濯を繰り返しても硬くなりにくい、やさしい肌ざわりを生みだしました。空気を含んだ糸は水分をすばやく吸収し、風通りも良いので速く乾くため、まめにお洗濯をする家庭で人気を集めています。

1

超長綿のプレミアムコットン、スーピマ綿を原料に、吸水性・保水性が高まるよう紡績。表面がさらさらのタオル地に織りあげました。

2

まず、どんなタオルを作るか。作業はそこから始まります。世界の生産量の約70%を占める中国、アメリカ、インドなど、世界各地で栽培される綿花はその特徴もさまざま。選ぶ綿花でできあがるタオルも違ってきます。作るタオルを念頭に、綿・糸・加工・織り・デザイン一つひとつを吟味して作られるのが〈渡辺パイル〉のタオルです。こだわって選びぬいた綿。その風合いを引き出す方法で糸に紡ぎ、やわらかな肌ざわりのタオルに仕上げています。硬度が低く、不純物の少ない蒼社川を擁し、自然環境に恵まれた全国屈指のタオルの産地、今治にあることで、染め、加工、縫製など産地内ですべて行い、上質なタオルを実現します。

3
4 ほしいモノリストに登録

AMERICAN FOLK ART MUSEUM(アメリカン フォーク アート ミュージアム)

【高島屋限定】〈アメリカン フォーク アート ミュージアム〉今治タオルセット

税込4,400

送料無料

花や果実などを表現するキルトと彫刻のような陰影が魅力のキルト、二つの技法をいかしたデザイン「キャンドルウィック・スプレッド」をもとに、今治の技術で織りあげました。吸水性が良く、使い心地の良いタオルです。