ランキング

集計期間

江戸時代後期に江戸大伝馬町のビードロ屋加賀屋久兵衛が硝子に切子細工を施したのが、江戸切子の始まりと言われています。以降、その伝統技術は絶えることなく現在に至るまで継承されています。文様も庶民の暮らしと共に発展しました。なかでも花文様が中心だったことはあまり知られていません。江戸時代の良き伝統を重んじながら現代風にアレンジした果実文を作品に取り込みました。

1

江戸時代後期に江戸大伝馬町のビードロ屋加賀屋久兵衛が硝子に切子細工を施したのが、江戸切子の始まりと言われています。剣矢来重文様は、剣とは諸刃の直刀のことを指し、笹の葉の形状に配置しております。笹の葉文様は伝統文様で、笹の葉が寒暖風雪に強くいつも鮮やかな緑色をしているところから、健康長寿を願う文様です。矢来文様は斜めに竹を組み合わせた柵を模しており、魔除けの意味があります。

2