#フード

おすすめの「おいしい常備食」とは?非常時に備えて長期保存できるものや、簡単時短フードなど多彩に!

2020年7月15日

※画像はイメージです

いまタカシマヤが注目しているのは、非常時に喜びや癒しをもたらしてくれる「おいしい常備食」。おいしい食事をとることは、楽しみのひとつであり、気持ちを前向きにする大切なエネルギーでもあります。そこで今回は、タカシマヤがおすすめするフードメニューをセレクト。長期間ストックできる乾麺や缶詰をはじめ、簡単便利な時短フードなど、どれも家に備えておきたい食品ばかり。おいしい常備食をキープして、いざという時に備えましょう!

#01 乾麺や缶詰の「ローリングストック法」がおすすめ!

まず始めにキープしておきたい常備食は「乾麺」や「缶詰」。最近メディアでも取り上げられている、“ローリングストック法”というコトバを聞いたことはありませんか?これは、非常食を日常的に食べて買い足すことで、知らないうちに賞味期限が切れていたという残念なミスを防ぎ、安心して食べることができるというおすすめの備蓄方法です。

-ローリングストック法は日常的に非常食を食べて、食べたら買い足すという行為を繰り返し、常に家庭に新しい非常食を備蓄する方法-

出典:内閣府 防災情報のページ「できることから始めよう!防災対策」

買い置きしやすく、しかも茹でてすぐに食べられる乾麺は、まさにこのローリングストック法にぴったり。全国にある名産地のうどんやそば、本場イタリアのパスタなども常備しておけば、食べ比べを楽しみながら備えることができます。また、開けたらすぐに食べられて、保存ができる缶詰もおすすめ。タカシマヤなら高級食材のオリジナル缶詰もしっかりラインアップしています。

#02 ギフトにもおすすめの「長期保存食」

そしてやはり、常備しておくと安心なのが、常温のままで保存できて年月が経ってもおいしさがほとんど変わらない「長期保存食」。今ではバラエティー豊かな品々から選ぶことができるようになり、技術的な進化とともにおいしさも格段にアップ!ほとんどのものが水や加熱調理を必要とせず、開封したらすぐに食べることができるため、ガスや電気などインフラの供給がストップした場合でも安心です。また、自然の中で楽しむ登山やキャンプといったアウトドアシーンにも活用可能。スタイリッシュなパッケージに入ったシリーズも販売されており、ギフトとしても人気が高まっています。

保存食・非常食はこちら

#03 簡単便利!「時短フード」がおすすめ

レンジで温めたりお湯を注ぐだけで簡単に食べることができて、忙しい時にとっても重宝する「時短フード」。魅力はその「手軽さ」と、本格的な「おいしさ」。レンジでチンするだけの手軽さは、お子様やふだん料理をしない方でも誰でも作ることができるという安心感につながります。そして、全国の老舗や名店が手がけた名物料理も揃っているという、豊富なバリエーションもうれしいところ。来客時の食事やギフトにも活用できるでしょう。

時短フード(惣菜・お弁当)はこちら

タカシマヤおすすめの「おいしい常備食」。長期保存できるものや、簡単時短フードなど多彩にご紹介しました。大きな災害が起きたときに、電気やガス、通信といった大切なライフラインが復旧するまでに必要な日数は、一般的に約3日だと言われています。最低3日分は家族みんなが食べられる量をストックしておきたいものです。また、東日本大震災を被災した方に食事について聞いてみたところ、「温かい料理を食べたときに、ほっと心がやすらいだ」という声が多く聞かれました。どこでもどんな時でも料理を温めることができるように、カセットコンロとガスボンベも一緒に常備しておくと便利なのでおすすめです。非常時を安全に、そして“おいしく”乗り切るためにも、ぜひ参考にしてみてください。

この記事をシェアする

こちらもおすすめ

あわせて見たい関連記事