ランキング

集計期間

ストームグラスは、19世紀にヨーロッパで天候予測器として航海士等に一般的に使われてきた天候予測器です。樟脳(クスノキのエキス)やエタノール等をガラス管に密封して作られており、気候の変化に反応して起きる結晶を観察する事で、役立てられていました。その後の科学の発展に伴い、実際には結晶化現象については謎が多い事がわかり、いまだ詳細は研究途上です。現代では予測器としての実用は難しいですが、季節によって景色が変わるように、日々変化する結晶の様子をお楽しみください。

1

江戸時代から製法技術を今も守り続けている今井だるまは、数あるだるまの中でも、ひときわ勇ましい姿が目を引きます。すべての工程を手作業で仕上げていく今井だるまはひとつひとつがオリジナルです。職人の手の温もりがじかに感じられる一品です。

2