岩谷堂箪笥

岩谷堂箪笥

岩手の匠が伝える伝統の家具

ブランドストーリー

岩谷堂箪笥の起源は康和年間(1100年代)藤原清衡が産業奨励に力を注いだ時代にさかのぼります。当時は現在のような箪笥ではなく、長持のような大型の箱のようなものだったと考えられています。
その後、天明時代(1780年代)岩谷堂城主岩城村将が、米だけに頼る経済から脱皮しようと三品茂左右衛門に車付きの箪笥を作らせ、さらに文政年間(1820年代前後)には徳兵衛という鍛冶職人が彫金金具を考案しました。鍵のかかる堅牢な金具が用いられるのは、金庫の役目を果たすためで、最初は桐の模様が多かったのですが、次第に虎に竹、龍、花鳥など多くのデザインが開発されました。その技術が今も引き継がれています。

逸品が光る、名品が語る、伝統工芸の粋

[岩谷堂箪笥]一覧 全9件(1-9件表示)

商品カテゴリ

岩谷堂箪笥

検索条件

検索ワード:【 指定なし 】

表示順
表示件数

表示切り替え
在庫ありのみ表示
  • 1

9件 (1/1ページ)

  • 1

9件 (1/1ページ)