JOUVENCELLE(ジュヴァンセル)

「四季折々、京の風情を洋菓子に」の心で、季節感を表現

洋菓子、和菓子のジャンルにこだわらず、京都の「菓子文化」を見つめたい。そんな思いから、1988年祇園祭の日に御池通りに誕生した京洋菓子司[ジュヴァンセル]。店名の由来はフランスの古語で「乙女」を意味します。乙女ごころをくすぐるような、色やかたちに季節感を表現し、京都ならではの水・風土に育まれた旬の素材のおいしさを取り入れ、独自の京テイストを生み出してきました。そのお菓子づくりの姿勢は、頑ななまでに職人気質で、ものづくりに徹することにあり、洋菓子でありながら、四季を感じる上質な大人の味わいとなっています。これからも京都の文化が息づくおいしさをお届けします。

RANKING

ランキング

アイテム一覧

1-21件(全21件)
1-21件(全21件)