三喜屋珈琲

三喜屋珈琲

こだわりの焙煎

創業70年を超えて受け継がれる創業者の思い

三喜屋珈琲は、戦後の京都で開いたコーヒーショップからスタートしました。
「お客様に新鮮で美味しいコーヒーを飲んでもらいたい」という思いから、店内に焙煎機を設置、自家焙煎の美味しいコーヒーが飲める店としてたちまち繁盛しました。
1947年に三喜屋商店を設立してから現在まで、「1杯のコーヒーでお客様に喜んでもらえる会社」を目指した創業者の思いは、社員ひとりひとりに受け継がれています。

三喜屋商店

喜びの中に豆がある

量り売りコーヒー豆の売場 イートインコーナー

自家焙煎のコーヒーショップからスタートし、現在では百貨店内に量り売りコーヒー豆の売場とイートインコーナーを展開。
お店で飲んだ感動と喜びをいつでもお持ち帰り頂けるよう、選び抜いたコーヒー豆と販売員の笑顔でお客様をお迎えしています。

珈夢亭COM 大阪タカシマヤ店
「17℃の定温管理保管」「焙煎後2週間以内」など、一定基準を満たしたコーヒー豆を取り扱っています。テイクアウトのカフェコーナーを併設し、ブレンドコーヒー、アメリカンなどの定番メニューや香り高いフレーバーコーヒーなどもございます。ショッピングの合間の休憩にぜひご利用ください。

お客様の元へ安心・安全をお届けする

世界中から幅広く買い入れしているコーヒー豆は、生産地の土壌や気候の情報を集め、豆の品質を慎重に見極めた上で、生産地が明らかなコーヒー豆のみを取り扱っています。
味や香りを左右する「鮮度管理」「品質管理」「記録管理」を徹底的に行い、カップテスターが「風味の数値化・規格化」をし、おいしさを数字で表現するなど、おいしいコーヒーと一緒に、「安心」と「安全」をお客様へお届けできるよう取り組んでいます。

コーヒーの木

最高の仕上がりを目指し、徹底的に研究

職人

焙煎は、その日の気温や湿度、生豆の状態などにより、微妙な調整が必要であり、熟練の技と経験に裏打ちされた職人のノウハウが発揮されています。
商品ごとにコンセプトを持ち、目標とする味わいを作るまでに、一つ一つの工程を徹底的に研究し尽くします。
選び抜いた生豆が持っている特徴を最大限に引き出すため、それぞれの豆に応じた焙煎方法と焙煎度合いを見つけ出し、最高の仕上がりへと導いています。

豆の個性に合わせた多彩な焙煎方法

直火焙煎

繊細な火加減と、豆の状態を瞬時に見極める判断力で、コーヒーが持っている個性を十分に引き出します。

直火焙煎の様子
石焼焙煎

セラミック網の上に特殊な鉱石をのせて焙煎。丹念に時間をかけて煎ることで石が持つミネラル分がアクセントを加え、味と風味が一段と醸しだされます。

石焼焙煎の様子
熱風焙煎

完全自動化された大型焙煎機により、ムラ無く短時間で安定した味に焼き上げ、コーヒー本来のデリケートな風味を醸し出します。

熱風焙煎の様子
炭焼焙煎

炎をコントロールする職人技と、炭焼の遠赤外線効果で独特のコクのある芳ばしいコーヒーに仕上がります。

炭焼焙煎の様子
竹炭焙煎 竹炭焙煎

三喜屋珈琲が他社に先駆け使用した、優れた熱源。煎り上がったコーヒーは沸き立つ香りに炭焼の芳ばしさを持ち、非常に柔らかく上品な味わいに仕上がります。

竹炭焙煎の様子

[三喜屋珈琲]一覧 全32件(1-32件表示)

商品カテゴリ

三喜屋珈琲

検索条件

検索ワード:【 指定なし 】

表示順
表示件数

1-60

表示切り替え
在庫ありのみ表示
  • 1

32件 (1/1ページ)

  • 1

32件 (1/1ページ)