山形養蜂場

山形養蜂場

やわらかな香りとコク。山形を中心とした栃の木から採取した国産はちみつ。

山形の豊かな自然の中で蜜蜂と歩んで100余年。
品質にこだわって採蜜した国産はちみつをお届けします。

場祖・鈴木安太郎が父からミツバチの一群を買い与えられ、近代養蜂の研究を始めたのは1910(明治四十三)年。当時は、はちみつ採取方法の参考書もなく、試行錯誤の中で蜂を増やし、蜂を販売するという出発でした。やがて 1913(大正二)年、山形県東村山郡千歳村(現・山形市落合)で、本格的なはちみつ生産をスタート。1947(昭和二十二)年、社名を「山形養蜂場」と改称。戦後不足していた甘味資源の供給に力を入れます。1973(昭和四十八)年には、はちみつ生産に捧げた功績が讃えられ、鈴木安太郎は業界初の勲五等瑞宝章を叙勲。翌年、日本初の自営養蜂場造成に着手しました。以来、質の高い国産はちみつ作りを追求しています。

アカシア約40万本、栃の木約5万本を植林。
おいしい国産はちみつが採取できるのは約3カ月。

「はっきりとした四季をもつ、山形の風土と豊かな自然が育んだはちみつは、味も香りも最高です」と語る、場主の鈴木安永さん。自社自営の養蜂にこだわり、山形県村山市五十沢に、アカシア約40万本、栃の木約5万本を植林しています。国産はちみつの生産は、4月下旬から7月下旬まで。品質が劣る春一番のはちみつはあえて商品にしません。昼過ぎからは水分の多い生蜜が混入してしまうため、日の出から午前中のうちに採蜜します。

コクのある、まろやかな味わい。赤味を帯びた淡黄色が美しい「栃の木蜂蜜」。

毎年5月~6月にかけていっせいに花が咲く栃の木。「栃の木蜜」は、日本でしか採取されない国産はちみつです。パンに付けたりヨーグルトにかけたりして、風味と甘さをそのままお楽しみください。

山形養蜂場

[山形養蜂場]一覧 全5件(1-5件表示)

商品カテゴリ

山形養蜂場

検索条件

検索ワード:【 指定なし 】

表示順
表示件数

1-60

表示切り替え
在庫ありのみ表示
  • 1

5件 (1/1ページ)

  • 1

5件 (1/1ページ)