宗家 源 吉兆庵

宗家 源 吉兆庵

果実こそが菓子の原点、旬の素材にこだわる 宗家 源吉兆庵の和菓子づくり

見て美しく、食して美味しく、ときには豪華に、またときにはつつましげな姿に、和菓子はつくり継がれて参りました。春初めしころなら庭先にほころぶ梅一輪、秋の深まりゆくころなら紅葉のひとひらを添えるといったことからはじまり、素朴な素材から芸術的な深みのあるお菓子をつくりだすことを志向してきたのが日本人です。その繊細さ、美しさや味覚への研ぎ澄まされた感性の集大成が和菓子となって、現代まで受け継がれております。

その美しい感性、技術の後継者を任じております宗家 源吉兆庵の和菓子づくりの「こころざし」を感じていただければ幸いです。

宗家 源 吉兆庵外観

半世紀を経て研ぎ澄まされた和菓子づくりの真髄 ―Wagashiの心を世界へ―

創始者・岡田寅太郎が、くだものの里といわれる岡山において個人で菓子の製造・販売を開始したのが、昭和22年(1947年)のことでございます。その後半世紀、当社の和菓子づくりにご共鳴いただいた沢山のお客様のお陰をもちまして、現在では、銀座本店、鎌倉本店、大阪御堂筋店を中心に、全国に約130店舗、海外ではニューヨーク・ロンドン・シンガポール・台北・香港など6カ国9都市に14店舗を持たせていただくまでになりました。

くだものの里、岡山が宗家 源吉兆庵の原点

マスカット・オブ・アレキサンドリアを、そのまま丸ごと求肥(ぎゅうひ)で包み込んだ「陸乃宝珠」(りくのほうじゅ)

創始者・岡田寅太郎の個人の菓子店から株式会社 宗家 源吉兆庵となった現在に至るまで、当社では一貫してオリジナリティのある和菓子づくりを目指して参りました。

当社の“顔”ともいう代表的なお菓子は、果実そのものの風味・姿を原料として使用した和菓子で「自然シリーズ」と名づけております。なかでも岡山産の最高級のぶどう、マスカット・オブ・アレキサンドリアを、そのまま丸ごと求肥(ぎゅうひ)で包み込んだ「陸乃宝珠」(りくのほうじゅ)は、日本全国で大きな反響をいただいております。そのほかにも果実を使用した「果実菓子シリーズ」も果実の新鮮さを極力損なわない製法にこだわり、大勢のお客さまにご評価をいただいております。

くだものと和菓子の歴史を現代の菓子づくりに生かす

いにしえでは、菓子はくだものや木の実などの保存食のことを指し、「果子」と書き記されておりました。『続日本紀』(736年、天平の時代)などにも、「橘は果子の長上、人の好む所」という記述が残されております。中国や韓国から日本へ、唐菓子や南蛮菓子の材料・製法が伝えられるなどの時代の移り変わりの中で、「果子」は「菓子」へ、食品から嗜好品へと食べ物としての位置付けが変わって参りました。そして室町・江戸時代の茶の湯の興隆を経て、現在のような美しくも繊細な和菓子の姿が現れたのでございます。

宗家 源吉兆庵では、創業から現在に至るまで「果実こそが菓子の原点であり、果実を使った和菓子こそ本来の菓子の姿に近づくのではないだろうか」と考えて参りました。豊かな陽射しに恵まれた果実の大国岡山だからこそ、菓子の源であるくだものの味や風味を損なわず、“くだもののそのもののかたち”を生かした創作菓子づくりに着目し続けております。

マスカット・もも・びわ

[宗家 源 吉兆庵]一覧 全39件(1-39件表示)

商品カテゴリ

宗家 源 吉兆庵

検索条件

検索ワード:【 指定なし 】

表示順
表示件数

1-60

表示切り替え
在庫ありのみ表示
高島屋限定 送料無料
画像【高島屋限定】果実撰 栗
高島屋限定 送料無料

宗家 源 吉兆庵

【高島屋限定】果実撰 栗

税込3,672

きざみ栗をちりばめたしっとりとやわらかな蒸し菓子「栗かすてら」。なめらかな口あたりの栗きんとんでじっ・・・

商品ページを見る

レビュー

3.0

(1件)

レビュー1件

  • 1

39件 (1/1ページ)

  • 1

39件 (1/1ページ)