鶴屋吉信

鶴屋吉信

鶴屋吉信の歴史

代表銘菓とともに受け継ぐ精神。
京都西陣の鶴屋吉信本店、入口を見上げたところに代表銘菓「柚餅」の銘を記した大看板がございます。
これは、明治・大正の文人画家 富岡鉄斎の揮毫。
柚餅を愛好した鉄斎からは柚餅の外装となる「益精養気」(精を益し、気を養う)との讃と書画をも賜りました。
大看板は、戦時中の強制疎開によって一時は失われましたが、本店の新築にともない復刻。時代をこえて、弊店のあゆみを見守り続けています。
享和三年(1803年)創業以来、二一〇余年。
時代とともに、お客様に愛されるお菓子のかたちをつねに追い求めながら変わることなく受け継ぐ「ヨキモノヲツクル」の精神で京菓子づくりに励みます。

代表銘菓「柚餅」の銘を記した大看板

ものづくりへのこだわり、代表銘菓

柚餅

柚餅 明治初年、三代目鶴屋伊兵衛により創案。爽やかな柚子の香りただよう和三盆の口どけやわらかな高雅な餅菓子です。昭和天皇の京都行幸の際にあたりお買い上げの栄を賜りました。

[鶴屋吉信]一覧 全33件 (1-33件表示)

商品カテゴリ

鶴屋吉信

検索条件

検索ワード:【 指定なし 】

表示順
表示件数

1-60

表示切り替え
在庫ありのみ表示
絞り込み
人気順

鶴屋吉信

〈鶴屋吉信〉京風冷菓(9個入)

税込4,104

京菓匠・鶴屋吉信に代々伝わる家訓は‘ヨキモノヲツクル為ニ材料、手間ヒマヲ惜シマヌ事’。材料を選び、製法を磨き、骨身を惜しまず、おいしい菓子作りに取り組んでいます。人気の「本蕨」、「まめかん露」、くずきり入りのゼリー「TSURU涼涼」などが楽しめる涼菓の詰め合わせ。

商品ページを見る

鶴屋吉信

懐中しるこ・木々の露詰合せ

税込3,564

懐中にたずさえた即席しるこは、椀に割り入れて熱湯を注ぐだけでお召し上がりいただけます。木々の露は袋から取り出し熱湯を注ぐだけで、みつ豆くず湯、挽茶あられ、風流しるこの3種類の味がお楽しみいただけます。

商品ページを見る

レビュー

5.0

(1件)

レビュー1件

鶴屋吉信

〈鶴屋吉信〉京風冷菓(13個入)

税込5,464

京菓匠・鶴屋吉信に代々伝わる家訓は‘ヨキモノヲツクル為ニ材料、手間ヒマヲ惜シマヌ事’。材料を選び、製法を磨き、骨身を惜しまず、おいしい菓子作りに取り組んでいます。人気の「本蕨」、「まめかん露」、くずきり入りのゼリー「TSURU涼涼」などが楽しめる涼菓の詰め合わせ。

商品ページを見る
  • 1

33件 (1/1ページ)

  • 1

33件 (1/1ページ)

表示切り替え

表示切り替え

件数表示

表示順