新潟加島屋

新潟加島屋

新潟の風土、食文化を大切に。毎日の家庭料理を、より美味しく。

看板商品の「さけ茶漬」をはじめ、昔ながらの「手作りの味」の大切さをお届け。

新潟加島屋は、信濃川や阿賀野川で獲れる鮭や鱒などの塩干物を商う店として1855(安政二)年に創業しました。以来、日本全国から支持される老舗として知られています。明治20年代には地元の酒蔵の酒粕を利用した鮭、筋子、鱈の子の粕漬を日常のお惣菜として販売。また看板商品の「さけ茶漬」は昭和30年代に、「本当の贅沢な味は手作りの味である」ということを大切にして、ご家庭にお届けしたいとの願いから生まれた商品でした。新潟加島屋の信念は、「昔ながらの手作りの味を大切にする」「しっかりとした素材を選び抜く」そして「新潟の風土や食文化を愛する」。そこから生まれ、受け継がれてきた「郷土の味を作り続ける」ことで皆様に親しみ愛されてきたと、いまも考えています。

妥協しない素材選び。すべてはお客様に喜んでいただくため。

加島屋が常に大切にし、商品作りの出発点と心がけているのが、妥協しない素材選びです。そのために、キングサーモン・筋子・鱈子・数の子などの原料確保には、よりよいものをと心を配っています。たとえば、本当にお客様に美味しいと満足していただける素材を求め、北海道やカナダなどに赴き、自分たちの目で確かめ商品作りに最も適した品を選び抜きます。急がず、慌てず、素材の熟成などにも時間をかける手作りの味こそ「新潟加島屋」が真に求める味です。

選んだ素材から、熟練の手技で美味しさを引き出します。

たとえば商品の主な原料であるキングサーモンは、熟練の職人の手で、尾から頭に向かってしっかりとていねいに塩をすりこみ、塩をなじませるためじっくり時間をかけて熟成させます。よい素材はそのよさを最大限にいかすことに気を配ります。また温度管理や品質管理にも細心の注意を払います。このように素材が持つ本来の美味しさを安心して味わっていただけるよう心がけています。

ていねいにコツコツと、当たり前をしっかりと。新潟加島屋、創業以来の味作り。

新潟加島屋では、家庭料理の手助けの一品としてご利用いただくことを願い、吟味やていねいさを忘れぬ食品作りを続けています。コツコツと時間をかけた手作りの味こそ、加島屋が求める味。当たり前のことを手を抜かず、しっかりと行う。それが創業以来の加島屋の変わらぬ姿勢です。これからも多くの皆様に親しんでいただける新潟の味、安全で安心な食品をご提供してまいります。

新潟加島屋

RANKING カテゴリ別ランキング

[新潟加島屋]一覧 全136件(1-60件表示)

商品カテゴリ

新潟加島屋

検索条件

検索ワード:【 指定なし 】

表示順
表示件数

1-60

表示切り替え
在庫ありのみ表示

136件 (1/3ページ)

136件 (1/3ページ)