亀屋清永

亀屋清永

亀屋清永の歴史

創業元和三年(1617年、寺町三条北入に住居し、屋号を亀屋名を治平衛と申し、畏くも禁裏御所御膳所をはじめ諸藩諸候、寺社仏閣に出入りを差許され、代々その努力功績に依りまして和泉大掾の称号を賜りました処、明治維新の変革に依りまして和泉大掾を廃止し、亀屋清永と改称致しまして、広く京菓子司として皆様方の格別の御愛顧を賜りつつ、伝統の継承と共に絶えざる努力を重ねて今日に至って居ります。

亀屋清永の歴史

ものづくりへのこだわり、代表銘菓

清浄歓喜団

仏教とともに遣唐使によってもたらされた唐菓子は22種に及びました。梅枝(ばいし)、桃枝(とうし)、桂心(けいしん)、鎚子(ついし)、団喜(だんき)など多くは油で揚げた団子状のものです。神仏のお供えに使われて、そのお下がりを当時の貴族たちは食しました。清浄歓喜団はこれらの中の団喜のひとつです。今も天台宗、真言宗など密教寺院で行われている御修法や大般若会の時のお供えとして用いられます。また、密教の歓喜天が日本在来の信仰と結びついて生まれた庶民信仰、歓喜天(ガネーシャ)の好物でもあります。全国で弊社のみが製造を許されています。比叡山の阿闍梨から製造を伝授されて以来、1日と15日を中心に製造してまいります。大事なのは皮作りです。
あん玉を包む際、包みやすいように適度な粘り気を持たせたり、仕上がりを美しくさせるために生地作りに細心の注意を払っております。また作るのは店主ならびに同等のひとのみと決まっております。そして製造日は精進潔斎をし、身も心も清めます。
味はこし餡に清めの意味をもつ7種類のお香を練りこみ、小麦粉と米粉で作った生地で巾着状に包み、純精の煮えたぎった胡麻油で20分程度揚げております。
これだけの特殊なお菓子が続いてきたということは歓喜天への絶対なる信仰心があるということです。これを破るなら清浄歓喜団を作ってはならないというのが社訓となっております。
ものづくりへのこだわり、代表銘菓

[亀屋清永]一覧 全9件 (1-9件表示)

商品カテゴリ

亀屋清永

検索条件

検索ワード:【 指定なし 】

表示順
表示件数

1-60

表示切り替え
在庫ありのみ表示
絞り込み
人気順

亀屋清永/銘菓百選

星づく夜・星に祈りを 詰合せ

税込2,214

清浄歓喜団でおなじみの、京都の老舗「亀屋清永」の夏季限定人気商品のお詰め合わせ。「星づく夜」はパッションフルーツの風味にレモンを絞った爽やかな柑橘系の味わいとなっております。「星に祈りを」は、食感の良い道明寺羹とぷるんとした口触りが美味しい梅酒風味の琥珀羹です。どちらも冷やしてお召し上がりいただくのがおすすめです。

商品ページを見る

亀屋清永/銘菓百選

「星づく夜」と「星に祈りを」「水の精」三種詰合せ

税込3,294

七夕におすすめの三種をお詰めいたしました。美しいブルーが特徴の「星づく夜」は三日月と星が散りばめられた夏を代表する涼やかな羊羹で、パッションフルーツとレモンが爽やかに香ります。美しい輝きの干琥珀糖「水の精」は、中はゼリー状で外はシャリシャリ。巨峰・ライチ・ラズベリー・ブルーハワイのお味を一箱にお詰めいたしました。梅酒風味の琥珀羹と道明寺羹の二層仕立ての中に淡雪羹の流れ星とハートを散りばめてロマンチックで幸せいっぱいの「星に祈りを」。夏の銘菓をおたのしみください。

商品ページを見る

亀屋清永/銘菓百選

「星づく夜」と「水の精」二種詰合せ

税込2,214

七夕におすすめの夏のロングセラー二種をお詰めいたしました。美しいブルーが特徴の「星づく夜」は三日月と星が散りばめられた夏を代表する涼やかな羊羹で、パッションフルーツとレモンが爽やかに香ります。冷蔵庫でよく冷やしてお召し上がりください。もう一種は、美しい輝きの干琥珀糖「水の精」。中はゼリー状で外はシャリシャリ。巨峰・ライチ・ラズベリー・ブルーハワイのお味を一箱にお詰めいたしました。見た目とお味が異なる夏の銘菓をお楽しみください。

商品ページを見る
  • 1

9件 (1/1ページ)

  • 1

9件 (1/1ページ)

表示切り替え

表示切り替え

件数表示

表示順