塩芳軒

塩芳軒

御菓子司 塩芳軒の歴史

1591年、天下統一を果たした豊臣秀吉は、聚楽第と呼ばれる豪壮な城郭を築城し、強大な権威を世に示しました。
塩芳軒は、そこから命名した焼菓子「聚楽」を代表銘菓として、1882年に聚楽第の鉄門が面していたとされる黒門通に店を構えました。
黒染めの長のれんと水引のれんを象徴とする大正初期に完成した店舗は、京都市景観重要建造物、京都市歴史的意匠建造物に指定されています。

当店は、林浄因の流れを汲むといわれる京の名店「塩路軒」から初代・高家芳次郎が別家するかたちで創業しました。
※林浄因とは、暦応四年(1341年)に中国から来日し、日本で初めて饅頭をつくったと伝えられる人物です。

以来130年以上に渡り、私達はここ京都の街で、皆様にお喜びいただけることを願いながら御菓子を作り続けています。

塩芳軒の歴史

ものづくりへのこだわり、代表銘菓

塩芳軒の代表銘菓「聚楽」

「京の楽しみをお菓子にうつす」

京都の風土風習をよく知り、この町での生活を楽しむこと。
それが京都らしい御菓子を作り出すことにつながると、私たちは考えています。
召し上がった皆様にも京都の良さが伝わるような「京菓子」づくりを常に心がけています。

初代から続く塩芳軒の代表銘菓「聚楽」。当店は豊臣秀吉築城の聚楽第跡に近いことから命名いたしました。絢爛豪華な聚楽第に相反し、天正の印を押した素朴な意匠。生地の独特な風味と、聚楽専用に炊き上げたしっとりとした餡をぜひご賞味ください。(本店のみ販売)

[塩芳軒]一覧 全2件(1-2件表示)

商品カテゴリ

塩芳軒

検索条件

検索ワード:【 指定なし 】

表示順
表示件数

表示切り替え
在庫ありのみ表示
  • 1

2件 (1/1ページ)

  • 1

2件 (1/1ページ)