とらや

とらや

職人の技が作り出す、確かなおいしさ とらやは室町時代後期の京都で創業、五世紀の永きにわたって菓子屋を営んでまいりました。御陽成天皇御在位中(1586~1611)より、禁裏(皇室)の菓子御用を勤め、今に至っております。明治2年(1869)、明治天皇の東京遷都にお供し、京都のほか東京へも店を開設しました。とらやを代表する竹皮包みの羊羹は、江戸時代の御用留帳にもその記録を残す歴史のあるお菓子。じっくりと時間をかけて煉りあげた伝統の味は、どなたにも喜ばれるご進物の定番です。

とらや ものづくりのこだわり

厳選された最良な原材料の確保に努めています。
とらやでは、お客様に「おいしい和菓子を喜んで召し上がって頂く」ため、素材を厳選し、自社工場で餡から作っています。

小豆

小豆
あずき

和菓子にとって最も大切な「餡」の質を決める原材料。とらやでは風味、色艶、舌触りなどのよい北海道産の小豆のみ、厳選して使用しています。

和三盆糖

和三盆糖
わさんぼんとう

徳島や香川を中心に昔ながらの製法で作られている上品な風味とさらりとした口溶けが持ち味の環三盆糖。生産量の少ない貴重な原材料の一つですが、とらやでは徳島で作られた和三盆糖を使用して、干菓子の他、お汁粉や、葛切の蜜など、和三盆糖の風味をいかした和菓子を作っています。

とらや とらや

とらやの歴史

とらやの歴史

とらやは室町時代後期の京都で創業、五世紀の永きにわたって菓子屋を営んでまいりました。
後陽成天皇御在位中(1586~1611)より、禁裏(皇室)の菓子御用を勤め、今に至っております。
明治2年(1869)の遷都の際、明治天皇にお供し、京都店はそのままに東京店を開設いたしました。その後百貨店などへ出店、昭和55年(1980)にはパリに海外店を展開し、和菓子を通じた日本文化の紹介と相互交流を目指しています。
「おいしい和菓子を喜んで召し上がって頂く」ことを理念として、お客様に最良の原材料を使用した、最高の和菓子をお届けできるよう努めております。

BUYER'S RECOMMENDバイヤーおすすめ

  • 画像〈とらや〉干支パッケージ小形羊羹10本入

    とらや

    〈とらや〉干支パッケージ小形羊羹10本入

    税込 3,240

    干支「寅」をモチーフにした限定パッケージの小形羊羹3種を詰め合わせました。

  • 画像干支小形羊羹・最中詰合せ3号

    とらや

    干支小形羊羹・最中詰合せ3号

    税込 3,888

    干支パッケージ小形羊羹「夜の梅」「おもかげ」「新緑」と、桜・菊・梅をかたどった、小ぶりの最中を詰め合わせました。

  • 画像〈とらや〉干支パッケージ小形羊羹18本入

    とらや

    〈とらや〉干支パッケージ小形羊羹18本入

    税込 5,400

    干支「寅」をモチーフにした限定パッケージの小形羊羹3種を詰め合わせました。

  • 画像京都限定 小形羊羹10本入

    とらや

    京都限定 小形羊羹10本入

    税込 3,240

    伝統の味をそのままに、携帯に便利なサイズでご用意しました。西京白味噌のまろやかな味わいをお楽しみいただける「白味噌」、きな粉の香ばしい風味が特徴の「黒豆黄粉」と、定番の小形羊羹3種を詰め合わせた京都地区限定の商品です。

  • 画像干支パッケージ小形羊羹14本入

    とらや

    干支パッケージ小形羊羹14本入

    税込 4,320

    干支パッケージ小形羊羹「夜の梅」「おもかげ」「新緑」を詰め合わせました。

  • 画像京都限定 羊羹詰合せ 1号<干支>

    とらや

    京都限定 羊羹詰合せ 1号<干支>

    税込 4,492

    干支羊羹「孟春の虎」は、春の訪れに心躍らせ、風を切って走る虎の横姿を黄の煉羊羹で表しました。その姿からは、「一日に千里往って千里還る」と言われる虎の生命力に満ち、躍動する様子が感じられます。小形羊羹は、新年らしい華やかな干支パッケージと、京都にちなんだ原材料でお作りした京都限定の味わいをご用意しました。

[とらや]一覧 全51件(1-51件表示)

商品カテゴリ

とらや

検索条件

検索ワード:【 指定なし 】

表示順
表示件数

1-60

表示切り替え
在庫ありのみ表示
  • 1

51件 (1/1ページ)

  • 1

51件 (1/1ページ)