仕事紹介

田中 麻椰 2014年入社 宣伝部 日本橋店販売促進室 販売促進担当
高島屋に入社を決めた理由は何ですか?
私が就職活動をしていた頃、百貨店業界は合併や経営統合が相次ぎ、業界再編が進む厳しい時代でした。当時、私は特に志望業界・職種は定めず、様々な会社を見て「素の自分」を受け入れてくれるところで働こうと考えていました。そんな中、 「いつも、人から。」という経営理念と合わせて、自社ブランドを大切にして独自路線を歩む高島屋がとても印象に残り、説明会などを通して会社のことを知るたびにここで働きたいという思いが強くなりました。また、就職活動中に当時の人事担当と接する機会が増えていく中で、私もこんな社会人になりたいと感じ、入社を決めました。
現在の仕事内容について教えてください。
大阪店企画宣伝部に所属し、販売促進担当として、大阪店が担当する催事の企画の組み立てを行っています。具体的には、催事のテーマを決め、そのテーマをもとに商品構成、会場のレイアウト、会場装飾、宣伝方法、環境演出などをお取引先様や売場の担当者と一緒に考えています。
image
販売促進担当になってから、ご自身が起こした革新はありますか?また、どんなやりがいにつながりましたか?
以前、福袋の企画で元競泳日本代表選手に学ぶ水泳教室体験を実施しました。 私自身、3歳から大学卒業まで水泳一筋の人生だったので、スポーツを通じてお子様を喜ばせたいという思いを形にしようと思ったのがこの企画の始まりです。全くつてもない中、とにかく調べてようやく1社だけ、直接会って話を聞いてくださる事務所を見つけ、翌日に東京まで行き、企画趣旨の説明をしました。自分がこの企画にかける強い思いをしっかりと伝え、その甲斐あって翌年無事に企画を形にすることができました。自分が組み立てた企画で多くのお客様に楽しんでいただいている様子を見たときはとてもやりがいを感じ、この仕事をやっていて良かったと感じました。
反則推進担当として心掛けていることは何ですか
「すべての判断基準はお客様」、この言葉を大切にしています。 私が2016年に販売担当から現在の職務に異動してきたとき、当時の上司から教えてもらった言葉です。仕事をしていく上で迷ったとき、行き詰まったときには、「社内の常識」や「売り手側の発想」、「当社都合」で判断するのではなく、「お客様がどう感じられるか?」「お客様は何を求めていらっしゃるのか?」など、まずは「お客様視点」で対応することを心がけています。
image
今後高島屋で起こしたい「革新」は何ですか。
プロモーション、催、イベント、コト企画等を通じて、お客様が「必要なモノ・コト」「欲しいと感じるモノ・コト」を「時代の変化」「社会の変化」「生活スタイルの変化」に合わせて、タイムリーに提案・提供する店にしたいです。 これからさらに激動の時代になることは間違いありません。だからこそ、目先の売上や利益だけにとらわれるのではなく、将来性を踏まえた企画を実現し、 多くのお客様に高島屋でのお買い物を楽しんでいただける環境と空間を提供できるように、情報を発信していきたいと考えています。
  • image

    MDバイヤー

  • image

    マネージャー

  • image

    販売

  • image

    販売

  • image

    販売

  • image

    販売

  • image

    企画宣伝

  • image

    法人事業

  • image

    外商営業

  • image

    金融事業推進プロジェクト

  • image

    情報システム

「仕事紹介」ページへ戻る
TOPへ