仕事紹介

音羽 恭兵 2010年入社 法人事業部 東京第一営業部 第一グループ
髙島屋に入社を決めた理由は何ですか?
就職活動中は様々な業種を受けていましたが、中でもファッションに興味があり、その中でスケールメリットを持って企業活動が出来ているのが、百貨店であると考えていました。高島屋を選んだ理由は、経営理念にもある「いつも、人から。」という部分でした。就職活動中にお会いした先輩たちのお話を聞く中で、「この人と働きたい」「この人のようになりたい」と思うことが多くあり、働いている現在でも、その思いは変わっていません。
現在の仕事内容とやりがいについて
教えてください。
企業をお客様として営業活動をしながら、オリジナルグッズの作成や企業ユニフォームの提案、キャンペーンの企画・提案などを行っています。やりがいと感じるのは、個人で扱う金額が非常に大きい、という点で、時には億を超える規模のキャンペーンもあります。そのようなキャンペーンで自分が企画・提案した内容が、他の競合に打ち勝ち、実際にその商品がカタログや店頭等で展開されているのを見ると、非常に達成感があります。
image
当社における法人事業部の役割を教えてください。
法人事業部は、百貨店ならではの調達ネットワークを活かし、法人企業・団体様の要望に応える営業部門です。また高島屋の中で、恒常的に外部の大手企業とコンタクトをとっている数少ない部門でもあります。その中で店頭において共に取り組めることや、共同で事業を進めていく際の、最初の窓口になります。単一の企業で利益を上げていくことに限界がある現状、新たなビジネスを展開していく、肝となる役割を担っていると思います。
法人営業担当職として心がけていることを教えてください。
上でも述べたように、顧客企業から見た際に高島屋の「窓口」となる存在です。私の動きが悪ければ、それはそのまま高島屋の信頼を損なうことに繋がります。したがって「顔」であるという意識で、誠心誠意の対応を心がけています。
image
今後髙島屋で起こしたい「革新」は何ですか。
法人事業部の中だけで完結できない、本社や営業企画も巻き込んだ、高島屋としての仕事をしてみたい、と思っています。現状も取り組みは進んでいるものの、まだまだスピーディに進められていない、と感じています。ただ仕事を発注する・いただくという関係だけでは、革新的な仕事は生まれていかないと思います。競争が熾烈を極める中、顧客企業の複数部門や高島屋全社を取り込んだ仕事を、自分が中心となり成功させたいです。
  • image

    MDバイヤー

  • image

    マネージャー

  • image

    販売

  • image

    販売

  • image

    販売

  • image

    販売

  • image

    企画宣伝

  • image

    法人事業

  • image

    外商営業

  • image

    金融事業推進プロジェクト

  • image

    情報システム

「仕事紹介」ページへ戻る
TOPへ