仕事紹介

近田 舞 2015年入社 MD本部呉服部 大阪店呉服部 販売担当
髙島屋に入社を決めた理由は何ですか?
人との繋がりを一番に考える会社だと感じたからです。
私は大学での部活動を通して「仲間と何かをやり遂げること」の楽しさを学びました。そこで、バイヤーやお取引先様と関わりながら販売だけでなく、企画、商品づくり、マネジメントなどが出来る仕事に就きたいと考え、さらに衣食住全てを扱う百貨店に元々興味があったことから百貨店を志望しました。その中で高島屋は企業理念「いつも、人から。」の通り、どの職種の方のお話からも「仲間」や「部下の成長が一番嬉しい」といった、人を大切にする気持ちが感じられ、私もこの方々と仕事がしたいと思い入社を決めました。
image
現在の仕事内容について教えてください。
現在は呉服売場で主に振袖の販売を担当しています。
振袖の購入はお客様にとって一生に一度のライフイベントであり、高額のお買い物です。主役のお嬢様の他にご両親や祖父母、御兄弟など様々な年代の方がご来店されます。自分より知識をお持ちの方も沢山いらっしゃり、お客様から学ばせて頂くことも多いですが、「安心と信頼」を意識し、振袖選びが最高の思い出になるように心がけています。お嬢様が振袖を決められたときは、自分のことのように嬉しくやりがいを感じます。
また、高島屋オリジナルブランド「誰が袖好み」の製作を担当しています。「誰が袖好み」は高島屋が京都の老舗メーカー「千總」と共同で製作しているブランドで、全国の製作担当と一年間かけて、意見を交わしながらお客様のニーズに合う振袖を製作しています。
image
現在の仕事の中でやりがいを感じた瞬間は何ですか?
初めて私が振袖を販売したお客様が、半年後また呉服売場にご来店され、浴衣をご購入して下さったことです。
お嬢様の振袖選びでは、身長にあった柄の大きさ、お顔の雰囲気に合ったテイストなどお客様と一緒に考え、成人式らしい「若々しい可愛らしさ」を一番に考えて一枚を選んで頂きました。
そして半年後、お母様が今度はご自身の浴衣を選びに高島屋にご来店されました。若々しいお母様でしたので、浴衣はご年齢に合わせ落ち着いた色目に、三分紐と帯留めを若々しいお色づかいにコーディネートしたところ、大変喜んでご購入頂きました。呉服を選びにまた高島屋を選んで頂けたのだと思うと、本当に嬉しく感じました。これからも販売後もまた訪ねて頂けるよう「一度きりでない今後も続く関係づくり」を意識した接客を心がけたいと思います。
image
今後髙島屋で起こしたい「革新」は何ですか。
「誰が袖好み」のような高島屋にしかないブランドや商品を沢山作っていきたいです。
現在呉服売場では若年層のお客様にもきものを楽しんで頂きたいと考え、「キモノクローゼット」というショップを立ち上げています。現在の目標は自分が製作した「誰が袖好み」の振袖を自分の手で販売し、お客様に喜んで頂くことです。まだまだ学ぶことが多く課題が多い毎日ですが、今後はなかなかきものを身近に感じて頂けない若年層のお客様にも、きものの楽しさを感じて頂けるよう、私ならではの商品提案や企画をしていきたいです。
  • image

    MDバイヤー

  • image

    マネージャー

  • image

    販売

  • image

    販売

  • image

    販売

  • image

    販売

  • image

    企画宣伝

  • image

    法人事業

  • image

    外商営業

  • image

    金融事業推進プロジェクト

  • image

    情報システム

「仕事紹介」ページへ戻る
TOPへ