= これまでの企画展 =

2022年

高島屋東別館・重要文化財指定記念展
大大阪の百貨店

  • ■2022年3月5日(土)-7月4日(月)
    [第Ⅰ部] 百貨店建築の登場
    3月5日(土)-5月9日(月)
    [第Ⅱ部] 大大阪モダニズム
    5月21日(土)-7月4日(月)
    ※会期は変更となる場合がございます。
  • ■開館時間=10:00-17:00(入館は16:30まで)
  • ■休館日=火・水曜日
    5月12日(木)-5月20日(金)は展示替のため休館
  • ■会場=高島屋史料館企画展示室
  • ■入館無料

いまから100年前の1922(大正11)年、高島屋は大阪・堺筋の長堀橋詰に近代ゴシック建築の大型店舗(長堀店)を開店―これが高島屋初の本格的百貨店の誕生でした。
当時の堺筋には、三越、白木屋がすでに大店舗を構えており、さらに翌年には松坂屋が開店。市電も走る堺筋は「百貨店通り」と呼ばれ、大阪随一のメインストリ―トとして繁栄しました。この時期、大阪は人口・面積で日本最大の都市に、世界でも有数の大都市「大大阪」となりました。華やかで活気にあふれた「大大阪時代」の象徴のひとつが、堺筋に建ち並んだ百貨店建築でした。しかし、昭和初年、御堂筋の建設計画が始まると、高島屋が南海店(現 大阪店)を開店するなど、在阪百貨店の地図は大きく変化することになりました。
近代都市「大大阪」の変貌を百貨店からみつめ直します。

重要文化財・高島屋東別館(旧松坂屋大阪店)
1966(昭和41)年、松坂屋が天満橋へ移転後、その建物は1968(同43)年に高島屋東別館となり、往時の姿をほぼ保ったまま存続してきました。2020(令和2)年、建物の歴史的価値を守り継ぎながら、リノベ―ション工事を完了。2021(同3)年8月、国の重要文化財(建造物)に指定されました。
高島屋が保存してきた貴重な建築遺構・部材の数々を展示公開します。

2021年

高島屋創業190周年記念展
キモノ★ア・ラ・モード

  • ■2021年9月11日(土)-12月20日(月)
    [第Ⅰ部] ウルチマ・モオダ
    9月11日(土)-10月25日(月)
    [第Ⅱ部] ザ・キモノ・ライフ
    11月6日(土)-12月20日(月)
    ※会期は変更となる場合がございます。
  • ■開館時間=10:00-17:00(入館は16:30まで)
  • ■休館日=火・水曜日
  • ■会場=高島屋史料館企画展示室
  • ■入館無料

高島屋にはかつて「百選会」という呉服催事がありました。1913(大正2)年に第1回を開催、戦時中は一時中断しましたが、1994(平成6年)年に休止するまでに183回を数えた高島屋の名物催です。百選会は単なる展示会ではなく、高島屋が毎回「趣意(テーマ)」と「流行色(テーマカラー)」を設定し、それに基づく「標準図案(デザイン)」を発表、全国の染織業者から新柄呉服を募集し、厳正な審査を経て製品化、販売する会でした。斬新かつ奇抜な百選会の呉服は、毎回大変な人気を集め、キモノ界の流行を左右するといわれました。
「ウルチマ・モオダ」(流行の極致)を目指し、現代そして未来を生きる人々に夢のある美しい生活「ザ・キモノ・ライフ」を提案し続けた百選会。その歴史と作品をご紹介する展覧会です。

高島屋史料館×京都女子大学  ※本展には大学生が参加します
1.戦前の百選会資料からミニチュアキモノを再現、1/2トルソーに着付けて展示
2.百選会の図案を使って製作したワンピースを特別展示
3.展覧会記念グッズ(バッグ、ハンカチ)をデザイン(製作協力:株式会社 千總)

夏季特別展示
アートのチカラ2021@高島屋史料館

  • ■2021年7月15日(木)-8月16日(月)
    ※会期は変更となる場合がございます。
  • ■開館時間=10:00~17:00(入館は16:30まで)
  • ■休館日=火・水曜日
  • ■会場=高島屋史料館 企画展示室
  • ■入館無料

1831(天保2)年に京都で創業した高島屋は、創業190周年を迎えました。明治期の高島屋は、画家が下絵を描き、職人が染織や刺繍の技術を駆使して製作した壁掛や屏風などを盛んに輸出していました。やがて、美術品の展示・販売部門=美術部を創設し、美術家たちと交流を深める一方で、若手作家の育成にも力を注ぎ、今日まで歴史を重ねてきました。
高島屋史料館が所蔵する作品はいずれも、人々の暮らしに豊かな彩りをもたらす百貨店が、近代日本の美術史上においても重要な役割を果たしてきたことを物語るものです。
夏のひととき、珠玉の作品を通じて、先の見えない不安な時代を生きる私たちを癒し、元気と勇気を与えてくれる“アートのチカラ”を体感していただければ幸いです。

主な展示作品
横山大観《蓬莱山》、冨田渓仙《風神雷神》、川端龍子《潮騒》、竹内栖鳳《国瑞》、奥田元宋《霧晴るる湖》ほか

高島屋創業190周年記念展
愉快な「まち」をつくる

  • ■2021年3月6日(土)-6月28日(月)
    [第Ⅰ部] 3月6日(土)-4月26日(月)
    [第Ⅱ部] 5月1日(土)-6月28日(月)
    ※会期は変更となる場合がございます。
  • ■開館時間=10:00~17:00(入館は16:30まで)
  • ■会場=高島屋史料館企画展示室
  • ■休館日=火・水曜日
    4月29日(木・休)・30日(金)は展示替のため休館
  • ■入館無料

“この「まち」をより愉快に、より賑やかに”
高島屋は創業190周年を迎えました。いつの時代も「まち」と共にあゆんできた高島屋。愉快に賑やかに各時代を彩った広告宣伝物と共に、その歴史と現在の取り組みをご紹介します。

「百貨」(多種多様な商品)を扱う百貨店。日本の百貨店の起源は、江戸時代創業の呉服店にさかのぼることができます。「京呉服の高島屋」が、いかにして三都に店舗を構える百貨店となったのか。明治から大正期の広告宣伝物と共にそのあゆみをたどります。
昭和初年、大阪と東京に相次いで大建築の店舗を開店した高島屋。「理想の立体的お買物街」の誕生を宣伝し、あらゆるアイディアで「まち」を訪れる人々の楽しみを創り出し、常に新しい話題を発信し続けてきました。そして現在、さまざまなモノ・コトに出会えるワンダーランドであり続け、「まちづくり」を進めている高島屋。
いま、あらためて百貨店の役割をみつめ問い直します。

2020年

リニュ-アルオ-プン記念展 第2弾
美をあきなう

  • ■2020年9月1日(火)-12月13日(日)
    [第Ⅰ部] 美術部の創設 
    9月1日(火)-10月26日(月)
    [第Ⅱ部] アートの百貨店 
    11月7日(土)-12月13日(日)
  • ■開館時間=10:00-17:00(入館は16:30まで)
  • ■会場=高島屋史料館企画展示室
  • ■休館日=火・水曜日 (9月1日(火)・2日(水)は開館)
    10月29日(木)-11月6日(金)は展示替のため休館
  • ■入館無料

高島屋は、明治の初めより染織品の下絵を依頼していた京都の画家たちと深い結びつきがありました。
1909(明治42)年に高島屋初となる美術展覧会を開催、これを契機として美術部(美術品の展示・販売部門)を創設しました。美術部は画家たちの新作展覧会を次々に開催し、作品は高島屋の名の信用のもとに、美術を愛好する人々に販売されました。
本展では、110年以上もの長きにわたり、人々と美術を近づけてきた高島屋美術部、そして企業としての芸術文化への取り組みについて、さまざまな作家との交流エピソ-ドと共にご紹介します。

リニューアルオープン記念展 第1弾
世界をひらく

  • ■2020年1月20日(月)-4月5日(日)
    [第1部]:海を渡った美術染織品
    1月20日(月)-2月24日(月・休)
    [第2部]:室内装飾からインテリア事業へ
    2月29日(土)-4月5日(日)
  • ■開館時間=10:00〜17:00(入館は閉館30分前まで)
    夜間特別開館=2月7日(金)、3月27日(金)は
    20:00まで開館
  • ■休館日=火・水曜日
    1月21日(火)・1月22日(水)は開館
  • ■入館無料
  • ■高島屋史料館 企画展示室

幕末の京都で小さな古着木綿商として創業した高島屋は、新しい時代=明治を迎えた時、時代を先取るふたつの新事業に乗り出すことで大きく成長しました。
ひとつは、京都の染織や刺繍の技術を駆使した室内調度品(壁掛、額、屏風、衝立など)を製作し、海外へ輸出した貿易事業。いまひとつは、段通店(敷物の店)開店を契機として、皇居造営にあたり装飾織物御用をつとめるまでになった装飾事業です。
文字通り、新しい世界をひらいた高島屋。いまだ知られざる創業からの歩みをご紹介します。

開催中の企画展

SHARE