= 企画展 =

「人間 栖鳳」
生誕160年 知られざる竹内栖鳳

  • 予告2024年3月9日(土)-7月1日(月)
    [第Ⅰ部] 3月9日(土)-5月6日(月・休)
    [第Ⅱ部] 5月18日(土)-7月1日(月)
    ※会期は変更となる場合がございます。
  • ■開館時間=10:00-17:00(入館は16:30まで)
  • ■休館日=火・水曜日
    ※5月9日(木)~17日(金)は展示替のため休館
  • ■会場=高島屋史料館企画展示室
  • ■入館無料

近代日本画の巨匠 竹内栖鳳(1864-1942)は、20代半ば頃より、高島屋の画室に画工として勤務していました。東洋と西洋の絵画表現を融合し日本画を革新したといわれる栖鳳。実はその素地は、高島屋での仕事で培われたといっても過言ではありません。なぜなら、明治期の高島屋は、輸出用染織品の下絵制作のため、外国の雑誌や画集、写真集などを収集し、栖鳳ら若い画工と共に、世界で通用する“新しい絵”を研究していたからです。京都では唯一の海外事情に触れることができた画室は、若き日の栖鳳が研鑚を積んだ場でした。やがて、栖鳳監修のもと、高島屋が次々に製作した“美術染織品”は各国の博覧会で高い評価を受け、製品は続々と海を渡っていきました。当時、世界の人々を魅了した栖鳳と高島屋の仕事は、近代日本史において特筆されるべきものといえるでしょう。
その生涯を通じて高島屋とは深い関わりを持った竹内栖鳳。生誕160年を記念して開催する本展では、代表作から書簡まで、高島屋史料館所蔵品を余すところなくご覧いただきます。喜び、怒り、詫び、笑う、-知られざる「人間栖鳳」の素顔をご紹介いたします。

主な展示作品
※本展は会期をⅠ部・Ⅱ部に分け、展示作品を入れ替えて構成します。所蔵先の記載のないものはすべて高島屋史料館蔵。
・《ベニスの月》 1904年 絹本墨画(Ⅰ部展示)
・《雀》 年代未詳 杉戸着彩(Ⅰ部展示)
・《鶏の図》 年代未詳 杉戸着彩(Ⅰ部展示)
・《白梅》 1941年 絹本着彩(Ⅰ部展示)
・「竹内栖鳳年譜屏風」 1943年 海の見える杜美術館蔵(Ⅰ部展示)
・《アレ夕立に》 1909年 絹本着彩(Ⅱ部展示)
・《富士》 1893年 絹本着彩(Ⅱ部展示)
・《小心胆大》 1909年 絹本着彩(Ⅱ部展示)
・《国瑞》 1937年 絹本着彩(Ⅱ部展示)
・「栖鳳絣」 大正期 個人蔵(Ⅰ・Ⅱ部展示)
学芸員によるギャラリ―ト―ク
■会期中の毎週土曜日 14:00~(約30分)
※お申込み不要、開始時間までに企画展示室にお集まりください。
※状況により、イベントを休止する場合がございます。

【関連イベント】

[1]~[3]はいずれも要申込み・抽選制です。(参加費無料)
「お申込み・抽選について」をご確認のうえ、各イベントのWEBフォームからお申込みください。

【お申込み・抽選について】

当イベントは、PassMarket(パスマーケット)による
事前申込み・抽選方式とさせていただきます。
※ご応募にはYahoo!JAPAN IDの事前登録が必要となります。
※ご応募はスマートフォンからお願いします。

イベント受付時はお客様のスマートフォンで当選チケット画面を表示いただきます。パソコン、フィーチャーフォン(ガラケー)ではチケットを表示できませんので、ご注意ください。

PassMarket(パスマーケット)ご利用の流れにつきましては、下記URLをご参照ください。

https://blog-passmarket.yahoo.co.jp/archives/lotteryevent.html

[1] 講演会「竹内栖鳳と近代京都画壇」
  • ■講師=森光彦 氏(京都市京セラ美術館学芸員)
  • ■日時=2024年4月14日(日) 13:00~14:30
  • ■会場=多目的ルーム
  • ■定員=20名

申込受付・抽選結果はこちら

応募期間:
2024年3月22日(金)10:00 → 28日(木)

抽選結果表示:
2024年3月31日(日)15:00ごろ

[2] 講演会「竹内栖鳳と高島屋」
  • ■講師=廣田孝 氏(京都女子大学名誉教授)
  • ■日時=2024年5月26日(日) 13:00~14:30
  • ■会場=多目的ルーム
  • ■定員=20名

申込受付・抽選結果はこちら

応募期間:
2024年5月3日(金・祝)10:00 → 9日(木)

抽選結果表示:
2024年5月12日(日)15:00ごろ

[3] 古文書講座「栖鳳の書簡を読む」
  • ■講師=高井多佳子(高島屋史料館研究員)
  • ■日時=2024年6月16日(日) 13:00~14:30
  • ■会場=多目的ルーム
  • ■定員=15名

申込受付・抽選結果はこちら

応募期間:
2024年5月24日(金)10:00 → 30日(木)

抽選結果表示:
2024年6月2日(日)15:00ごろ

特別展 新収蔵記念
全身画家 高波壮太郎
-見るもの、見えるもの、見えないものを描く-

  • ■2024年1月11日(木)-2月26日(月)
    ※会期は変更となる場合がございます。
  • ■開館時間=10:00-17:00(入館は16:30まで)
  • ■休館日=火・水曜日
  • ■会場=高島屋史料館企画展示室
  • ■入館無料

2024年1月14日(日)開催「作家トークショー」
聞き手:中澤一雄(元高島屋美術部顧問)

 「絵を描くことは、生きること」と断言する画家 高波壮太郎(1949― )。1990(平成2)年に高島屋大阪店で開催した初個展以来、高島屋各店の美術画廊で個展を重ね、その回数は延べ100回を超えています。自らのほとばしる感情に突き動かされ、納得がいくまで絵の具を塗り重ねる(時にはチューブから直に絞り出す)、命懸けともいえる激烈なマチエール(仏語 matière…絵肌)の作品は、見る者を圧倒します。全身全霊を注ぎ込み、次々と作品を生み出すそのさまを「全身画家」とも形容される高波。どの団体にも属さない孤高の画家は、近年、活躍の場を海外にも広げています。
 このたび、高島屋史料館へ寄贈された大作の数々と共に、美大生時代の作品から近作まで、50年余りの画業をたどる特別展を開催いたします。当館では初めてとなる、現存作家の作品のみで構成する展覧会です。生と死を見つめ続け、油彩画、手彩色木版画、立体、コラージュ…さまざまな手法で、見るもの、見えるもの、そして見えないものまでをも描く、全身画家 高波壮太郎の魂の芸術をどうぞご堪能ください。

主な展示作品
・《エジプト》 1975(昭和50)年 カンヴァス・油彩 作家蔵
・《烏》 1987(昭和62)年 ブロンズ粘土 高島屋史料館蔵
・《宇宙の法則》 2003(平成15)年 紙・手彩色木版/木版彫刻・着彩 高島屋史料館蔵
・《ツユクサ》 2008(平成20)年 カンヴァス・油彩 作家蔵
・《THE BEGINNING OF SPACE 〈神々の開闢〉》 2012(平成24)年 カンヴァス・油彩 作家蔵
・《威風堂々》 2016(平成28)年 カンヴァス・油彩 高島屋史料館蔵
・《私は海を抱きしめて》 2020(令和2)年 カンヴァス・油彩 高島屋史料館蔵

※作品は企画展示室のほか、ロビー、アーカイヴス展示室においても展示します。

学芸員によるギャラリ―ト―ク
■会期中の毎週土曜日 14:00~(約30分)
※お申込み不要、開始時間までに企画展示室にお集まりください。
※状況により、イベントを休止する場合がございます。

【関連イベント】

来館者参加型企画
「SOUL CONNECTION」

高波壮太郎が2012年に世界各国で行った「すべての垣根を越えて、人・心の輪が繋がっていく」というメッセージが込められた参加型パフォーマンスを再現します。
お好みの色紙にご自身の人型(心、人間)をお描きください。
会期中に寄せられた人型を、繋がり合う形にコラージュしながら作品を完成させていきます。

  • ■展示場所=アーカイヴス展示室・トピック展示コーナー

※お申込み不要、参加自由、色紙・筆記具はご用意しています。

※写真はイメージです。

作家トークショー
「絵画への情熱 高波壮太郎の芸術」
  • ■聞き手=中澤一雄氏(元高島屋美術顧問)
  • ■日時=2024年1月14日(日) 13:00~14:30
  • ■会場=多目的ルーム
  • ■定員=20名

※本イベントは要申込み・抽選制です。(参加費無料)
「お申込み・抽選について」をご確認のうえ、WEBフォームからお申込みください。

申込受付・抽選結果はこちら

応募期間:
2023年12月15日(金)10:00→21日(木)

抽選結果表示:
2023年12月24日(日)15:00ごろ

【お申込み・抽選について】

当イベントは、PassMarket(パスマーケット)による
事前申込み・抽選方式とさせていただきます。
※ご応募にはYahoo!JAPAN IDの事前登録が必要となります。
※ご応募はスマートフォンからお願いします。

イベント受付時はお客様のスマートフォンで当選チケット画面を表示いただきます。パソコン、フィーチャーフォン(ガラケー)ではチケットを表示できませんので、ご注意ください。

PassMarket(パスマーケット)ご利用の流れにつきましては、下記URLをご参照ください。

https://blog-passmarket.yahoo.co.jp/archives/lotteryevent.html

過去の企画展一覧

SHARE