成長戦略

まちづくり戦略

グループ総合戦略「まちづくり」により、消費環境の変化や、
消費者の価値観・ニーズの多様化に対応し、お客様満足を追求しています。

街のアンカーとしての役割発揮

集客力のある商業施設をつくることで人の流れを新たにつくり、
街をより賑わせ、地域社会と共生し続けることを目指します。

  • 国内
  • 海外

館の魅力最大化

百貨店を中心に、商業開発業、金融業などグループのノウハウを結集し、
お客様満足を追求した独自の商業施設づくりを行います。

  • 店舗開発
  • 金融事業

お客様づくり・売場づくり

上質性、時代性といった視点から、特徴化売場や
独自商品の開発を推進しています。

  • 特徴化MD
  • EC事業

国内

〈日本橋高島屋 S.C.〉

日本橋地域では複数の大規模再開発が進められており、当社は日本橋二丁目地区市街地再開発組合の一員 として「日本橋二丁目地区第一種市街地再開発事業」を推進してきました。
2018年に、近隣地区に17,000㎡の専門店エリアを増床し、日本橋店は「新・都市型ショッピングセンター」として生まれ変わりました。2019年3月に本館(百貨店)部分の改装が終了し、 4館がそれぞれの役割を果たして三世代が一日中楽しめる商業施設を目指しています。

×

海外

〈サイアム高島屋〉

2016年に、ベトナムに「ホーチミン高島屋」を核テナントとする大型複合施設「サイゴンセンター」をオープンしました。
シンガポールでの経営資源や成功事例を生かし、「百貨店」「不動産」「商業施設運営」の3事業を統合した運営を取り入れています。
また、2018年には、タイ・バンコクに「サイアム高島屋」を開業。
現地の民間投資では過去最大級となる大型複合施設「アイコンサイアム」の核テナントとして出店しました。

×

特徴化MD

2018年に〈タカシマヤ スタイルオーダーサロン〉をオープン。毎日過ごすビジネスの現場を、もっと楽しく過ごしたいと考える新世代ビジネスマンに向け、手軽に高感度な商品を自分好みにカスタマイズできる新感覚のショップを立ち上げました。
また、お客様の美容ニーズの変化から新しいビューティー編集売場〈ベルサンパティック〉をオープン。「魅せる・観せられる美容室」をコンセプトに新しい体験型の編集ゾーンを構築し、モノ・コトを含めたビューティーのソリューション提案を行います。

×

新規事業

<高島屋ファイナンシャル・パートナーズ〉

高島屋ファイナンシャル・パートナーズ
持続的な成⻑に向けた高収益事業の拡大を目指し、2020年3月に高島屋ファイナンシャル・パートナーズ株式会社を設⽴。
生活の楽しさを提供するクレジットカード事業を起点に、お客様に寄り添った資産形成や
資産保全等のファイナンシャル事業を通じて「‘いま’ と ‘未来’ の豊かで安心な生活づくり」 に貢献していきます。

×

店舗開発

〈タカシマヤウォッチメゾン〉(なんば)

新規マーケットの開拓に向けて、ショッピングセンターへの出店をはじめとした店舗開発に取り組んでいます。
品揃え・サービス・環境のあらゆる要素において、ナンバーワンを目指した時計専門館「タカシマヤウォッチメゾン」(日本橋<東京>・なんば)、3つのキッズ向けの物販とサービスを組み合わせた「タカシマヤキッズパティオ」(博多)などを展開しています。

×

オムニチャンネル

営業基盤強化への施策として、当社の強み・特徴を最大活用したネットビジネス戦略を推進しています。2019年3月にEC事業部を新設し、高島屋オンラインショップの運営体制を強化しました。品揃えやコンテンツの強化はもちろん、サイトの利便性を向上させ、お客様にとって買い物がしやすく、何度も訪れたくなる魅力あるオンラインショップづくりに取り組んでいます。

×
TOPへ