成長戦略

まちづくり

グループ各社の機能を活かし、国内外の店舗を含む地域の
界隈性や利便性を高める取り組みを行っています。

  • 国内
  • 海外

お客様づくり・売場づくり

上質性、時代性といった視点から、特徴化売場や
独自商品の開発を推進しています。

  • 特徴化MD
  • オムニチャンネル

事業開発

優れた商品開発力やマーケティング力をもつ企業との提携
等により、事業領域を拡大し、更なる成長を図っています。

  • 新規事業
  • 店舗開発

国内

〈日本橋高島屋 S.C.〉

2018年に、日本橋店(東京)では近隣地区に17,000㎡の専門店エリアを増床し、「新・都市型ショッピングセンター」によるまちづくりを推進。
また、大阪店では地下西ゾーンを増床・改築し、来街者にくつろぎ、楽しさ、新しい発見を提供しています。
その他の各店・ショッピングセンターにおいても立地条件や競合環境などを踏まえた上で、それぞれの地域性に合わせたまちづくりに取り組んでいます。

×

海外

〈サイアム高島屋〉

2016年に、ベトナムに「ホーチミン高島屋」を核テナントとする大型複合施設「サイゴンセンター」をオープンしました。
シンガポールでの経営資源や成功事例を生かし、「百貨店」「不動産」「商業施設運営」の3事業を統合した運営を取り入れています。
また、2018年には、タイ・バンコクに「サイアム高島屋」を開業。
現地の民間投資では過去最大級となる大型複合施設「アイコンサイアム」の核テナントとして出店しました。

×

特徴化MD

2018年に〈タカシマヤ スタイルオーダーサロン〉をオープン。毎日過ごすビジネスの現場を、もっと楽しく過ごしたいと考える新世代ビジネスマンに向け、手軽に高感度な商品を自分好みにカスタマイズできる新感覚のショップを立ち上げました。
また、お客様の美容ニーズの変化から新しいビューティー編集売場〈ベルサンパティック〉をオープン。「魅せる・観せられる美容室」をコンセプトに新しい体験型の編集ゾーンを構築し、モノ・コトを含めたビューティーのソリューション提案を行います。

×

新規事業

〈フードアンドパートナーズ〉

フードアンドパートナーズ
時代に合った新しい「日本の食ブランド」を国内外で展開すべく、総合的に発信するブランドを開発。
製造から小売販売まで行い、新たな日本の食文化の創出を目指しています。新宿店等では発酵食品をよりスタイリッシュに提案するデリカテッセン「Kouji&ko」を展開、今後も事業の拡大をしていきます。

Dear Mayuko
“一生モノのキレイをつくる”をコンセプトに掲げ、繭に含まれる天然の保湿成分を配合したスキンケア商品を中心としたライフスタイル提案型ビューティーブランドとして誕生。2016年に、高島屋横浜店に「Dear Mayuko」1号店をオープン。

フューチャープランニング
高島屋グループの未来を見据えた新規事業プランを応援する、社内起業提案制度があります。 社内公募制で全員がチャレンジでき、書類審査やプレゼンによる役員審査ののち、採用されたプランは事業化を推進していきます。

×

店舗開発

〈タカシマヤウォッチメゾン〉(なんば)

新規マーケットの開拓に向けて、ショッピングセンターへの出店をはじめとした店舗開発に取り組んでいます。
品揃え・サービス・環境のあらゆる要素において、ナンバーワンを目指した時計専門館「タカシマヤウォッチメゾン」(日本橋<東京>・なんば)、3つのキッズ向けの物販とサービスを組み合わせた「タカシマヤキッズパティオ」(博多)などを展開しています。

×

オムニチャンネル

営業基盤強化への施策として、当社の強み・特徴を最大活用したオムニチャネル戦略を推進しています。大人のための高感度ファッション通飯「ファッションスクエア」、デパ地下グルメの宅配サービス「ローズキッチン」など、インターネットを活用してお客様の利便性を高め、いつでもどこでもお買い物を楽しんでいただける環境づくりに取り組んでいます。

×
TOPへ