本文へジャンプ

横浜タカシマヤ

  • 各階トピックス
  • 催しのご案内
  • ブランド検索
  • フロアガイド
  • サービスのご案内
  • 地図・駐車場

美術画廊

催し会場 スケジュール

  • ※最終日は午後4時閉場。
  • ※都合により催内容や閉場時間を変更させていただく場合がございます。
    あらかじめご了承くださいませ。

高島屋美術部創設110年記念 
文化功労者 今井 政之 米寿展〈陶芸〉

  • ■10月17日(水)→10月23日(火)
  • 美術画廊
    最終日は午後4時閉場。

1930年 大阪市に生まれる(戦時中に父の郷里広島県竹原市に疎開)楠部彌弌に師事。2003年日本藝術院会員になる。2008年京都府文化賞特別功労賞受賞。2011年文化功労者顕彰。京都市在住。身近な「いきもの」や「植物」などを研ぎ澄まされたデッサン力で華麗にユーモラスに捉え、面象嵌を主体にした象嵌技法を駆使して土味と窯変によって独自の境地を創り出され、2011年には文化功労者として顕彰された今井政之先生の新作約60点を一堂に展観いたします。

高島屋美術部創設110年記念 文化功労者 今井 正之 米寿展〈陶芸〉

丸山祐介 金属造形作品展

  • ■10月17日(水)→10月23日(火)
  • 美術工芸サロン
    最終日は午後4時閉場。

1975年福井県生まれ。2002年広島市立大学大学院芸術学研究科修了。現在、横浜美術大学クラフトコース助教。絵本から抜け出たようなポエティックでハートウォーミングな世界は鍛金技法によって生み出されています。象徴的なモチーフである家や灯台は、人々の生活に欠かせない存在であり、日常を思わせる存在として作られています。

丸山祐介 金属造形作品展

北川 宏人展〈立体〉 -WOMEN-

  • ■10月24日(水)→30日(火)
  • 美術画廊
    最終日は午後4時閉場。

1967年滋賀県生まれ。金沢美術工芸大学をご卒業後、マリノ・マリーニなど当時のイタリア具象彫刻家に憧れ単身で渡伊し、テラコッタの古典的彫刻技法を習得されました。帰国後は一貫してテラコッタを使用した彫刻を制作し国内外の美術館、ギャラリーで作品を発表されています。近年は釉薬をかけることによるマチエールの表現を探求されています。今展では-WOMEN-と題し、今を生きる女性にこだわって制作された作品を展観いたします。

北川 宏人展〈立体〉 -WOMEN-

技と和みの木彫展

  • ■10月24日(水)→30日(火)
  • 美術画廊
    最終日は午後4時閉場。

現代木彫界で活躍中の8名の木彫作家達によるグループ展です。卓越した技術と感性で制作される作品は観る者に迫り、またどこかユーモラスな姿がほっと心を和ませます。
出品予定作家:秋山隆・神保琢磨・神保雅・辻本博紀・仲間智登志・東勝廣・丸山達也・向吉悠睦

技と和みの木彫展

黄瀬戸 織部 西岡 悠 陶展 ~美濃陶の伝統~

  • ■10月24日(水)→30日(火)
  • 美術工芸サロン
    最終日は午後4時閉場。

1977年 千葉県生まれ。2011年 瀬戸・愛知県立窯業高等技術専門校修了後、陶芸家 鈴木五郎先生に師事。2014年、岐阜県恵那に工房を作り、制作を始める。
制作が難しいといわれる持ち味の黄瀬戸は、つやを抑えた釉調で落ち着きながらもさわやかな印象。肌合いは黄瀬戸ならではの土味を感じさせる仕上がりで、薄作りの胴体とのバランスが心地よい作品になっています。他に織部や瀬戸黒、志野作品を出品予定。

黄瀬戸 織部 西岡 悠 陶展 ~美濃陶の伝統~

高島屋美術部創設110年記念
-雪月花- 花二十題〈日本画〉

  • ■10月31日(水)→11月6日(火)
  • 美術画廊
    最終日は午後4時閉場。

日本の四季の風雅を象徴する“雪月花”この雪月花を主題とし、現代日本画壇を代表する日本画家19名により「雪」「月」と作品を発表していただきました。三回目となる今展では、生命賛歌の「花」で掉尾を飾ります。今回も、現代作家十九人が彩管を揮った新作二十号に、参考出品として高島屋史料館所蔵の作品を加え、二十点を展観いたします。

【出品作家】
石踊 達哉、伊藤 彬、上村 淳之、川﨑 鈴彦、小泉 智英、鈴木 竹柏、千住 博、竹内 浩一、土屋 禮一、手塚 雄二、中島 千波、中野 嘉之、那波多目 功一、西田 俊英、稗田 一穂、平松 礼二、牧 進、松本 勝、森田 りえ子

高島屋美術部創設110年記念 -雪月花- 花二十題〈日本画〉

深見文紀 漫画織部 陶展

  • ■10月31日(水)→11月6日(火)
  • 美術工芸サロン
    最終日は午後4時閉場。

1980年瀬戸に生まれる。2000年瀬戸窯業訓練校卒業。2001年岸本謙仁先生に4年間師事。2005年に独立。代表的な作品は、織部の中に隙間なく人物や動物がのびやかに描かれるもので「漫画織部」と題されています。横浜ではじめての個展となる今展では、横浜を題材とした「漫画織部」を制作していただきます。織部の他に黄瀬戸、志野の作品も展観いたします。

*深見文紀 漫画織部陶展初日(10月31日(水))の販売方法について
初日開店時の混雑が予想されるため、午前10時15分迄にご来場の作品購入希望のお客様を対象にご購入の順番を決める抽選を行わせていただきます。
午前10時15分以降にご来場のお客様はお並びいただき先着順でのご購入とさせていただきます。
列がなくなるまでは1回のご購入はお1人様ぐい呑み1点、ぐい呑み以外1点までとさせていただきます。

深見文紀 漫画織部 陶展

美術画廊創設110年記念
人間国宝 鈴木藏展 
ー造化にしたがひ、自然にかへれとなりー

  • ■11月7日(水)→13日(火)
  • 美術画廊
    最終日は午後4時閉場。

1934年岐阜県土岐市生まれ、1960年後半にそれまでの石炭や重油に代わるガス窯による焼成法を本格化。その後、日本陶磁協会賞をはじめ数々の受賞を重ね、1994年(平成6年)には「志野」で重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定されました。桃山陶芸の原点は踏まえながらも、それらいずれとも異なる独自の表現で高評を得られている鈴木藏先生。本展では創意と重厚感にあふれた茶碗を中心に書を加え、新作を一堂に展観いたします。

美術画廊創設110年記念 人間国宝 鈴木藏展 ー造化にしたがひ、自然にかへれとなりー

※品数に限りがございますので、売切れの節はご容赦ください。
※価格は消費税を含む総額にて表示しております。
※タイトル・会期内容等一部変更となる場合がございます。

横浜タカシマヤ yokohama

営業時間

午前10時~午後8時

■8階レストラン街ローズダイニングは午前11時~午後10時30分まで営業。
※連日休まず営業いたします。
※一部閉場時間の異なる売場がございます。

所在地・電話番号

〒220-8601
横浜市西区南幸1丁目6番31号
TEL(045) 311-5111

地図・駐車場