4F [企画展]

4F [企画展]

第1回企画展

日本橋高島屋と村野藤吾

監修 松隈 洋 Hiroshi Matsukuma
(京都工芸繊維大学美術工芸資料館教授)

展示期間 2019年3月5日(火) -5月26日()

開館時間 11:00~19:00

休館日 月・火曜日

入館料 無料

展示場所 高島屋史料館TOKYO 4F展示室
(東京都中央区日本橋2-4-1)

主催 高島屋史料館TOKYO

高島屋史料館TOKYOは、1970年に創設した高島屋史料館(大阪)の分館として、重要文化財である日本橋高島屋S.C.本館内に2019年3月にオープンすることとなりました。
このたびはオープンを記念して、日本橋高島屋の建築と、4度にわたる増築設計(1952~1965年)を担当した建築家 村野藤吾に焦点をあてた企画展を開催します。本展では、建築家・高橋貞太郎が描いた初期の図面(1931年頃)と、戦争により中断されたアンビルトの増築図面(1936年頃)、そして戦後に村野が高橋に敬意を払いながらモダンに読み替えた増築図面(1951年頃)等、初出資料を展示します。
本展は、日本橋高島屋の増築に込められた村野藤吾の建築精神を読み解く大きな手がかりになるとともに、再開発が続く日本橋において、いまいちど高島屋の建築的価値を再考する貴重な機会となるでしょう。

イメージ画像
<村野藤吾の直筆と思われる南側外観スケッチ>[#45-07]
京都工芸繊維大学美術工芸資料館所蔵
イメージ画像
<村野藤吾の直筆と思われる南側立面スケッチ>[#45-13]
京都工芸繊維大学美術工芸資料館所蔵
イメージ画像
<高島屋百貨店東京支店(増築)南側外観>(1952年)
株式会社大林組所蔵

5F[セミナー]

企画展関連セミナー

日本橋高島屋 重要文化財への道程

登壇者 後藤 治(歴史的建造物の保存修復・工学院大学理事長) × 松隈 洋(建築史家・京都工芸繊維大学美術工芸資料館教授)

日時 2019年3月16日(土) /14:00~15:30(開場13:30)

場所 高島屋史料館TOKYO 5F旧貴賓室

2009年に百貨店として初の重要文化財に指定された日本橋高島屋。生きて使われる重要文化財(建造物)のあり方等についてお話いただきます。

企画展関連セミナー

建築家としてみた日本橋高島屋

登壇者 大野 秀敏(建築家/都市構想家・東京大学名誉教授) × 松隈 洋(建築史家・京都工芸繊維大学美術工芸資料館教授)

日時 2019年3月17日() /14:00~15:30(開場13:30)

場所 高島屋史料館TOKYO 5F旧貴賓室

日本橋にあった建築事務所に勤務していた当時、日本橋高島屋を普段使いし、親しみを込めて村野建築を眺めていたという大野氏に、建築家の立場から日本橋高島屋について語っていただきます。

企画展関連セミナー

百貨店・日本橋・都市文化の過去と現在(仮称)

登壇者 吉見 俊哉(社会学者・東京大学大学院教授) × 松隈 洋(建築史家・京都工芸繊維大学美術工芸資料館教授)

日時 2019年3月24日() /14:00~15:30(開場13:30)

場所 高島屋グループ本社ビル8階ホール(東京都中央区日本橋2丁目12番10号)

「百貨店」と「日本橋」の2つのキーワードをもとに、近代東京の「文化」のなかで「高島屋」をどうとらえるべきか考察いただくとともに、現代における百貨店の可能性についてお話いただきます。

企画展関連セミナー

日本橋と村野藤吾を語る

登壇者 藤森 照信(建築家/建築史家・東京大学名誉教授) × 陣内 秀信(建築史家・法政大学特任教授)

司会 松隈 洋(建築史家・京都工芸繊維大学美術工芸資料館教授)

日時 2019年3月31日() /14:00~16:30(開場13:30)

場所 高島屋グループ本社ビル8階ホール(東京都中央区日本橋2丁目12番10号)

藤森氏には日本橋高島屋の建築と建築家 高橋貞太郎、村野藤吾について、また陣内氏には日本橋という都市について幅広くお話いただきます。

企画展関連セミナー

都市・建築・文学(仮称)

登壇者 松山 巌(建築評論家・小説家) × 松隈 洋(建築史家・京都工芸繊維大学美術工芸資料館教授)

日時 2019年5月開催予定
詳細が決定しましたら、当サイトにてお知らせします。

企画展関連セミナー

日本橋高島屋と村野藤吾の建築について

登壇者 松隈 洋(建築史家・京都工芸繊維大学美術工芸資料館教授)

日時 2019年5月開催予定
詳細が決定しましたら、当サイトにてお知らせします。

[建築ガイドツアー]
日本橋高島屋を中心に界隈の建築見学会を開催予定。
詳細が決定次第、高島屋史料館TOKYOのHPにてご案内します。