Artist/Illustrator:HITOMI TSUMURA

The theme of "BOOK SELECTION"

こどもたちと
いっしょに

 誰もが、はじめは子どもでした。
 しかし年齢を重ねるにつれ、いつのまにか大人の目線で物事を見るようになります。
子どもたちの言動を大人の常識に当てはめて、「どうして?」「理解できない」と感じてしまうこともしばしば。
まるで最初から大人だったかのように、子どもの視点を忘れてしまうのです。

 今回の選書テーマは、「こどもたちといっしょに」。
 「こどもたちと毎日」「子を育て、親も育つ」「子どもは大人⇄大人は子ども」という3つの中テーマに分け、
子どもたちの日々の暮らしにまつわる絵本、親や保護者としての在り方を考える本、
そして子どもの感性を育む絵本を集めました。
 身近に子どもがいる方もそうでない方にもぜひ手にとっていただきたい本ばかりです。
子どもたちの素直にものを見る眼差しや豊かな感受性から学び、
ご自身の子どものころを思い出すきっかけにしてみてはいかがでしょうか。

Theme

Theme1 こどもたちと毎日

子どもたちの日々の暮らしは、新しい発見や豊かな想像力にあふれています。
ごはんを食べるおいしそうな音に耳をすませたり、大好きな友達との付き合い方に頭を悩ませたり、
私たちにとっては代わり映えのない毎日が刺激的で新鮮なものに映っています。
このコーナーには、そんな子どもたちが過ごす日々の暮らしにまつわる本を集めました。
子どもたちの素直なまなざしを通して感じる日常は、いつもとまた一味違って見えるかもしれません。

本の詳細はこちら

Theme2 子を育て、親も育つ

子育ては「親が子どもを育てる」という一方的な関係だけではありません。
子どもが初めての経験を積み重ねて社会を知っていくように、親もまた、
親としての経験を積み重ねていくことで子どもと一緒に育っていきます。
子どもを通じて学びを重ね、親も親として日々成長していくのです。
このコーナーには、出産や子育て、教育に関する本など、子どもの近くにいる人に向けた本を集めました。
忙しない毎日の中で一度立ち止まり、親としての振る舞いや子どもとの距離感について
もう一度考えるきっかけを作ってみてはいかがでしょうか。

本の詳細はこちら

Theme3 子どもは大人⇄大人は子ども

子どもの頃夢中になった絵本。
絵本には、それぞれの世界観を表現する楽しいイラストとともに、
子どもがワクワクするような仕掛けや、想像力を広げてくれる独創的なストーリーが詰まっています。
大人になった今だからこそ気づける、ことばの奥に隠された意味。
色々と経験を重ねたからこそ、より深く心に響くストーリー。
大人にとっての絵本は、学びや発見、笑いや癒しなど、さまざまなものに気づくきっかけを与えてくれるものです。
親子で一緒に読んで、何をどのように感じたか意見交換してみるのも楽しいかもしれません。

本の詳細はこちら