本文へジャンプ

大阪タカシマヤ osaka

  • 各階トピックス
  • 催しのご案内
  • ブランド検索
  • フロアガイド
  • サービスのご案内
  • 地図・駐車場

MEN

6階台所用品売場「くらしの道具コーナー」のご案内

【〈角満〉屋久杉工芸】
■8月9日(水) → 15日(火) ※最終日は午後6時まで。
世界自然遺産の島、屋久島に自生する樹齢1千年以上の杉「屋久杉」。現在では伐採禁止の為、藩政時代などの切り倒した残りや、根株などの限られた材料「土埋木」を使用しております。屋久島の自然が作り出す屋久杉ならではの杢目、色艶、香りをお楽しみください。

【ブラシ〈松本悟朗商店〉】
■8月16日(水) → 22日(火) ※最終日は午後6時まで。
〈松本悟朗商店〉は、主に天然毛を使用したブラシ類の製造販売を専業としています。屋号に冠する松本悟朗は、下町老舗のブラシ職人の元での修行を経て、独立しました。その確かな指先の感覚で植えられるブラシは、肌へのあたりを考えて設計されており、お客様の肌に心地よい刺激を与え、血のめぐりをよくします。持ち手にもこだわり、香りの良い「榧(カヤ)」や「朴(ホウ)」などの高級木材を使用しているボディブラシは、きちんとお手入れをしていただく事で、すこしずつ手に馴染んでいきます。また、仏壇はらいや瓶洗いなど、ご家庭に役立つ掃除ブラシなども各種取り揃えております。永くご愛用していただき、お客様のくらしに豊かさを添える一助となりたい。そんな想いがお客様に伝わるよう、手植えを実演しながらの販売となっております。ぜひ一度手にとってご覧ください。

【〈オノオレカンバ〉実演販売】
■8月23日(水) → 29日(火) ※最終日は午後6時まで。
斧折樺(オノオレカンバ)は、非常に堅い木で自然林の中でも数が少なく、また成長が遅いため、植林もほとんどされず、貴重な木の一つとされています。堅い木だからこそ曲線が多く、しかも、シャープなデザインが可能になりました。やわらかなフォルム、手になじむ質感、そして使い込むほどに深まる色合い…。美しさと、実用性を兼ねる小物たちは、私達の暮らしをさりげなく豊かに演出してくれます。人気のオノオレカンバが出展いたします。ぜひ一度使いやすさをお試しください。

※いずれも写真はイメージです。

6階中央エスカレーター横特設コーナーのご案内

【〈久慈琥珀〉〈組羅人〉〈中新〉東北のモノヅクリ】
■8月9日(水) → 15日(火) ※最終日は午後6時まで。
東北でこだわりを持って作られている商品のうち、今回は久慈琥珀・組羅人・中新の商品をご紹介します。

・久慈琥珀
琥珀とは、数千万年~数億年前、地上に繁茂していた樹木の樹脂が土砂などに埋もれ化石化したもので、いわば「樹脂の化石」。琥珀のように植物に属する宝石は極めて珍しく、生成の過程で古代の昆虫、葉、花、樹の皮などが自然に入りこんだ石などは、大変希少性を持ち、学術的にも価値があります。色も、黄、茶、赤、白、青、緑、黒など極めて多彩で約250色あると言われています。貴重な久慈産やバルト海産など様々な商品をご覧ください。

・組羅人
南部小桜組は、もとは京都に工房を持つ、今は亡き山田津奈子氏が創作した作品です。小桜組の美しさ、可憐な花の形が全国の着物好きの方に評価が高かったそうです。継承者がいなかった為、盛岡市 組羅人の組紐研究家が復活させました。かわいらしく、小桜が浮いて見える組紐の作品は見る人をほっこりさせてくれます。

・中新
南部裂織(さきおり)とは、江戸時代に青森県南で広がった織物で、衣料が貴重だった江戸時代に、着古した着物や布を再生する機織りの一技法として生み出されました。細く裂いた布を横糸に、木綿糸を縦糸にして織った裂織は、丈夫で暖かく、カラフルな色移りが特徴的です。先人の手仕事のすばらしい布がいきづいた古布から甦る創作服をご覧ください。

※いずれも写真はイメージです。

6階特選和食器売場
「特選ギャラリーコーナー」のご案内

【今井理桂 作陶展】
■8月9日(水) → 15日(火) ※最終日は午後5時まで。
中世の古陶に魅了され、陶芸の道に入った今井理桂。「1,000年の時を経てもなお輝きを失わない、生命力あふれる焼物をつくりたい」という想いで、これまでに全長70メートルの”飛龍窯”、100メートルの”臥龍窯”を築窯し、焚きあげ、釉薬をいっさい使用しない自然釉にこだわった作品作りを続けています。窯の中で薪の灰が付着し、高温で融け窯変・ガラス化した模様が魅力の作品をご覧ください。

【加藤泰一 陶展】
■8月16日(水) → 22日(火) ※最終日は午後5時まで。
「宋磁の品格を生かし、現代生活にフィットした作品づくり」をコンセプトに、品格ある釉技と、それに調和した文様や形状を模索し日々創作活動に励んでいます。今回は、京焼伝統の技法の打ち込みの器類や、釉薬の流下にフォーカスを当てた作品を出品します。

【工房草野 金とシルバーアクセサリー展】
■8月23日(水) → 29日(火) ※最終日は午後5時まで。
金・銀の地金を中心にアクセサリーを制作しています。特徴的なのは阪神淡路大震災以降制作を続けているホイッスルペンダントは、アクセサリーとして違和感なく身につけられるペンダントです。新作「生々(せいせい)」のシリーズは、鳥の群れが活動して向上する様や生き生きしている様子をモチーフにして、ブローチ・ペンダント・イヤリング・ピアスを制作しました。

※いずれも写真はイメージです。

7階中央エスカレーター横特設コーナーのご案内

【〈久下貴史〉原画版画展】
■8月9日(水) → 15日(火)※最終日は午後5時まで。
ニューヨークで猫たちと暮らし、愛らしいしぐさや表情に魅せられ数多くの猫たちの日常を描いています。今にも絵の中から飛び出してきそうな表情豊かな作品を期間限定でご紹介します。

「この景色は絶対に見飽きない、そうでしょう?」
(82×101cm) 220,428円

【〈アブラッシュ〉キリム特集】
■8月16日(水) → 22日(火) ※最終日は午後5時まで。
大阪南堀江にあるギャッベ・キリム専門店。イランの遊牧民の手から生まれるギャッベは、天然の羊毛で冬暖かく夏はサラッと心地よく一年中お使いいただけます。素朴で可愛いインテリアの主役の一枚です。

(写真)
ギャッベ・アメレ(48×75cm) 48,600円

【〈フォルムユニ〉ファブリック特集】
■8月16日(水) → 22日(火) ※最終日は午後5時まで。
イタリア・フランスの輸入生地を使用し、日本で縫製をしたインテリアファブリック。色鮮やかなテーブルクロスやマットなど期間限定でご紹介します。

(写真)
テーブルマット(約34×100cm) 各1,620円

【〈川島織物セルコン〉クッションフェア】
■8月23日(水) → 29日(火) ※最終日は午後5時まで。
お部屋のアクセントにもなるクッション。季節によってカバーを変えて、お部屋に季節感を加えてみませんか。形も個性豊かに、今秋の新色も揃えてみました。

※写真はイメージです。

7階リビングショ-ケースのご案内

【ゲームテーブル特集】
■8月9日(水) → 15日(火) ※最終日は午後5時まで。
ご家族やご友人と、カラダと頭を使って遊べる「ゲームテーブル」。エアーホッケーやビリヤードテーブルなどを期間限定でご紹介します。
Fusion Table(230×134×高さ74cm) 1,404,000円
天板をスライドさせるとビリヤード台になるダイニングテーブルです。

【和モダンの暮らし】
■8月16日(水) → 29日(火) ※最終日は午後5時まで。
和モダンとは日本らしさと欧米スタイルを併せ持つ、古き良き日本の伝統美と現代の磨かれたデザインがコラボレーションしたスタイルであり、温もりがありながら静けさや爽やかさをも追求した素敵なデザインが今見直されています。

※写真はイメージです。

〈ビリー〉ドールハウス&ミニチュアフェア

  • ■8月9日(水) → 9月12日(火)
  • ■地階書籍・文房具売場〈丸善〉

老若男女世代を問わず、誰でも簡単に楽しんでいただけるドールハウス&ミニチュアのキットです。この夏、昭和レトロなシーンや屋台、お店、アニマル、壁掛けタイプまで美しく精巧で飽きのこないデザインのドールハウス・ミニチュアキットを集めました。初めての方でもお気軽にドールハウス製作にチャレンジしていただけるわかりやすい取扱い説明書がついていますので安心です。ご自分で作るもよし、またプレゼントにもおすすめのアイテムとなっています。

(写真)昭和シリーズ / 駄菓子屋 4,320円

ガーデンハウスキット 4,104円


昭和屋台キット / たこやき屋 3,240円

※いずれも売切れの節はご容赦ください。
※価格は消費税を含む総額にて表示しております。
※タイトル・会期・内容等一部変更となる場合がございます。

大阪タカシマヤ osaka

営業時間

午前10時~午後8時
〈週末(金)(土)は午後8時30分まで〉

なんばダイニングメゾンは午前11時~午後11時まで

※連日休まず営業いたします。

所在地・電話番号

〒542-8510
大阪市中央区難波5丁目1番5号

TEL:(06)6631-1101

※市外局番を含めて、おかけ間違いのないようお願いいたします。

地図・駐車場