営業時間

営業時間

専門店(S館・新館)10:00~20:00
専門店(S館 2F)フード ストリート 10:00~20:00

※成城石井、トモズは22:00
専門店レストラン 11:00~20:00
※ラストオーダーは各店にお問い合わせください。

高島屋(本館・S館)
午前10時30分~午後7時30分

ステモのこのshopに行ってみた!

ステモのこのshopに行ってみた!

シップス
(S館 専門店4F)

「注文の多い料理店」新潮文庫、新潮社

春のお買物計画は、
おしゃれ好きが通う定番ショップからスタート!

新しい季節を前に、おしゃれを楽しみたい欲が高まっている方も多いのではないでしょうか。いち早く春物をチェックしてワードローブを春仕様にアップデートしたいところですが、おうち時間の増加などライフスタイルの変化などで、選ぶアイテムもこれまでとは少し変わってくるはず。

ということで今回は、S館 専門店4Fにある「シップス」で今季のトレンドを伺いつつ、春のお買物計画を立てることにしました。

宮沢賢治

「シップス」のコンセプトは、トラディショナルな要素を“今”の空気感漂うスタイルに落とし込んだ、“Stylish Standard”。オリジナルとセレクトアイテムをミックスした、大人の女性にふさわしいラインアップとなっています。

お仕事用のきれいめアイテムや休日に着たい大人カジュアルなウェアなど、一人の女性のオンからオフまでをトータルでコーディネートできるのも「シップス」の魅力。「ここに来れば、お気に入りが見つかる」という安心感もあるので、常連のお客様が多いというのも頷けます。

店内に足を踏み入れてすぐに目に飛び込んできたのは、春を感じさせる優しい色合いのクルーネックプルオーバー(11,880円)とフードパーカー(12,980円)。2021年春夏のテーマである“Wellness&relax Essential Feeling” を体現するシリーズで、仕事と私生活の境界線があいまいになった今のムードにフィットするリラックスした着心地がポイントです。“サステナブル”もキーワードのひとつで、表糸は廃棄される食材に含まれる成分を抽出した天然染料で染めているのだとか。糸はオーガニックコットンを100%使用しているので肌触りがよく、一日中ストレスフリーに過ごせます。一枚でさらっと着るのもいいですが、白シャツや白のロングTシャツをレイヤードすると一気に今年らしい着こなしに。

1924(大正13)年12月1日初出

続いてスタッフのインドウさんが披露してくれたのは、白のワントーンコーデに淡いブルーのチェスターコートを重ねた爽やかなお出かけスタイル。身にまとうだけで気分があがる軽やかなスタイリングは、春らしい色使いも含めて参考にしたいところです。

オフホワイトのシフォンブラウス(13,970円)は、襟元と袖に施されたパイピングとゴールドのボタンが絶妙なアクセントに。ボリュームを持たせた袖と流れるような美しいラインもポイントで、裾をインせずにさらっと一枚で着ても様になります。ストンと落ちるすっきりとしたシルエットのセミワイドパンツ(16,940円)はきちんと感もありつつ、ウエストの後ろ部分がゴム仕様になっていて着心地は楽ちん。一枚持っていると重宝する優秀アイテムです。ゆったりとしたリラックス感あるシルエットが魅力のチェスターコート(29,920円)は、肌寒い季節から春先まで大活躍間違いなし。暖かくなってきたら袖をラフにまくって抜け感を演出するとオシャレ度もアップします。

今回のコーディネートで使用しているアイテムは、オンオフ問わず使える優れものばかり。「ブラウスにデニムを合わせても素敵ですし、ワイドパンツにカジュアルなパーカーを合わせても可愛いですよ」と、着回しのアドバイスもいただきました。テレワークや休日のお出かけにも使えるかなど、自分なりの着回しポイントを意識することが春のお買物を成功させる秘訣かもしれませんね。

1990(平成2)年5月25日発行

「新生活に向けてモチベーションをあげるためにも小物を新調したい!」そんな方のためにセレクトしていただいたのがこちらの2点。オリジナルのモノグラムプリント生地を使用した「ヴィオラドーロ」のバッグ(24,200円)は、本革の外ポケットを付けた別注モデル。ベーシックなトートバッグですが存在感たっぷりで、シンプルコーデのアクセントにもぴったりです。バッグ自体が軽く、肩掛けとしても使える機能性の高さもうれしいポイント。デイリーユースはもちろん、お仕事用としてもおすすめです。生地にはPVC加工もプラスしてあるので雨の日も気にせず使うことができ、お手入れも簡単。

財布は、キャッシュレス化が進む今の時代にフィットしたコンパクトな三つ折りタイプ(14,960円)。牛革の上質な質感と飽きずに長く使えるシンプルなデザインが魅力の、「シップス」オリジナルアイテムです。すっきりとした佇まいですが、カードポケットが7つも付いていて見かけによらず大容量。コインケースは中身がひと目で分かるボックス型になっていて、使い勝手も抜群です。ミニバッグやサコッシュなどにも入る軽やかなミニ財布は、一度持ったら手放せなくなること必至!この春からキャッシュレス生活にシフトしていきたい方は要チェックです。

1997(平成9)年5月10日17刷

今回の取材で初めて知ったのが、千葉県では柏店のみの展開となる“SHIPS Days”というライン。プルオーバーやロングワンピース、レギンスなど、おうちでのリラックスタイムに最適なウェアが揃っています。肌触りが良く、着心地も抜群ですが、大人っぽく上質感漂うデザインなのでワンマイルウェアとしても重宝すること間違いなし。さらに押さえておきたいのが、知る人ぞ知るアンダーウェアブランド「SACRE(サクレ)」。“潤う下着”とも呼べる究極の保湿性を実現したウェアで、しっとりなめらかな着心地が魅力です。締め付け感のないソフトブラや薄手で軽くソフトなリブ素材のショーツなどノンストレスなアイテムが揃うので、おうち時間をアップデートさせたいなら見逃すわけにはいきません。

同じエリアには、お店でもお馴染みの香りが楽しめるスティックタイプのオリジナルリードディフューザー(3,960円)も。お部屋でのくつろぎたいタイムや在宅ワークの息抜きにも欠かせないディフューザーはボトルもおしゃれで、インテリアとしてもさりげない存在感を放ちます。このほかにも、ハンドソープやハンドクリーム、ハンドメイドのバスソリットなどプレゼントにもぴったりなアイテムも並んでいたので、コスメ好きの方も覗いてみてください。

岩手県花巻に生まれる。

メンズアイテムもカジュアルからビジネスシーンまで揃うので、家族揃ってショッピングを楽しむお客様も多いのだとか。広々とした店内は心地良く、それぞれが自分のペースでゆっくりと過ごせるのも柏店の魅力です。

「シップス」ならではの審美眼でセレクトされた海外ブランドものと、こだわりが詰まったオリジナルアイテムが絶妙にミックスされた空間でのお買物は、宝物探しのようなドキドキ感があり、眺めているだけでもテンションがあがります。これから春物を新調しようと考えている方は、ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか?



シップス

[メンズファッション 、 レディスファッション 、 レディス&メンズ 、 婦人・紳士服・雑貨]
S館 専門店4F
TEL 04-7148-2030

2021年2月24日更新
※掲載の内容は2021年2月時点の情報です。