• 民藝の日本
  • 用の美とこころ 民藝展

民芸運動と高島屋

柳宗悦を中心に、陶芸家の濱田庄司、河井寬次郎、バーナード・リーチらが提唱した民芸運動は、美術品ではなく名も無い工人が作った生活道具が持つ無意識の美しさを知ろう、という運動でした。やがて大きな共感を呼び、柳らが各地で蒐集した民芸品を常時展観する日本民藝館が、1936(昭和11)年、東京・駒場に創設されます。高島屋は、民芸運動の当初から彼らに共感し、民芸の普及を応援してきました。日本民藝館の設立に先立って、柳らが全国各地を巡って蒐集した約千五百種・約二万点を、1934〜1935(昭和9〜10)年、東京と大阪の高島屋で『現代日本民藝展覧會』を開催して展観と展示即売を行いました。日本で初めての大規模展として話題になり、日本民藝館設立の機運につながったのです。以降、各地の民芸展や、民芸に美を見いだす作家の展覧会など高島屋と民芸の関わりは100年近くにものぼります。今回の展覧会『民藝の日本』と、展示即売会『用の美とこころ民藝展』も、そんな経緯を受けて、開催が実現されました。人の手のぬくもりに根ざした諸国の民芸の美しさは、作り手の世代交代とともに、また新たな美も見えてきています。これからも高島屋は、「美しい暮らしのお手伝い」の観点から誠実に作られた民芸の器や道具をご紹介していきたいと考えています。

柳宗悦の蒐集品や各地民芸館の所蔵品、およそ170点を展観。日本民藝館創設80周年記念 民藝の日本 -柳宗悦と『手仕事の日本』を旅する-

詳細はこちら

全国80の工房から、到着。高島屋の民藝展がやってくる! 用の美とこころ 民藝展

詳細はこちら

TOPへ