高島屋のお中元 2018をお楽しみに。 美事を贈る 高島屋のお中元

TAKASHIMAYA's GIFTS ストーリーを贈ろう。 大切なあの人に、お世話になったあの人に、祝福したいあの人に・・・せっかくプレゼントを贈るなら、ストーリーのあるものを贈りませんか。

お中元の贈り方マナー・豆知識

お中元の起源

中国では、1月15日を「上元」、7月15日を「中元」、10月15日を「下元」といい、これらを「三元」と称して祖先に供え物をし、身の汚れを清めました。これが日本に伝わり、中元だけがお盆と重なっていることから、一族の者が祖先への供物を持ち寄った風習と一緒になりました。これにより、中元贈答の習慣ができたといわれています。その後江戸時代には感謝の気持ちを込めた贈りものへと変化し、徐々に現代のように上半期の区切りにお世話になった方に贈る習慣となっていきました。

お中元を贈る時期

お中元を贈る時期は、地方によって異なります。首都圏では、7月上旬から15日頃までに贈るのが本来の習慣です。最近では、6月下旬から7月15日頃までに贈ることが一般的になっています。7月15日を過ぎたら、表書きを「暑中お伺い」に、立秋(8月8日か9日)以降は「残暑御見舞」として贈ります。首都圏以外は7月上旬から8月15日頃がお中元時期ですが、8月15日をすぎたら「残暑御見舞」として贈ります。

お中元の相場

お中元の相場は、3,000円~5,000円一般的です。上司や両親、親戚など、目上の相手に贈る場合は、5,000円程度の品物を、友人や知人、近所などへ気軽に贈りたい場合には、3,000円程度の品物を贈る場合が多いようです。特別にお世話になった方や取引先様の会社などへ贈る場合は、10,000円程度の品物を贈ってもよいでしょう。取引先様の会社の場合には、競合他社の商品やアルコール類などは控え、配りやすい個包装の品物や長持ちする商品などの配慮が必要です。

お中元の選び方・人気の商品

お世話になった人に日頃の感謝を込めて贈る「夏のご挨拶」のお中元。やはり夏らしさを感じさせてくれる品物は人気があります。メロンやスイカ、桃といった旬のフルーツ、それらを使用した和洋菓子、アイスクリームやゼリーなど清涼感のあるスイーツも喜ばれるようです。暑い夏を乗り越えるための冷たい素麺やスタミナのつく鰻、ビールやアイスコーヒー、サイダーも人気です。花火や金魚など夏のモチーフを用いた日用品や食品もおすすめです。