お中元

食のプロが実食!高島屋バイヤー厳選の「お中元・夏ギフト」

今年のお中元には、何を選びますか?お世話になったあの方へ、親戚や上司へ、高島屋バイヤーの確かな目で選んだ贈りものはいかがでしょうか。今回は、流行を取り入れつつも品質にこだわった品々を厳選し、食の専門家である里井真由美氏が実食し、そのおいしさをレビュー。試食コメントをご覧いただけば、きっとお話も弾むことでしょう。

協力:All About
※画像はイメージです

【ガイド顔写真/プロフィール】

里井 真由美(さとい まゆみ)

フードジャーナリスト。世界の星付きレストランからデパ地下グルメスイーツ、お取り寄せにも詳しくテレビ出演も多数。年間外食は約700軒以上。農水省の食料・農業・農村政策審議会委員や、国産食材を応援するアンバサダーとして国際的に活躍中。総合情報サイト All About『グルメ』ガイド。

■お中元のマナーはこちら

2018年のお中元はいつ贈るのがいい?時期はいつ?お礼はどうする?

バイヤーが太鼓判!今年のお中元ギフト

目上の方や、かしこまった相手に贈ることの多いお中元。先様の好みが分からない時は、高島屋バイヤーが選んだ品々を参考にしてみてはいかがでしょうか?どれも確かな品質が感じられるお中元ギフトをセレクトしました。

味わいは折り紙付きの「とらや」。高島屋オリジナルの化粧箱入り

菓子の老舗〈とらや〉から、どなたにも喜ばれる夏ギフトが登場。〈とらや〉ならではのしっかりとした食感、コクのある味わいが特長の水羊羹と、食べやすいサイズの小形羊羹を組み合わせました。

「水羊羹は、こしあん、小倉、黒砂糖、抹茶の4種類。なかでも、こしあんの滑らかさ、つるりとしたのど越しは、さすが〈とらや〉。和菓子好きの方にもご満足いただけるひと品です」と語る高島屋バイヤー。羊羹は、小豆を夜の闇に咲く梅に例えたという定番の『夜の梅』を含む、5種類です。

しかも今回は、高島屋の呉服催事「百選会」の作品の中から、夏ギフトにふさわしい薔薇をモチーフにした「薔薇山脈(そうびさんみゃく)」をあしらった特製の化粧箱にてお届けします。確かな品質と限定感あるパッケージは、伝統を重んじる方、目上の方にもきっと喜ばれるはず。

瑞々しい水羊羹は、夏デザートにぴったり

小形羊羹は、私自身も迷ったらこれを選ぶほどの、安定のおいしさ。水羊羹は瑞々しくて、和菓子好きの方はもちろん、普段召し上がらない方にも夏のデザートとして好まれる味わいです。〈とらや〉+〈髙島屋〉のコラボに加え、限定のブルーと薔薇の化粧箱も夏らしくて素敵。フルコースでいう「小菓子」のイメージで召し上がっていただきたいですね(里井さん)。

今すぐこの商品をチェック

とらや
薔薇山脈柄化粧箱羊羹・水羊羹詰合せD-1
税込4,363円

この商品の詳細を見る

こちらもおすすめ

京都から届いた目にも麗しい夏の和菓子「京の涼菓」

都・太秦に工房をもつ〈木ノ下菓匠〉から、涼やかな上生菓子が届きました。夏草の蒸れて火照る様子を金団で表した「草いきれ」、蛍が飛ぶ姿を寒天と大納言で象った「蛍」、山間の清流を練り切りと寒天で表現した「苔清水」など、夏の風物や自然をそのまま閉じ込めた、「京の涼菓」が並びます。全品、ひとつひとつ手作業で作られた繊細な美しさは、〈木ノ下菓匠〉ならでは。

「とくにおいしく感じたのは、北海道産の大納言をたっぷり使った『蛍』。ほっくりした味わいの大納言と、滑らかな寒天の舌触りを楽しんでいただければ」と、担当バイヤー。金魚が元気に泳ぐ姿を紅羊羹で表した「金魚」は、夏らしい爽やかな見た目とのど越しです。

和菓子が大好きなあの方、上質を知るあの方へ。京の気品と繊細な味わいをお届けする夏の和菓子ギフトです。

キリッと冷やしてもおいしい、お中元にぴったりの上生菓子

和菓子は、餅とあんが基本ですが、こちらは寒天を多く使った瑞々しいものがメインになっていて、お中元らしいラインナップです。練り切りは常温保存が多いですが、冷やしてキリッとおいしくいただきたいですね。柔らかく瑞々しい上、見た目にも可愛らしいので、年配の方だけではなく、和菓子デビューの若い方や海外のお客様にも喜ばれそうです(里井さん)。

今すぐこの商品をチェック

木ノ下菓匠
京の涼菓
税込4,104円

この商品の詳細を見る

こちらもおすすめ

涼しさをお届けする「冷菓」のお中元ギフトセレクション

夏の暑さを忘れさせてくれる、甘くて涼やかな「冷菓」ギフトは、お中元にこそ贈りたいお品です。食べておいしく、見た目もキュート、それでいて上質なアイスプリンやジュレ、アイスクリーム、ゼリーなどの冷菓を集めてみました。

フルーツたっぷり! アイスクリーム食感の濃厚アイスプリン

た目は色鮮やかなフルーツなのに、食べてみてびっくり! シャリッとした口当たりはアイスクリームのように爽やかなのに、後からプリンの味わいが追いかけてくる……。アイスほど固くなく、生菓子ともひと味違う、濃厚なアイスプリンなんです。

作ったのは、お菓子メーカー〈みれい菓〉。北海道産の純正生クリームや、マダガスカル産のバニラビーンズなど原材料を厳選し、急速冷凍技術や独自の製法で「半解凍がおいしい食べ時」のアイスプリンに仕上げました。

トッピングのフルーツは、イチゴ、ブドウ&ベリー、アップルマンゴーなど全6種類。担当バイヤーは、「夏らしい味わいのマンゴーが、とくにおいしくておすすめですよ」とのこと。高島屋限定商品なので、特別なあの方へ、とびきりの夏ギフトとして贈ってはいかがでしょう?

フルーツの味わいと濃厚プリンの絶妙コラボ

アイスクリーム食感に、フルーツの瑞々しさ、生クリームのとろける味わい、そしてバニラビーンズの香り。半解凍でいただく、とても味わい深いデザートです。とくにおいしかったのは、ブドウ&ベリー。ブドウの爽やかさにベリーの酸味、プリンの甘みが加わって、三位一体の絶妙な口溶けが楽しめます。とろりとした食感のアップルマンゴーやピングレープフルーツ&オレンジも、〈みれい菓〉ならではの味わいですね(里井さん)。

今すぐこの商品をチェック

みれい菓
札幌カタラーナ オリジナルフルーツセレクション
税込3,240円

この商品の詳細を見る

美しいグリーンが目に麗しい ラフランス&青リンゴのジュレ

に爽やかな、夏らしいグリーンのジュレ。山形県産のラフランスと青リンゴのジュレを2層式にして、一つひとつがおいしく、混ぜてももっとおいしいデザートに仕上げました。

この商品を考案した〈カカオ サンパカ〉のグランシェフ、アルベルト・リウス氏は、スペインの伝説的レストラン「エル・ブリ」の元パティシエやクリエイターとブランドを立ち上げた人物。〈カカオ サンパカ〉はショコラティエとして有名ですが、ジュレやアイスクリームも得意としています。

上層の山形県産ラフランスは、果肉が入っていて、ほんおり甘い上品な味わい。下層の青リンゴジュレは、ほのかな酸味と瑞々しいグリーンが特長です。そのまま食べるのはもちろん、途中で混ぜても色彩・味わいの変化が楽しめます。担当バイヤーは、「自分で買うには少々お高め。でも、大切な方には、間違いなく喜んでいただけるデザートです」。今回は6本入りもご用意しました。

果物の味をギュッと凝縮したジューシーな味わい

帰省時におすすめの「ただいまスイーツ」として、私も数度テレビで紹介したことがあります。日本のフルーツを使用していて、ジューシーですごくおいしい、果物をそのまま食べているような味。見た目もカクテルのようなステキな色合いです。人気ショコラブランドの知る人ぞ知るフルーツゼリーなので、違いが分かる方、ブランド価値の分かる方へのプレミアムな贈りものとしておすすめです(里井さん)。

今すぐこの商品をチェック

CACAO SAMPAKA(カカオ サンパカ)
ラフランス ジュレ 4本入
税込3,240円

この商品の詳細を見る

CACAO SAMPAKA(カカオ サンパカ)
ラフランス ジュレ 6本入
税込4,590円

この商品の詳細を見る

こちらもおすすめ

瀬戸内の果物が味わえる6種類の多彩なジェラート

戸内の島々でとれたフルーツを詰め合わせたかのような、色とりどり、味わい様々なジェラートが6種類も! なかでも担当バイヤーが衝撃を受けたのは、塩ミルク味。「甘くて濃厚なミルク味の中に、瀬戸内の名産品である藻塩がきいていて、これまでにない塩ミルク味なんです」。

香川県の手作りジェラート&シャーベットメーカー<オッティモ>は、生果のみを使ったシンプルなジェラート作りで知られるお店。キウイ、レモン、ミカン、白桃、イチゴ、塩ミルクのジェラートは、瀬戸内の島々で生産されるおいしいフルーツと搾りたてのミルクを使用し、ひとつひとつ手作り。6種類の味で瀬戸内の島めぐりが楽しめます。塩ミルクのほか、レモン、ミカンは、果物のフレッシュ感がとくに秀逸。

果物のおいしさと、瀬戸内の香りを運ぶジェラートは、本物を知る方へこそ贈りたいもの。爽やかな冷菓ギフトのなかでも、今年一番のおすすめです。

果物おいしさをそのままジェラートにギュッと濃縮

夏は「ジューシーさ」や、甘みの中でも「塩みがきいた甘さ」が好まれる季節。塩ミルク味をここまで爽やかに仕上げたのはさすがです。柑橘系でイチオシのレモンは、きりっと酸味があり、ほかにないスッキリ感。ミカンは甘みが丸く、オレンジとは違う“和のミカン”味。キウイは野菜っぽい味になりがちなところを、さわやかな仕上がりにしています。果物のおいしさをわかっている方が作っていることが伝わってきます(里井さん)。

今すぐこの商品をチェック

オッティモ
瀬戸内ジェラ 島めぐりアイス
税込4,320円

この商品の詳細を見る

こちらもおすすめ

小さな金魚がゆらりと泳ぐ、涼しげで可愛いゼリー

みを開けた瞬間、「まぁ、可愛い!」。そんな声が聞こえてきそうな、涼やかなデザートです。瓶を金魚鉢に見立て、マンゴーと白桃のプリンの上に、ゆらゆら、羊羹の金魚を泳がせました。透明な水は寒天のゼリー、所々に浮かぶのは愛らしいみつ豆。冷蔵庫で冷やしてあげると、そこは小さな金魚の世界。

担当バイヤーが選んだポイントは、“夏らしさ”と“フォトジェニック”な点。「和菓子に寄りすぎない、見た目も可愛いデザートはないかな? と考えていた時、出会ったのがこの涼風ゼリー。フルーツプリンがベースなので、ご年配の方はもちろん、お子様にも喜んでいただける味に仕上がっています」。

こんなキュートな金魚鉢ゼリーは、他にはないユニークな贈りもの。和菓子の〈京都 養老軒〉らしいひと品です。

見た目も涼やかな、お中元らしい上質ギフト

写真映えが重視される今、金魚モチーフは人気ですが、白桃&マンゴーのフルーツを活用し、他社にはない上質さを表現。〈京都 養老軒〉はフルーツ大福なども人気で、和菓子×果物がとても得意なメーカー。寒天部分は見た目よりもしっかり噛み応えがあり、小気味よいリズム感の歯ごたえが楽しめるゼリーです。見た目も涼やかで、お中元らしいギフトです(里井さん)。

今すぐこの商品をチェック

京都 養老軒
ゆらり金魚の涼風ゼリー
税込3,348円

この商品の詳細を見る

こちらもおすすめ

冷菓ギフトの代表格、表参道〈グラッシェル〉のアイスケーキ

ントルメグラッセ・生グラスの専門店、表参道の〈グラッシェル〉から、今回ご紹介するのは3つの味わいのアイスケーキ。〈グラッシェル〉らしいおいしさに、キュートなビジュアルもプラスした、冷菓のおすすめギフトです。

今回ご用意したのは、甘酸っぱいベリー系を基本とした3種類。フランスを代表するお菓子フレジェをイメージした「ダコワーズ」は、木イチゴのフレッシュさにバニラアイスが溶け合う定番の味。ブラックベリーや青リンゴ、マンゴー、イチゴ&フランボワーズなどのシャーベットをバルーン状にトッピングした「バルーンドフリュイ」、アーモンド生地に木イチゴやイチゴのシャーベットを合わせた「コネクシル」も、それぞれ個性的な味わいです。

担当バイヤーは、5種類のシャーベットをちりばめた「バルーンドフリュイ」がお気に入り。「ひとつひとつは小さめサイズなので、食後のデザートに、夏の涼菓に、皆さんでお楽しみいただけます」。ひと味違うアイスケーキは、珍しいもの好きの方、高級志向の方への贈りものに最適です。

ミニサイズの〈グラッシェル〉アントルメグラッセをお取り寄せ

〈グラッシェル〉といえばSNS映えするデザインやインパクトのある形が特長です。お店はいつも混んでいるので、夏に外を持ち歩くのはちょっと……という時に、お取り寄せがおすすめです。高島屋ならではの特別感がある贈りものとなるでしょう(里井さん)。

今すぐこの商品をチェック

GLACIEL(グラッシェル)
アンディヴィデュエルグラッセ3個セット
税込4,644円

この商品の詳細を見る

こちらもおすすめ

夏にうれしい、飲んで涼やかなドリンクギフト

暑いお中元時期に、もらってうれしいのがドリンク系のギフトです。なかでも、自然の味わいを凝縮したジュースやアイスコーヒーは、誰からも喜ばれる贈りもの。今回は、おいしいリンゴジュースと泡立ちミルクが作れるアイスコーヒーセットを選んでみました。

飲み比べも楽しい、3種の異なるリンゴジュース詰め合わせ

品名を見て、「葉取らずりんごって何?」と思いましたが、そこがこのジュースの最大ポイント。リンゴは通常、全面を赤く育てるために実に日光が当たるように葉を摘み取ってます。でも、本当のおいしさ、味わいのためには、光合成を盛んにしてくれる「葉っぱ」がとでも大事。青森の〈せいの農園〉は、この「葉を取らない=葉取らず栽培」でリンゴの糖度を高め、しかも完熟まで待つことで、リンゴそのものの味を凝縮したジュースを作りました。

担当バイヤーのおすすめは、「シナノゴールドですね。さっぱりして飲みやすく、リンゴのフレッシュな味わいが楽しめます」。この他、甘い果実味が際立った「王林」、爽やかさと甘さのバランスがとれた「サンふじ」のジュースもセットしてあるので、3種類を飲み比べるのも楽しそう。180mlの飲みきりサイズと、冷蔵庫の納まりがいいのもうれしい点。ご高齢の方からお子様のいる家庭まで、贈る人を選ばない定番のギフトです。

クッと濃くて甘いのにキレがある、リンゴの蜜のおいしさ

たくさんの葉をつけて育った「葉取らずりんご」は、最後まで日光を受けることで、糖度が高くおいしくなります。このジュースは、クッと濃くてちゃんと甘いのに、キレがあって夏らしい味わい。リンゴの蜜の部分を濾したようなおいしさです。農林水産祭内閣総理大臣賞の受賞農園なので、品質が確かなところも安心(里井さん)。

今すぐこの商品をチェック

せいの農園
完熟葉とらずりんごジュース詰め合わせ
税込2,700円

この商品の詳細を見る

こちらもおすすめ

泡立ちミルクも簡単! もらって楽しいアイスコーヒーセット

<スターバックス>の「アイスコーヒーブレンド」に、ギフト限定のオリジナル「耐熱ロゴグラス」、泡立ちミルクが簡単に作れる「ラテシェイカー」を詰め合わせたギフトセットです。アイスコーヒーは夏の定番人気の贈りものですが、パッケージを開けたら「あら、珍しい!」と喜んでもらえること、間違いなし!

コーヒーは、程よい酸味と爽やかなシトラス感があるアイスコーヒーブレンド。一杯ずつのドリッパータイプなので、飲みたい分だけ楽しめます。最大のポイントは、「ラテシェイカー」。牛乳を入れて約20~30秒シャカシャカするだけで、ふわふわの泡立ちミルクが完成。とろりとした口当たりのアイス・ラテが手軽に楽しめるんです。

担当バイヤーは、「ラテシェイカーは、ひとつあるととても便利なんですよ」。いつものコーヒーギフトとは違う、特別感あふれる贈りもの、夏のサプライズギフトとしておすすめしたい商品です。

牛乳をシェイクするのも楽しい「体験型ギフト」

オリガミというスターバックス特製のドリッパーセットはギフトとして人気の品。シェイカーつきで“体験的”なギフトとしても楽しく、思わず動画を撮りたくなってしまいます。生クリームがなくてもふつうの牛乳でOKですし、電気いらずで牛乳が泡立つのもポイント。おいしさはもちろん、オリジナルグッズを集める楽しさもあります。コーヒーを買い足せばずっと使えるのもうれしいですね(里井さん)。

今すぐこの商品をチェック

STARBUCKS(スターバックス)
スターバックスアイスコーヒーギフト
税込4,320円

この商品の詳細を見る

こちらもおすすめ

お中元の最新事情

※画像はイメージです

中元は親戚やお世話になった人への感謝の気持ちを込めた、夏のご挨拶。贈る時期は7月上旬から7月15日頃までが多く、地域によっては7月上旬から8月15日頃までに贈ることもあるようです。いずれも暑い季節だけに、贈りもの選びは“涼しさ”と“ビタミンカラー”がキーワード。涼しさを感じていただけるもの、ビビッドな色彩のものが喜ばれるでしょう。スイーツ系は人気が高い傾向で、洋菓子・和菓子を問わず、選ばれているようです。価格帯は、3,000円前後がボリュームゾーン。改まった相手や目上の方へは5,000円以上のギフトを贈ることも多いようです。

高島屋のお中元 2018

SNSに投稿する

あわせて見たい関連記事

お中元

食のプロが実食!高島屋バイヤー厳選の「お中元・夏ギフト」

お中元

歌舞伎界に学ぶ!"粋と艶"の日本文化をつなぐ、贈りもの選び

お中元

時期はいつ? お礼はどうする? お中元のマナー