営業時間

営業時間

S·C 専門店

当面の間、レストランの営業時間を短縮させていただきます
物販店 10:00 ~ 20:00
レストラン 11:00 ~ 20:00

※一部、上記営業時間と異なる店舗がございます

百貨店(玉川タカシマヤ)

当面の間、
生活必需品やサービスを取り扱う売場の営業時間:
10:00~19:00

玉川ループ Web会員限定。多彩なアクティビティへの参加者募集中。

アクティビティスケジュール

「たまがわLOOP」は玉川高島屋S・C本館屋上にある皆さまのコミュニティ活動拠点。心地よいスペースでさまざまなアクティビティを開催しています。
「たまがわLOOP」会員にご登録の上(原則として18歳以上の方)、お申し込みください。
≫「たまがわLOOP」新規会員登録はこちら

ウェルビーイング

みんなで学ぶ“ITライフ”スマホ&タブレット活用法:
自動車とコンピュータの深~い関係

講師:上田 道夫

上手にスマホやタブレットを使いこなせば、毎日の生活がこんなに楽になる、楽しくなる! そんなとっておきの“ITライフ”をみんなで学ぶ会です。

今回のテーマは「自動車とコンピュータの深~い関係」。
さてさて、なにやら面白そうなテーマですね。
上田さんからはこんなメッセージが届いています。

「少し前になりますが、『世界的な半導体不足に加え、地震や火災で電子部品工場の稼働停止が追いうちをかけて自動車の生産が停止あるいは減産を余儀なくされている』といったニュースが流れたこと、覚えていらっしゃいますか?
タイヤや窓に使うガラスが不足して自動車が作れないというのならわかりますが、なぜコンピュータの部品である半導体が不足しただけで自動車が作れなくなるのでしょうか?
それは、現在の自動車がコンピュータとは切っても切り離せない関係にあるためなのです。

ガソリンと空気を混ぜてエンジンの中で爆発させ、その力でピストンを動かし、ピストンの動きを回転に変えてタイヤを回して走るという自動車の基本原理は長く変わっていませんが、その各々の過程をコンピュータが制御することによって自動車の性能は革新的に向上していきました。
また、最近では自動車の心臓部であるエンジンをモータに変えた電気自動車(EV)や燃料電池自動車(FCV)が注目を集めていますが、既に広く使われているエンジンとモータの両方を備えたハイブリッド自動車(HV)を含め、自動車の中で電気が使われる量が増えれば増えるほど電気との相性の良いコンピュータが活躍する場面が増えてきています。
さらには、ハード面だけではなく自動運転や他車とのコミュニケーションを取ることでの安全運転、スマホとの連携でキーのいらない自動車といったソフト面での進歩も著しくなっています。
そこで今回は、最近何かと話題の多い自動車のコンピュータ化について各社の最新モデルの紹介も含めてご説明していきたいと思います」。

「運転する」から「乗るだけ」の乗り物になっていくと思われる自動車。
今後、自動車はどう変わっていくのか。自動車の未来を考えることは、私たちの暮らしの未来を考えることにもつながりそうです。
*写真は「いらすとや」より
講師イメージ写真

上田 道夫(うえだ みちお)

株式会社オフィス・ユー代表/QOLアドバイザー
1951年生まれ。大阪府出身。慶應義塾大学工学部計測工学科卒。1975年に富士ゼロックス (株) へ入社し、2012年6月退職の後、同年9月に『QOL*の向上』を掲げて株式会社オフィス・ユーを設立し現在に至る。在職中に現在のパソコンやネットワークの原点となった米国ゼロックス社のICT**技術に触れ、1991~1994年には富士ゼロックス(株)の米国研究子会社(FXPAL, Inc.)設立のためにシリコンバレーの中心地である米国カリフォルニア州パロアルトに駐在。一方、高齢者がコンピューターに親しむ場として日本を代表する存在であった「コンピューターおばあちゃんの会」のサポーターとして2000年からシニア世代の方々にコンピューターへの親しみ方とコンピューターを活用して生活を楽しむ方法を伝える活動を行なうなど、ユーザー視点からのICT活用にも取り組んできた。
* QOL : Quality of Life、人生の質
**ICT : Information and Communication Technology、情報・通信技術
持ち物 ご自分のスマートフォンまたはタブレットをご持参ください。

*体調がすぐれない方のご参加はご遠慮ください。
*ご参加の方には手指の消毒・マスク着用をお願いいたします。
*人数を制限し、アクリル板を設置しての開催となります。
開催日時 定員 参加費・条件 お申し込み
6月27日(日)14:30~16:30
10名
2,000円
申し込み画面へ
*キャンセルは開催日の1週間前まで受付。それ以降は全額を申し受けます。

一覧へ戻る