2019 TAKASHIMAYA SUMMER PRESTIGE WATCH FAIR 2019 タカシマヤ サマー プレステージ ウォッチフェア 2019 TAKASHIMAYA SUMMER PRESTIGE WATCH FAIR 2019 タカシマヤ サマー プレステージ ウォッチフェア

TAKASHIMAYA タカシマヤトップへ

Men's Watch

DIAL DESIGN DIAL DESIGN

時計の顔としてますます多彩・多様に

 ダイヤル(文字盤)は時計の顔であり、時間などの表示機能はもちろん、全体の印象を決定づける最重要な部分といっていい。それだけにデザインや素材は多種多様。メンズモデルで近年のトレンドは、多彩なカラーといえるだろう。これまでは服に合わせやすいシルバー、ホワイトやブラックといったモノトーンが主流だったが、ブルーが新しく定番として加わり、グリーンやレッドなどの原色も目立つ。塗装技術の発達で、同じブルーといっても色合いはモデルによってかなり異なる。濃淡が変化するグラデーションで奥ゆきを演出するモデルも増えてきたので、ファッションとの相性を気にするなら、店頭で実物をぜひ確認してほしい。
 また、和紙や陶磁器をダイヤルに使用したモデルもある。この場合は、素材のテクスチャーや風合いがプラスアルファの魅力となる。そのほか、ウッド(木材)、レザー、マザー・オブ・パール(真珠母貝)、中には本物の金貨をスライスしてムーブメントを挟み込んだモデルもかつて登場した。世界限定のレアピースだが、メテオライト(隕石)をダイヤルに加工したモデルもある。独特の神秘的な結晶模様が魅力だ。
 ここでは紹介していないが、ギョーシェと呼ばれるダイヤルの装飾彫りも昔からの伝統。陽光の乱反射を防ぐ目的から考案されたといわれる。極小のピラミッドが林立する「クル・ド・パリ」をはじめとして、波形や放射状など多彩なパターンがある。
 こうしたダイヤル装飾の中で、最も優雅で華麗な美を誇るのが「メティエ・ダール」だ。フランス語で「手作業による美術工芸」を意味しており、前述のギョーシェに加えて、金属に絵柄を彫り込むエングレーヴィング、ダイヤモンドなどを飾るジェム・セッティング、ダイヤルにガラス質を焼結させるエナメルなどがある。エナメルだけでもペイントやクロワゾネ(有線七宝)、プリック アジュール(ステンドグラスのような透明感)など様々な技法があるほか、複数の素材を組み合わせたマルケトリと呼ばれる象嵌・寄木細工も。これらの装飾は、まさに貴重な芸術作品といっても過言ではない。

  • HARRY WINSTON HW Avenue C Precious Marquetry HARRY WINSTON HW Avenue C Precious Marquetry

    HARRY WINSTON

    HW Avenue C Precious Marquetry

    色や質感の異なる
    複数のMOPを組み合わせ

    光沢や色合いなどが異なる複数のMOP(マザー・オブ・パール=真珠母貝)をマルケトリ(象嵌・寄木細工)で精緻に組み合わせている。古代エジプトから続く伝統的な技法とされるが、時計の小さなダイヤルでは熟練技能が必要。光のゆらめきが美しい。

  • ULYSSE NARDIN Classico America ULYSSE NARDIN Classico America

    ULYSSE NARDIN

    Classico America

    シャープな描線が魅力の
    クロワゾネ(有線七宝)

    ガラス質をダイヤルに定着させるエナメルは、実に多彩な技法がある。このモデルはクロワゾネ、有線七宝とも呼ばれる。描きたい絵柄の輪郭を金線で丁寧に枠取りしてから、その中に各種の色を生み出す釉薬を焼き込んでいく。シャープな描線と鮮やかな色彩が魅力。

  • CITIZEN The Citizen CITIZEN The Citizen

    CITIZEN

    The Citizen

    自然素材による独特の風合いが
    個性的な和紙製ダイヤル

    日本の三大和紙のひとつ「土佐和紙」をダイヤルに使用。自然素材の独特な風合いが、純白に複雑なニュアンスを加える。光を透過するため、エコ・ドライブ(光発電)の機能にもフィット。ブラック、ブルーなどバリエーションを拡大している。

  • SEIKO SEIKO Presage

    SEIKO

    Presage

    有田焼らしい印象的な色彩と
    磁器特有の立体的な形

    400年もの歴史と伝統を持つ有田焼による磁器製ダイヤル。しかも、初期に用いられていた釉薬がもたらす、淡く青みがかった白を再現している。色だけでなく、磁器の厚みを活かした膨らみのあるダイヤルが優美な表情。サブダイヤルの窪みも魅力的な味わいがある。

  • PIAGET PIAGET Altiplano

    PIAGET

    Altiplano

    鉄とニッケルが織りなす
    独特の結晶模様

    地球に落下した鉄隕石をスライスしてダイヤルに加工したモデル。ニッケルの結晶が成長して生まれる、ウィドマンシュテッテン構造と呼ばれる独特の模様に圧倒される。隕石の年齢は太陽系の誕生時まで遡るといわれ、宇宙の奥深いロマンを感じさせる。

  • ROLEX

    「オーベルジーヌ」ダイヤルに、ダイヤモンドが煌めく

    ROLEX

    Oyster Perpetual Datejust 36

    ロレックス [オイスター パーペチュアル デイトジャスト 36]

    2019新作

    Ref:126234
    ケース径:36㎜
    ケース素材:オイスタースチール+K18ホワイトゴールド
    ブレスレット:オイスタースチール
    ムーブメント:自動巻き パワーリザーブ:約70時間
    価格:1,020,000円+税 取り扱い店舗:日本橋、横浜、大阪、京都

    放射状に光を反射するパープルのダイヤルが目を惹く。これをロレックスでは「オーベルジーヌ」と呼ぶ。フランス語で「茄子(色)」の意味であり、上品で洗練された発色に仕上がっている。ローマ数字のアワーマーカーはK18ホワイトゴールドを使用し上品な輝き。ダイヤルカラーとマッチするだけでなく、立体的なので視認性も高い。さらにⅥとⅨの中に計24個のダイヤモンドをセット。ケースはオイスタースチールとK18ホワイトゴールドのロレゾール製。新世代ムーブメント「キャリバー3235」を搭載。精度、実用性、耐磁性などに優れている。

  • HUBLOT

    オーリンスキーのアートで、時計が宝石に変わった!

    HUBLOT

    Classic Fusion Orlinski Titanium

    ウブロ [クラシック・フュージョン オーリンスキー チタニウム]

    2019新作

    Ref:550.NS.1800.RX.ORL19
    ケース径:40㎜
    ケース素材:チタン
    ストラップ:ブラックラバー
    ムーブメント:自動巻き パワーリザーブ:約42時間
    価格:1,220,000円+税 取り扱い店舗:日本橋、横浜、大阪

    フランス生まれの現代アーティスト、リチャード・オーリンスキーとコラボレーションした新作。動物を多面体のデザインで造形してきた独創的なセンスとテクニックを、小さな腕時計で発揮した。鏡面仕上げ(ポリッシュ)のチタニウムケースとダイヤルに、複雑で繊細なファセット加工が施されている。鏡のように光が様々に屈折・反射するため、時計すべてがまるで宝石のように変貌したといっていい。ベースモデルは、スタイリッシュな「クラシック・フュージョン」。ブラックダイヤルと同色のマットなラバーストラップがクールな趣をかもし出す。

  • VACHERON CONSTANTIN

    エレガントな「パトリモニー」では初のブルーダイヤル

    VACHERON CONSTANTIN

    Patrimony Automatic

    ヴァシュロン・コンスタンタン [パトリモニー・オートマティック]

    2019新作

    Ref:85180/000R-B515
    ケース径:40㎜
    ケース素材:K18ピンクゴールド
    ストラップ:アリゲーター
    ムーブメント:自動巻き パワーリザーブ:約40時間
    価格:2,810,000円+税 取り扱い店舗:日本橋、大阪

    完璧なラウンドシェイプに、無駄を排したシンプルビューティーを追求した極薄コレクション「パトリモニー」。初となるダイヤルカラー、マジェスティック・ブルーを採用。サンバースト仕上げによって、深みのあるブルーが放射状に輝く。1950年代のモデルからデザインコードを得ており、緩やかに膨らんだドーム状のダイヤルがヴィンテージ特有の優しさを感じさせる。シャープに尖らせたバーインデックスの間のドット目盛りはパールと呼ばれる。控えめなスタイルに見えるが、細部のバランスと造形はわずかな変更も許さないほど完成度が高い。

  • A.LANGE & SÖHNE

    ブラックとピンクゴールドがスタイリッシュにマッチ

    A.LANGE & SÖHNE

    Saxonia Outsize Date

    A.ランゲ&ゾーネ [サクソニア・アウトサイズデイト]

    Ref:381.031
    ケース径:38.5㎜ケース素材:K18ピンクゴールド
    ストラップ:アリゲーター
    ムーブメント:自動巻き パワーリザーブ:約72時間
    価格:2,840,000円+税 取り扱い店舗:日本橋、横浜、大阪

    端正なバーインデックスのダイヤルが特長の「サクソニア」に、大型分割式日付表示のアウトサイズデイトを搭載。通常、日付の数字は白地に黒で表示されるが、このモデルでは特別にブラックのフェイスに合わせて黒地に白になっている。ダイヤルにはK18ピンクゴールドをスタイリッシュにコンビネーション。ケースはもちろん、細身のバーインデックスもK18ピンクゴールド。黒の緊張感の中に赤っぽい艶が漂う。シャイニーに仕上げられたスモールセコンドもアクセント。完璧なバランスを追求したデザインに、アクティブな印象を添えた。

  • FRANCK MULLER

    日の丸をモチーフにした鮮やかなカラーのスケルトン

    FRANCK MULLER

    Vanguard 7 Days Power Reserve Skeleton Rising Sun

    フランク ミュラー[ヴァンガード 7デイズ パワーリザーブ スケルトン ライジングサン]

    2019新作

    Ref:V45S6SQTRSUN ACRG
    ケースサイズ:53.7×44㎜ ケース素材:ステンレススチール
    ストラップ:クロコダイル×ラバー
    ムーブメント:手巻き パワーリザーブ:約168時間
    価格:4,300,000円+税
    取り扱い店舗:日本橋、横浜、大阪、京都

    シルバーカラーのケースが堅固に保持するダイヤルの内部は、深紅のブリッジが何本も斜めに交錯するスケルトン仕様。スモールセコンドのホワイトフレームが浮かび上がって見える。ダイナミックな曲線で造形された次世代のトノウ型ケース「ヴァンガード」の限定モデル。日出ずる国、日本の国旗をイメージした「ライジングサン」と呼ばれるカラーリングが特長。幾何学的に組まれたブリッジはアルミニウム。軽量かつ色鮮やかなレッドが際立っている。手巻きで約7日間のスーパーロングパワーリザーブも実用的だ。

  • CVSTOS

    世界初!ハイビート・トゥールビヨンを2つ搭載

    CVSTOS

    Challenge Sea-Liner Double Tourbillon

    クストス [チャレンジ シーライナー ダブル トゥールビヨン]

    2019新作

    Ref:CVT-SEA-DB-T-S 5N
    ケースサイズ:53.7×41㎜
    ケース素材:K18レッドゴールド ストラップ:ラバー
    ムーブメント:手巻き パワーリザーブ:約60時間
    価格:26,000,000円+税
    取り扱い店舗:日本橋、大阪

    K18レッドゴールドのフレームに、3つの回転を印象的にアレンジしたクストスのスケルトンモデル。調速脱進機を回転させて重力の影響を平均化するトゥールビヨンを2つ搭載した超複雑時計。しかも前面にブリッジのないフライングタイプ。毎秒8振動のハイビートが2基採用されるのは世界初という。動力ゼンマイを収めた4個の香箱を並列に繋ぎ合わせた。そのトルクを両側のトゥールビヨンに伝達する機構にセラミック製ボールベアリングを採用するなど、2つの特許も取得。複雑なメカをアーティスティックにデザインしている。

  • PANERAI

    シャイニーなブルーダイヤルに、メタルブレスが快適!

    PANERAI

    Luminor Marina 44mm

    パネライ [ルミノール マリーナ 44㎜]

    2019新作

    Ref:PAM01058
    ケース径:44㎜
    ケース&ブレスレット素材:ステンレススチール
    ムーブメント:自動巻き パワーリザーブ:約72時間
    価格:930,000円+税 取り扱い店舗:日本橋、大阪

    陽光に煌めく海を想わせるシャイニーなサンブラッシュブルーのダイヤルに、メタルブレスレットを組み合わせた「ルミノール マリーナ」。パネライ独自のサンドイッチダイヤルは2層構造になっており、上部はアラビア数字とバーインデックスを型抜き。下部のプレートには蓄光式夜光塗料を採用。完全な暗闇を含む、いかなる照明環境でも高い視認性を発揮する。ブレスレットは、ブランドのアイコンであるリュウズプロテクターを模したコマの形状が特徴的。より柔軟で快適な装着感が得られるので、どのようなスタイルでも合わせやすい。

  • GIRARD-PERREGAUX

    ブルーを要所にアレンジした、硬派のスポーツモデル

    GIRARD-PERREGAUX

    Laureato Absolute Chronograph

    ジラール・ぺルゴ [ロレアート アブソルート クロノグラフ]

    2019新作

    Ref:81060-21-491-FH6A
    ケース径:44㎜ ケース素材:チタン(PVD加工)
    ストラップ:ブラックラバー
    ムーブメント:自動巻き パワーリザーブ:約46時間
    価格:1,430,000円+税 
    取り扱い店舗:日本橋、横浜、大阪、京都

    2017年からジラール・ペルゴを代表する高級スポーツモデルとなった「ロレアート」。これをさらにアクティブに進化させた「ロレアート アブソルート」が新登場した。ブラックPVDを施したチタン製ラージケースは300m防水。ブルーを要所にアレンジしていることが外観的な特長だ。ダイヤルは中央のダークブルーから外周のブラックに向けたグラデーション。8角形のベゼル内側に明るいブルーのリング。クロノのボタンにも同じくブルーの帯。ケースと一体化したブラックラバーストラップにブルーのステッチなど、実はオシャレな硬派なのである。

NEW FEATURE NEW FEATURE

時計の内外でハイテク複合素材を採用

 21世紀になってから、時計に新素材を導入する動きが活発化してきた。その原点は、1980年代後半に初めて時計に使用されたセラミックではないだろうか。酸化ジルコニウムなどを焼結し、陶磁器と同じで表面硬度が高いため擦り傷がつきにくく、スチールよりも軽い。この特性から、外部との接触頻度が高いベゼルに利用するブランドも急増した。今では新素材とはいえなくなったが、近年はカラー化が顕著で、とてもセラミックとは思えないメタリックシルバー、これまで困難とされてきた鮮やかなレッドやブルーのセラミックモデルも次々に登場している。美しい艶が魅力だ。
 それだけでなく、このセラミックと複合したハイテク素材が21世紀らしい革新性といえる。ゴールドと圧縮融合した、ウブロの「K18マジックゴールド」は硬度が極めて高く、細かな傷がつきにくい。
 IWCでは、軽量で強度が高いチタンにセラミックを融合した「セラタニウム」を独自開発している。
 炭素素材も、カーボンファイバーとしてダイヤルなどに使われてきたが、極薄シート状にして積層・圧縮したカーボンケースが登場している。これを切削してケースを造形するため、木肌のような地紋が外見的な特徴。時計の外装だけでなく、タグ・ホイヤーではカーボンコンポジット(炭素複合素材)製ヒゲゼンマイを開発。時計のムーブメントにもカーボンを導入した。軽量で低密度なので、重力や衝撃の影響を受けないという。
 このムーブメントでは、21世紀初頭からシリコンも採用されており、ヒゲゼンマイなど調速脱進機のパーツとして使用されている。磁気の影響を受けず、軽量で摩擦係数も低いため、潤滑油が不要または少量で済むという。
 機械式時計の基本メカニズムを根本的に革新したゼニス「デファイ インベンター」も、テンプなどの調速機構を1枚のシリコンパーツに集約しており、素材革新がなければ実用化は不可能だったのではないだろうか。新素材は、時計に新しい魅力を加えるだけでなく、新しい機構も可能にするのである。

  • ZENITH

    Defy Inventor

    継承され続けてきた
    時計の心臓部を革新

    機械式時計の心臓部の基本的構造は約350年にわたって継承されてきた。これを根本的に革新したのが、ゼニス「デファイ インベンター」。テンプなどの調速機構を1枚のシリコンパーツに集約。その弾性変形で定時性を担保する。摩擦が少なく、注油も不要。

  • TAG HEUER TAG HEUER Carrera Calibre Heuer 02T Nanograph

    TAG HEUER

    Carrera Calibre Heuer 02T Nanograph

    世界で初めて炭素複合素材を
    ヒゲゼンマイに採用

    機械式時計のテンプを往復振動させるヒゲゼンマイに、世界で初めてカーボンコンポジット(炭素複合素材)を採用。軽量で低密度のため、重力や衝撃の影響を受けない。完全な同心円状で収縮するため、時計の精度も向上。カーボンは非金属なので完全耐磁。

  • HUBLOT HUBLOT

    HUBLOT

    新たな素材が新たな魅力を生み出す、
    マテリアル・マジック!

    左:Big Bang Ferrari Magic Gold

    純度の高いゴールドは美しい光沢の半面で、傷がつきやすいとされてきた。「K18マジックゴールド」は、セラミックとゴールドを圧縮融合することで、この弱点を克服した。硬度が極めて高い。ウブロの自社工場で製造されている。

    左:Spirit Of Big Bang Yellow Sapphire

    時計の風防などに使われるサファイアクリスタルは、酸化アルミニウムを結晶化したものだが、クリアな原色は困難とされてきた。ウブロではレッド、ブルーに続いて、世界で初めてイエローのサファイアクリスタルを時計のベゼルやケースに採用。

  • PANERAI Submersible BMG-TECH 3 Days Automatic 47mm PANERAI Submersible BMG-TECH 3 Days Automatic 47mm

    PANERAI

    Submersible BMG-TECH 3 Days Automatic 47mm

    腐食や磁気・衝撃に強い
    特殊な金属ガラス

    BMGとはバルク・メタリック・ガラスの頭文字。高温で液体化した合金を瞬間冷却すると無秩序な分子構造となり、摩耗や衝撃、磁気や腐食などに強く、しかも剛性が高く軽量という特性を実現。これをケースだけでなく、ベゼルやリュウズ、プロテクターまで採用した。

  • IWC Pilot’s Watch Double Chronograph Top Gun Ceratanium IWC Pilot’s Watch Double Chronograph Top Gun Ceratanium

    IWC

    Pilot’s Watch Double Chronograph Top Gun Ceratanium

    チタニウムとセラミックの
    長所を融合した新素材

    IWCが独自に開発したセラタニウムは、チタニウムの軽量性と強度を持ちながらも、セラミックと同等の表面硬度を持つ特許取得の新素材。傷に強いだけでなく、腐食しにくく、肌への刺激も少ない。艶なしマットブラックの深みを感じさせる色合いも魅力。

  • ZENITH

    セラミックケースに、アバンギャルドなオープンワーク

    ZENITH

    Defy Classic Blue Ceramic

    ゼニス [デファイ クラシック ブルー セラミック]

    2019新作

    Ref:49.9003.670/51.R793
    ケース径:41㎜
    ケース素材:ブルーセラミック
    ストラップ:ブルーラバー
    ムーブメント:自動巻き パワーリザーブ:約50時間
    価格:800,000円+税 取り扱い店舗:日本橋

    星をかたどったというグラフィカルなブルーのオープンワークに圧倒されるゼニスのスケルトンモデル。シリコン製の脱進機を備えた最新の薄型自動巻きムーブメント「Elite 670 SK」の構造がダイヤル越しに透けて見える。ケースとベゼルともに傷がつきにくいブルーセラミック。これと一体化した同色のラバーストラップを組み合わせており、未来を感じさせる「オール・ブルー」だ。ただし、針もバーインデックスもファセットカットが施されており、どんな角度でも光を反射するため視認性は高い。暗闇では蓄光式夜光塗料がグリーンに輝く。

  • TAG HEUER

    カーボン製ヒゲゼンマイで精度・耐久性が飛躍的に向上

    TAG HEUER

    Autavia Calibre5 COSC

    タグ・ホイヤー [オータヴィア キャリバー5 COSC]

    2019新作

    Ref:WBE5112.FC8266
    ケース径:42㎜
    ケース素材:ステンレススチール
    ストラップ:ブラウンカーフ
    ムーブメント:自動巻き パワーリザーブ:約38時間
    価格:385,000円+税 取り扱い店舗:日本橋、横浜、大阪、京都

    時計のテンプを往復振動させるヒゲゼンマイは、人間でいえば心臓を拍動させる筋肉といえる。一般的な素材は鉄とニッケルなどの合金。近年はシリコン製も目立つが、タグ・ホイヤーは世界で初めてカーボンコンポジットのヒゲゼンマイを開発した。軽量で低密度なので、重力や衝撃の影響を受けることなく、完全耐磁。製造・組立段階から安定した精度が期待できるため、新素材のヒゲゼンマイを備えたムーブメント「キャリバー5」のシリーズを「アイソグラフ」(同等、均質の意味)と呼ぶ。COSCの精度検査をクリアしたクロノメーター。

ANNIVERSARY & LEGEND ANNIVERSARY & LEGEND

機械式時計の魅力を現代に継承する傑作

 初期の携帯可能な時計は、16世紀半ばに作られたゼンマイ仕掛けの「ニュルンベルクの卵」で、ヨーロッパで人気を博したといわれる。18〜19世紀にはスイスを中心に多数の時計ブランドが創業。20世紀になって腕時計が急速に普及した。腕時計というスタイルだけでも100年以上の歴史があり、ブランドの多くは伝説的なロングセラーを持つ。それがアニバーサリーを迎えれば、記念モデルが製作される。そうしたコレクションを挙げればキリがないが、時代の変化を生き延びたモデルは新作にはない安定した魅力がある。
 1904年に製作されたカルティエ「サントス」は腕時計の先駆けとされるが、基本的な角形デザインをほとんど変えていない。どの時代の誰が見ても美しいと感じる普遍性を備えているからだ。丸形では、1932年に発表されたパテック フィリップ「カラトラバ」。「機能がフォルムを決定する」というバウハウスの基本理念に忠実に造形。後の腕時計に大きな影響を与えた。パテック フィリップは複雑時計でも伝説的なモデルが少なくない。たとえば1937年に発表された世界初の「ワールドタイム」は、独立時計師ルイ・コティエの発案を製品化。1日に1回転する24時間リングを、時差の異なる世界各地に対応させる独創的な仕組みは今でもまったく変わっていない。
 スポーツウォッチの世界でもレジェンドモデルがある。1953年に発表されたブランパン「フィフティ ファゾムス」は、モダンダイバーズウォッチの原点といわれている。潜水時間を管理する60分計を備えたロック機構付回転ベゼル(現在では逆回転防止機構付き)が特徴的だ。パイロットのためのクロノグラフなら、やはりブライトリングの「クロノマット」。イタリア空軍アクロバット飛行チームの要望を受けて本格的に生まれ変わり、新たなレジェンドとなったのである。
 そして、1969年に人類は空の彼方の月面に到達。この時に宇宙飛行士の腕にあったのがオメガ「スピードマスター」だ。今年は人類史上初の偉業から半世紀。宇宙開発も活発化しているため、再び注目を集めている。

  • PATEK PHILIPPE World Time PATEK PHILIPPE World Time

    PATEK PHILIPPE

    World Time

    80年以上を経ても継承される
    ワールドタイムの独創性

    世界の時間が一目瞭然に分かるワールドタイムは、パテック フィリップが1937年に「515 HU」として発表。地球の自転と同じく1日で1回転する24時間リングを、世界の各都市と対応。この独創的な機構は、現在でも変わることなく継承されている。

  • Speedmaster Professional Speedmaster Professional Speedmaster Apollo 11 50th Anniversary Limited Edition Speedmaster Apollo 11 50th Anniversary Limited Edition

    OMEGA

    Speedmaster

    月面に到達した
    世界初の腕時計

    半世紀前の1969年に人類は初めて月面に到達。オメガ「スピードマスター」も栄誉を共にした。宇宙服の外側につけられていたため宇宙飛行士仕様は長いストラップを持つ。「スピードマスター」は絶えざる進化を続けてきたが、この壮大な偉業に対する敬意は変わることがない。

  • ©Blancpain, The Original Fifty Fathoms First Fifty Fathoms ©Blancpain, The Original Fifty Fathoms First Fifty Fathoms Fifty Fathoms Automatique Fifty Fathoms Automatique

    BLANCPAIN

    Fifty Fathoms

    回転ベゼルなどを備えた
    ダイバーズウォッチの原点

    潜水用の時計は1930年代から製作されているが、現代のダイバーズウォッチの原点といわれているのがブランパン「フィフティ ファゾムス」。潜水時間を管理できる回転ベゼル(逆回転防止付き)や、海中でも視認性の高いダイヤル、蛍光塗料を塗布した針などが特長だ。

  • BREITLING BREITLING

    BREITLING

    Chronomat

    空軍飛行チームと生み出した
    パイロットウォッチ

    1942年にブライトリングは世界初の回転計算尺付きクロノグラフを発表。パイロットウォッチの先駆けとなったが、この名声をさらに飛躍させたのが「クロノマット」だ。イタリア空軍アクロバット飛行チームの公式クロノグラフに採用された初代(1)は、パイロットの要望にもとづく実用性とスタイリッシュなデザインが融合。1984年に販売されて爆発的な人気を獲得した(2)。35周年記念の日本限定モデルには、これまでの進化が凝縮されている(3)。

  • BREITLING

    35年間の進化と発展を凝縮した、日本だけの限定モデル

    BREITLING

    Chronomat JSP Roman Index Limited

    ブライトリング [クロノマット JSP ローマン インデックス リミテッド]

    2019新作

    Ref:S001B-RPA
    ケース径:44㎜
    ケース&ブレスレット素材:ステンレススチール
    ムーブメント:自動巻き パワーリザーブ:約70時間
    価格:900,000円+税 日本限定500本
    取り扱い店舗:日本橋、横浜、大阪、京都

    イタリア空軍アクロバット飛行チームの協力を得て「クロノマット」が誕生したのは1984年。2019年で誕生35周年となる。これを記念した日本限定モデルは、格調高いローマ数字のインデックスが際立った特長。1996年発表の「クロスウィンド」に由来するスタイルだ。2年前の日本限定モデルで復活した大型マーカーのライダータブも装備。パイロットが手袋のままでも回転ベゼル(逆回転防止付き)を操作しやすく、風防ガラスを守るバンパーの役割も持つ。これは初代からの継承。35年間の特徴的な歩みを凝縮した特別モデルといえるだろう。

  • IWC

    伝統の「パイロット・ウォッチ」に新しい“トップガン”

    IWC

    Pilot’s Watch Chronograph Top Gun

    アイ・ダブリュー・シー [パイロット・ウォッチ・クロノグラフ・トップガン]

    2019新作

    Ref:IW389101
    ケース径:44.5㎜
    ケース素材:ブラックセラミック
    ストラップ:ブラック・テキスタイル
    ムーブメント:自動巻き パワーリザーブ:約46時間
    価格:895,000円+税 取り扱い店舗:日本橋、横浜、京都

    IWC「パイロット・ウォッチ」は1936年に初代モデルを発表。1948年からイギリス空軍に採用されたロングセラー。2019年は2007年に追加された「トップガン」が刷新された。優秀なパイロットを育成するアメリカ海軍の特別訓練プログラムに由来する、コレクションの中で最上級に位置するシリーズだ。傷がつきにくいブラックセラミックをケースに採用。曜日・日付表示付きの自社製ムーブメントを初めて搭載した。軟鉄製インナーケースでムーブメントを覆っているので耐磁性も高い。6時位置の赤いスモールセコンド針がアクセントになっている。

  • TUDOR

    様々な時代のエッセンスを融合させたネオ・ヴィンテージ

    TUDOR

    Black Bay Bronze

    チューダー[ブラックベイ ブロンズ]

    2019新作

    Ref:79250BA
    ケース径:43㎜
    ケース素材:ブロンズ
    ストラップ:ブラック ヌバックレザー
    ムーブメント:自動巻き パワーリザーブ:約70時間
    価格:397,686円+税 取り扱い店舗:日本橋、大阪

    チューダーは、ロレックスの創業者であるハンス・ウイルスドルフが「ロレックスの技術と信頼をもって、確固たる品質と先駆性を備えた腕時計をつくりたい」という思いから誕生したブランド。日本には2018年10月末から本格上陸。代表作の「ブラックベイ」は、1950年代のダイバーズウォッチから着想。特徴的なデザインを継承しているほか、時針の先に菱形のシンボルを持つ「スノーフレーク」(針)がアイコン。シリコン製バランススプリングを備えたロングパワーの自社製ムーブメントを搭載。高精度で、堅牢性、耐久性、耐磁性にも優れている。

  • GRAND SEIKO

    スプリングドライブ誕生20周年記念の「雪白」モデル

    GRAND SEIKO

    Elegance Collection Spring Drive 20th Anniversary Model

    グランドセイコー [エレガンスコレクション スプリングドライブ20周年記念モデル]

    2019新作

    Ref:SBGY002
    ケース径:38.5㎜ ケース素材:K18イエローゴールド
    ストラップ:クロコダイル
    ムーブメント:スプリングドライブ パワーリザーブ:約72時間
    価格:2,800,000円+税
    取り扱い店舗:日本橋、横浜、大阪、京都

    スプリングドライブは、ゼンマイを動力源としながら、水晶振動子とICにより精度を制御する、セイコー独自開発の駆動機構。機械式時計とクオーツの長所を融合して高精度を実現したハイブリッド・ムーブメントであり、2019年で誕生20周年となる。これを記念して開発された、手巻きのスプリングドライブを搭載した薄型ドレスウォッチ。新機構を追加することで従来の1.5倍、約72時間のロングパワーを実現。歪みのない鏡面仕上げのK18イエローゴールドケースに、「雪白」と呼ばれる独特のテクスチャーをもつホワイトダイヤルが美しく映える。

COMPLICATION COMPLICATION

叡知と技巧を尽くした機械式時計の精華

 世界で最も複雑な機械式時計をご存じだろうか。57にも及ぶ機構を持つヴァシュロン・コンスタンタンの懐中時計「リファレンス 57260」だ。
 こうした複雑時計は、ゼンマイをエネルギーとする機械式時計の絢爛たる精華と表現しても過言ではない。人間の叡知と技巧を尽くして、驚くほど複雑な機能を果たすからだ。多彩なモデルが発表されてきたが、「ミニッツリピーター」「パーペチュアルカレンダー」「トゥールビヨン」が伝統的な3大複雑機構といわれる。こうした複雑機構をいくつも搭載したモデルをグランドコンプリケーションと呼ぶ。
 フランク ミュラーの「エテルニタス メガ 4」は、前述した3大複雑機構はもちろん、合計36に及ぶ機能を搭載しているが、注目したいのは「セキュラーカレンダー」だ。前述した「パーペチュアルカレンダー」は閏年の2月末まで自動判別して日付を送るが、閏年には例外があり、たとえば2100年は平年になるので調整が必要。ところが「セキュラーカレンダー」はその例外年まで組み込まれているため、現在のグレゴリオ暦に完全対応した永久カレンダーなのである。
 このモデルの機能のひとつ「スプリットセコンド・クロノグラフ」は、2本のクロノ秒針でラップタイムも計測できるが、A.ランゲ&ゾーネの「トリプルスプリット」は30分積算計と12時間積算計にも2本の針がある世界初のモデル。基準タイムとラップタイムなどを最長12時間まで計測できる。
 ブレゲはトゥールビヨンの元祖だが、それに加えて時分針と同軸に真太陽時を表示する分針を持つのが「マリーン」のグランドコンプリケーションだ。日常的に使用している平均太陽時と真太陽時の差(均時差)を別に表示する機構はあるが、このように真太陽時をダイレクトに表示する機構は珍しい。パルミジャーニ・フルリエ「ブガッティ タイプ370」は輪列の軸を手首と水平にして直立させたシリンダー・スタイルが画期的だ。
 これらは複雑時計のほんの一部に過ぎない。フェアなどで紹介があれば、ぜひ間近に見ていただきたい。

  • FRANCK MULLER FRANCK MULLER

    FRANCK MULLER

    Aeternitas Mega 4

    グレゴリオ暦に完全対応した
    究極の永久カレンダー

    合計で36もの機能を搭載。中でも閏年の例外年まで機械的にプログラムした「セキュラーカレンダー」が珍しい。いわば究極の永久カレンダーなのである。ムーンフェイズも1000年に6.8秒の誤差。ケタ外れのスーパー・グランドコンプリケーションだ。

  • BREGUET BREGUET

    BREGUET

    Marine Tourbillon Equation Marchante 5887

    平均太陽時と真太陽時を
    同時に表示する永久カレンダー

    時計が示す1日24時間は、1年間を平均化した太陽時であり、実際の太陽の見え方=真太陽時とは最大で16分の差がある。この真太陽時を太陽マークを持つ分針でダイレクトに表示。永久カレンダーにトゥールビヨンも搭載した超絶的なグランドコンプリケーション。

  • A.LANGE & SÖHNE A.LANGE & SÖHNE

    A.LANGE & SÖHNE

    Triple Split

    3本のラトラパント針を持つ
    世界初の機械式クロノグラフ

    2本のクロノ秒針を持つスプリットセコンドがクロノグラフの伝統的な複雑機構。このモデルは30分積算計と12時間積算計にも各2本ずつ針を備えており、基準タイムとラップタイムを最長12時間まで計測できる。世界初のトリプルスプリット機構。

  • PARMIGIANI FLEURIER

    PARMIGIANI FLEURIER

    Bugatti Type 370

    輪列を直立させた仰天の
    スポーツモデル

    普通の時計は手首に水平に歯車が重なっているが、歯車の軸のほうを水平にして、輪列を直立させたモデル。クルマのエンジンから着想したという。ダイヤルも直立しているが、ハンドルを握った状態では、むしろ時間が見やすい。手巻きだが10日間のロングパワーリザーブ。

  • PATEK PHILIPPE

    1940~50年代の傑作を継承する新しい永久カレンダー

    PATEK PHILIPPE

    Grand Complications

    パテック フィリップ [グランド・コンプリケーション]

    Ref:5320
    ケース径:40㎜
    ケース素材:K18ホワイトゴールド
    ストラップ:アリゲーター
    ムーブメント:自動巻き パワーリザーブ:約45時間
    取り扱い店舗:日本橋、大阪

    毎月末も判別してカレンダーを自動送りしてくれるだけでなく、4年ごとの閏年までプログラムされている永久カレンダー。6時位置のムーンフェイズも122年間で誤差わずか1日という高精度。新開発のムーブメントを搭載しているが、デザインは1940~50年代の傑作を継承。曜日と月は12時下の2つの小窓、日付は6時位置のダイヤルで指針が表示する。新しく追加されたのは、4~5時位置の閏年サイクル表示と、7~8時位置の昼夜表示。3重の段差を持つ特徴的なラグ(ベルトとの接合部)に、クリーム色のダイヤルがヴィンテージな雰囲気。

  • BREGUET

    ロングパワーの極薄トゥールビヨン・スケルトン

    BREGUET

    Classique Tourbillon Extra-Plat Squelette 5395

    ブレゲ [クラシック トゥールビヨン エクストラフラット スケルトン 5395]

    2019新作

    Ref:5395BR/1S/9WU
    ケース径:41㎜
    ケース素材:K18ローズゴールド
    ストラップ:アリゲーター
    ムーブメント:自動巻き パワーリザーブ:約80時間
    価格:24,390,000円+税 取り扱い店舗:日本橋、大阪、京都

    トゥールビヨンは、テンプなどの調速脱進機をキャリッジ(カゴ)にまとめて定期的に回転させることで、重力が及ぼす影響を平均化(相殺)する仕組み。ブレゲが考案して1801年に特許を取得している。このトゥールビヨンを厚さ3㎜の極薄ムーブメントで実現。ケース厚も7.7㎜と極薄で、メカを露出したスケルトン。キャリッジの全重量は0.29グラムと非常に軽いため、毎秒8振動のハイビートにもかかわらず約80時間のロングパワー。手動旋盤によって、小さなピラミッドが林立する「クル・ド・パリ」のギョーシェ彫りも施されており、芸術性も高い。

  • BLANCPAIN

    月の顔が印象的な永久カレンダーをサイズダウン

    BLANCPAIN

    Villeret Perpetual Calendar

    ブランパン [ヴィルレ パーペチュアルカレンダー]

    Ref:6656-3642-55B
    ケース径:40㎜
    ケース素材:K18レッドゴールド ストラップ:アリゲーター
    ムーブメント:自動巻き パワーリザーブ:約72時間
    価格:4,380,000円+税
    取り扱い店舗:日本橋、大阪

    月末はもちろん、閏年も正確にカレンダーを自動送りしてくれる永久カレンダー。日付に関する表示は、3時位置(日付)、9時位置(曜日)、12時位置(月と閏年カレンダー)でそれぞれ指針表示。6時位置はムーンフェイズで、月に描かれた顔が印象的だ。3つのインダイヤルが均等に配置されており、ラグの裏にあるレバーで各カレンダーを修正できる「アンダーラグコレクター」を装備(特許取得)。ピンなどは不要。調整用ボタンがないので、美しいケースサイドを実現している。2019年の新作は使用しやすいケース径40㎜で登場した。

  • ROMAIN GAUTHIER

    複雑機構から装飾・仕上げまで、妥協なき究極を追求

    ROMAIN GAUTHIER

    Logical One BTR

    ローマン・ゴティエ [ロジカル・ワン BTR]

    2019新作

    Ref:MON00142
    ケース径:43㎜ ケース素材:チタン(ADLC加工)
    ストラップ:アリゲーター
    ムーブメント:プッシュボタンによる手巻き
    パワーリザーブ:約46時間 価格:17,000,000円+税
    世界限定5本 取り扱い店舗:日本橋

    機械式時計の動力ゼンマイは、一杯に巻き上がった時が最も回転トルクが強く、次第に弱くなる。この落差を解消する鎖引きと呼ばれる古典的仕組みを革新。カタツムリ型のカムを鎖で引っ張ることで回転トルクを均等にする独創的な機構を搭載。鎖のリンク部分は人工ルビーで強化(計34石)。ダイヤルはK18ゴールドをベースとしたグランフー(高温焼成)エナメル。手作業でブリッジなどを面取りして磨きを重ねており、金属が美しい艶を放つ。技術から装飾、仕上げまで一切の妥協を許さず究極を追求。このため全モデルで年産約60本の希少ブランド。