入場料〈税込〉=一般1,000円(800円)/大学・高校生800円(600円)/中学生以下無料

※( )内は前売り及び団体10名様以上の割引料金。
※当催については、「障がい者手帳」をご提示いただいたご本人様、ならびに、ご同伴者1名様まで入場無料とさせていただきます。
※安全のため、小学生以下のおこさまは必ず保護者の方ご同伴でご入場ください。

展覧会への ご来場は、 事前にWEB予約を

店頭・プレイガイドにて

日本橋:2021年3月2日(火)までお求めいただけます。

大阪:2021年2月10日(水)から3月23日(火)までお求めいただけます。

日本橋:セブンコード(087-525)

大阪:セブンコード(087-744)


全国のセブン-イレブン店舗のマルチコピー機にてトップ画面から「チケット」、「セブンチケット」の順にタッチ。ジャンルまたはキーワード検索からチケットをお探しください。

日本橋:Lコード(35641)

大阪:Lコード(59987)


全国のローソンまたはミニストップ設置のLoppiにて

日本橋:Lコード(35641)  大阪:Lコード(59987)

を入力してお買い求めください。

100円引きの割引券としてご利用いただけます。入場割引券はこちら

※お一人様につき1回限り。
※割引はWEBクーポンをご提示のご本人様及び、ご同伴の1名様まで対象。
※他の優待券および割引券との併用はできません。

※WEBクーポンによる割引は2021年8月31日(火)で終了いたします。

小倉尚人(1944〜2009)は求道の画家として生涯を通じて内面世界を深く追求しました。東京学芸大学美術科を卒業。若い頃からセザンヌやジャスパー・ジョーンズなどからの影響によるすぐれた作品を制作しましたが、同時に仏画や曼荼羅を積極的に学び、独自の作風を次々に展開しました。30歳代に発表した抽象曼荼羅は美術界の注目を受けましたが、名利を嫌って世間との交流を絶ち、40歳以降は隠棲の画家の道を選びました。自室で修行のようにひたすらに仏画に向き合い、祈りを込めて制作を続けました。小倉は密教の宇宙観を独創的な大画面の抽象曼荼羅として描く一方、山水の中で瞑想する観音の静寂で高貴な境地を三十三観音図で見事に描写しました。その画題は仏や菩薩像などの彩色仏画や、線描の美しい羅漢図、さらに、樹木や風景など、多岐にわたります。

64歳の生涯をかけて、描いた作品の多くは生前発表することなく、自らの菩提寺(福島県岩屋寺)に納めました。本展は小倉尚人という稀有な画家の軌跡と作品世界の魅力を60余点の作品を通して多くの方々に紹介する貴重な機会です。







【同時開催】

震災後10年を迎えるフクシマの今を追い続けてきた

写真家 渡辺 幹夫の記録写真を展示します。

※店舗の営業時間変更や、一部売場・コーナーで休業する場合がございます。
※一部商品の入荷遅れ・生産中止や、展覧会・催し・イベント等が変更・中止となる場合がございます。あらかじめご了承ください。
※価格は消費税を含む総額にて表示しております。
※当社ウェブサイトで公開されている画像の著作権は、当社または情報提供者に帰属します。当社の書面による承諾を得ずに画像の全部または一部を転載、使用、複製、配布、変造、販売等を行うことはできません。