イメージ画像

2018年6月12日(火)
How to find a delicious gelateria in town
おいしいジェラートとの出会い方
-from Milan-

とある平日のランチタイムのミラノ中心部の様子。

イメージ画像

イメージ画像

気温もあがり、お昼休みにジェラートを楽しむ方々をよく見かけるようになりました。
観光客や若者だけでなくビシッとタイを締めたビジネスマンも当たり前のようにジェラートの食べ歩きをしています。
日本ではあまり見慣れない光景ですが、イタリアではランチ後のビジネスマンが食べずにはいられないほど、ライフスタイルに欠かせない国民的なフードなのです。
これほどまでにジェラートが愛される理由は、やはり新鮮な牛乳、卵、フルーツなど素材にこだわっているからこその美味しさです。
空気の含有率が低く、滑らかなのも魅力の1つです。

ジェラテリアにいくと選べるフレーバーもたくさんあります。
チョコレート、クリーム、イチゴなどの定番からピスタチオやヘーゼルナッツなどイタリアンジェラートならではの食材まで豊富に揃っています。

イメージ画像

イメージ画像

お店を探す時は大量生産品でなく、自前のジェラート工房があることを意味する
“Artigianale(手作り)”の看板がでているところを選ぶと、より滑らかでフレッシュなものに出会えます。
また、季節のフルーツを取り揃えているかも
美味しいお店を探すコツです。

イメージ画像

イメージ画像

ところでイタリアで“ジェラートづくりの巨匠”と言われる人物がいるのはご存知でしょうか。

イメージ画像

“ドナータ・パンチェーラ”さんです。

19世紀末にパンチェーラ家が創業した、老舗ジェラテェリアの孫娘の彼女は幼い頃からジェラートに触れていました。大学卒業後にヴェネチアやトリエステのジェラテェリアで修業を積み、新鮮で滑らかなジェラートをつくる研究を長年おこなってきました。
現在は、ジェラート職人を育てる講座やジェラートに関する本の執筆をしています。
また、ジェラテリアのアドバイザーやコンサルティング業をおこなうほど業界で信頼されている人物です。

新宿と横浜の高島屋にもドナータ・パンチェーラさんがプロデュースしたお店があります。

イメージ画像

イメージ画像

写真は新宿店のお店の様子です。

イタリアでも人気のピスタチオから季節限定のメニューまでお楽しみいただけます。

本格的なイタリアンジェラートを召し上がりたい方、ぜひお越しくださいませ。

  • ■パンチェーラ新宿高島屋
  • 〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷5-24-2 高島屋新宿店地下1階
  • ※定休日・営業時間は新宿高島屋の営業日に準じます。
  • ■パンチェーラ横浜高島屋
  • 〒220-8601 横浜市西区南幸1-6-31 高島屋横浜店地下2階
  • ※定休日・営業時間は横浜高島屋の営業日に準じます。

ミラノで美味しいジェラテリアをお探しの方はこちら

by Eddie

Writer Profiles

タカシマヤ駐在員

Louis
by Louis
婦人雑貨のバイヤーを経てパリに赴任。大学で美術史を勉強していたので、ヨーロッパのアート事情にも興味津々!
Eddie
by Eddie
紳士服のバイヤーを経てミラノに赴任。電車旅行と食べる事がとにかく好き。好き嫌いはありません。

from 2015 to 2016

yama
by yama
婦人服担当を経てパリ2年目。パリのモードやライフスタイル、スイーツやアートにも興味あり。
tom
by tom
ミラノ駐在暦2年目。
メンズ専門、食べる事とスポーツ好き(特にテニス)。

pegetop

タカシマヤ駐在員ブログ Instagram