TAKASHIMAYA
生まれて初めてのお節句だから…愛情込めて、飾ってあげたい。

初節句、おめでとうございます。
温かなお祝いのご準備に、
どうぞ高島屋の五月人形を。
名匠や人気作家の手がけたお人形を
多数揃えております。

五月人形お買上げ特典 高島屋写真館で初節句の記念撮影を!
用語集

「たんごのせっく」ものがたり 五月人形やお節句にまつわる、あんなこと、こんなこと。

端午の節句は男の子のハレの日

男の子の健やかで逞しい成長を願う「端午の節句」は、奈良時代から伝わる行事です。江戸時代中頃になると鎧兜が屋内に飾られはじめ、同時に五月人形を飾ってお祝いするのが一般庶民にも。現在では5月5日にお祝いします。

五月晴れの空に鯉のぼりも飾って

立身出世を願うシンボルとして、鯉のぼりを飾るのもおすすめです。一般的には「お父さんの真鯉(黒)」「お母さんの緋鯉(赤)」「子どもの鯉(青)」の組み合わせに、厄除けの意味をもつ矢車と吹き流しで1セットとなります。

お祝いはこんな風にしましょう

5月5日または前日の晩に、両家のご両親や親しい方を招いてお祝いをしましょう。邪気をはらうといわれる菖蒲を飾り、ご家庭で工夫を凝らしたお料理や柏餅(柏の葉は跡継ぎが絶えない意味をもつ)、ちまきなどを用意するといいでしょう。

LINEUP 高島屋の五月人形

憧れの人形作家の五月人形をクローズアップ!

二人の匠が生んだ、お節句に幸せを広げるお人形。:幸一光(こういっこう)×鈴甲子雄山(すずきねゆうざん)

幸一光
大将飾り一式「颯斗(はやと)」(45×35×高さ51cm)
330,000円 #5310-18-341

「可愛いお顔に、堂々とした甲冑姿で。」

金小札(こざね)に紫の匂い威(おど)しを施し、胸元の弦走りには縁起の良い「トンボ」柄を印伝で。紫と金の調和が華やかな印象です。

「屏風や旗も、男の子らしさにこだわって。」

躍動感のある紀州雲の柄が描かれた屏風と、鍾馗(しょうき)旗と宝尽しの幟旗もお付けしました。どんなお部屋にもマッチします。

  • ONLINE STOREで詳しく見る
  • WEB限定!五月人形作家がつぶやく「作家余話」
PAGE TOP
TAKASHIMAYA

All rights reserved by Takashimaya Co.,Ltd.