TOPへ

自分だけのオリジナル振袖を作りませんか 記念日にふさわしいセミオーダー振袖

振袖を選ぶ際、地色や配色、生地などで迷う方も多いようです。ここでは、自分好みの振袖を作る楽しみをご紹介します。基本となる図案をもとに、振袖ができるまでの工程を楽しみながら、
お気に入りの一枚を作ってみませんか。

STEP1

図案を選ぶ

(来店1回目)

「誰が袖好み」振袖の縮小図案から
お気に入りのデザインを選ぶ
繊細な描写で表現された振袖図案をご覧いただき、模様の構成などを見比べながらお気に入りのデザインを選びます。豊富な色見本を参考に完成イメージをつかんでいただくことができます。
1振袖全体を縮小して描いた古典模様や草花模様などの伝統的な模様の図案からお気に入りのデザインをお選びいただけます。
イメージ画像
2染色した生地見本を
スクラップした
色見本帳。
同じ色調の中から
イメージする色を細かく
選ぶことも可能です。
イメージ画像
STEP2

配色を選ぶ

(来店2回目 その1)

地色に調和する
模様の配色を考えます
出来上がった原寸下絵をもとに、高島屋の振袖担当者と相談しながら地色と挿し色を選びます。お気に入りの色を決めて、
全体の調和を依頼するのもお勧めです。
1ご希望の色を実際に図案に置いて出来上がりをイメージします。お客様と担当者で時間をかけて色を選びます。
イメージ画像
2地色を紺色に決めて配色を
考えてみました。
大まかな希望を伝えて、
専門家にお任せいただくことも
可能です。
イメージ画像
3繊細な描写で描かれた下絵。
イメージ画像
STEP3

白生地を選ぶ

(来店2回目 その2)

四種類の白生地の中から
お好みの生地を選びます
栃木県南那須の繭を使用した、振袖ならではの華やかな地紋の白生地をご用意します。地紋のある生地は、光沢があり、動きに応じて華やぎを感じさせます。染め上がりなどをイメージしてお選びください。
イメージ画像
ご要望をもとに
デジタル画面で図案を作成
お客様のご希望をもとに「千總」の製作担当者が画面上で彩色、
着色図案を作ります
お客様と共に選んだ色を画面で彩色。地色によって、細かな色の調和が必要ですので、お客様のご希望を伝えながら、「千總」の製作担当者と調整します。この段階では、高島屋各店の振袖担当者がお客様の意向を確認します。
イメージ画像
STEP4

着色図案を確認

(来店3回目)

着色した図案をお客様にご提案します
紙の図案で考えた配色を、着色図案にし、お客様にご確認いただきます。染め上がりイメージを確認できるため、より分かりやすくなりました。この段階で細かな配色なども再検討でき、お気に入りの一枚を作る楽しみが味わえます。
イメージ画像
1画面上、もしくは着色図案のプリントで染め上がりイメージをお客様にご確認いただきます。配色の変更などもこの段階で最終チェックし、オリジナル振袖デザインを完成させます。決定後、友禅染の工程に進みます。2印刷した下絵のイメージ。
STEP5

完成

(写真はこちらの振袖

イメージ画像
1染め上がった振袖。金彩や刺しゅうなどの加飾を施して、華やかに仕上げました。この後にお仕立てし、お渡しします。2セミオーダーの場合は、「誰が袖好み」の落款だけではなく、ご自分のお名前などの落款をお入れいたします。写真はその一例です。
セミオーダー振袖
  • 1完成までの期間/約半年間
  • 2価格/1,000,000円+税、1,200,000円+税
    (いずれも表地)
  • 3取扱い店舗/日本橋店、新宿店、横浜店、大宮店、柏店、
    大阪店、京都店、岡山店、ジェイアール名古屋タカシマヤ
  • (注1)セミオーダー振袖は、ご来店の際、事前にご予約をお願いいたします。
  • (注2)製作期間や来店回数は進行状況により異なります。
  • (注3)気温や湿度などによりご希望の色と多少異なる出来上がりになる場合がございます。
  • (注4)ご寸法によっては、別途工料が必要な場合もございます。