トップ > コンテンツ > あんよ

あんよ

靴の素材、デザインはいろいろね 成長に合わせた選び方のポイントがあるみたい

赤ちゃんの足は、まだやわらかい軟骨。

赤ちゃんの足は、骨の配列ができているだけの軟骨の状態。
成長とともに時間をかけてカルシウムが蓄積され、骨がつくられていきます。
あんよが始まる前に赤ちゃんが靴に慣れるために履くプレシューズは、靴下と靴の中間のような感覚で考えて。
足をやさしく包む上質なものを選んであげてください。
はじめての靴の違和感に、赤ちゃんが不安にならないよう「パパやママと同じだね」と一緒に喜んであげるといいでしょう。
歩けるようになったら、おでかけ用の本格的なファーストシューズに替えます。

どんどんサイズが変わる、赤ちゃんの足。

靴選びはジャストサイズであることが重要です。長く履けるように少し大きめのものを、とつい考えがちですが、
大きな靴は中で足が動いてしまい、不安定で転びやすく危険です。
また、赤ちゃんの足は成長しますので、気づかずに小さな靴を履かせていると、指が曲がった状態になり、
正しい歩き方ができません。目安としては、歩き始めから2歳半くらいまでは3カ月ごとに靴のサイズが変わると覚えておくといいでしょう。
赤ちゃんはまだ自分で靴が大きい、きついと判断はできません。こまめにチェックしてあげてください。

TAKASHIMAYA 高島屋オンラインストア(あそび) よくある質問