トップ > コンテンツ > だっこ

だっこ

生後半年くらいまでは、不要な外出は控えて。

現在は核家族で子育てする人が多く、赤ちゃんの外出機会はどうしても増えてしまいがちですが、
ウイルスなどの感染が心配なので、できるだけ控えましょう。やむをえず外出するときも、
人出の多い場所や時間帯を避け、赤ちゃんが疲れないよう2時間くらいまでで済ませましょう。
ママもまだ赤ちゃんと二人での外出に慣れていないので、荷物は手をふさがないよう背負ったり、
パパがいるときに一緒に出掛けるなど工夫を。
とっさのことに対応できるので、赤ちゃんもママ自身も安心です。

首がすわるまでは横抱き。抱っこひもが便利。

抱っこやおんぶは身体が密に接するので、赤ちゃんはとても安心します。
昔はおんぶひもが主でしたが、現在は月齢に合わせた抱っこひもが紹介されています。
まだ首の座らない赤ちゃんには、やさしく横抱きする抱っこひもからスタート。
手を添えてあげることも忘れずに。赤ちゃんと目を合わせられる抱っこは親子のコミュニケーションを深め、
おんぶは、赤ちゃん自身の目でママと同じものを見ることができ、どちらにも良さがあります。
成長に合わせて、ママもパパもいろいろなおんぶや
抱っこで、赤ちゃんとの時間を楽しんでください。

TAKASHIMAYA 高島屋オンラインストア(あそび) よくある質問