トップ > コンテンツ > 離乳食

離乳食

離乳までのプロセスを、あせらず楽しんで。

赤ちゃんの月齢が4~6カ月を迎えると動きが活発になり、たくさんのエネルギーも必要に。
離乳食はこの頃から始まります。はじめは1日1回、スプーン1杯のつぶし粥などをあげてみましょう。
新しい味や舌触りに慣れてもらうのが目標。極端に嫌がるようなら無理せずおっぱいやミルクをあげ、数日後にまたトライしてみてください。
食事は楽しいことが大切です。
舌でものをつぶして食べるモグモグ期、歯ぐきで食べるカミカミ期へと、
赤ちゃんは少しずつかたいものが食べられるようになり、量や回数も増えて行きます。
そのプロセスをあせらず気長に見守ってあげましょう。

使いやすく安全な食器を選びましょう。

おかゆや裏ごしした野菜など、手作りの離乳食はもちろん愛情いっぱいですが、
仕事を持つ多忙なママや、メニューに変化をつけたいママのために、
ベビーフードもいろいろな種類のものがあるので上手に利用するといいでしょう。
赤ちゃんにとって大事なのは手作りかどうかではなく、栄養と、食事の雰囲気です。
きちんとした食器に移し、ゆったりした気持ちで赤ちゃんと食事の時間を過ごしてください。
強化磁器の食器は、煮沸消毒もできてこわれにくく、おすすめです。
小さいときから、ほんものの感触を教えてあげてください。

タカシマヤ限定販売 ベビー食器セット
タカシマヤ限定販売すりばち小釜炊飯器の中に入れて、家族のご飯と一緒におかゆが炊ける、ふた付き小釜。器の内側とフタの裏側がすりばちになっており、おかゆや副菜をすりつぶせます。また、電子レンジでもお使いいただけま タカシマヤ限定販売チタン製離乳食スプーン口当たりがやわらかく、軽くて錆びにくいチタン素材。大人が握りやすく、赤ちゃんが口に入れやすいことを考えてつくりました。 ベビーフード国産の素材を使用し、添加物や化学調味料を一切使わず作られた薄味のものなど、トレーサビリティーと安心・安全にこだわったベビーフードがおすすめです。
TAKASHIMAYA 高島屋オンラインストア(あそび) よくある質問