ショコラコーディネーター市川歩美のショコラジャーナル

日本で唯一のショコラコーディネーターとして活躍中の市川歩美さんが、本年の見逃せないショコラを徹底レクチャー!ぜひショコラ選びの参考に!

市川歩美
Profile●ショコラコーディネーター。チョコレート専門のジャーナリストとして最新情報に精通。ショコラ愛好家歴20年以上、年間試食数約2,000種類にわたる豊富な知識で、最新ショコラ情報をテレビなど様々なメディアで発信している。商品開発やイベント等、多方面で活動中。All About チョコレートガイドも務める。

topic1やっぱりフランス!

美味しいショコラがある国、といえばやっぱりフランス!
パリをはじめ、フランス各地には魅力的なチョコレートがいっぱい。
「アムール・デュ・ショコラ」だから出会える、フランスのショコラを楽しみましょう!

ショコラ通なら知らない人はいない、
パリ 北マレ地区の人気店の限定アソート

2009年のオープン以来、パリを訪れる度に、ここを訪れています。スタイリッシュな店内に美しく並ぶセンシティブなお味のボンボンショコラに魅力があり、私は毎回「右から左まで全部ください」とオーダーしたい気持ちを抑えなくてはなりません!9粒入りのスペシャルアソートは、私もパリでよくセレクトする、「オレンジ」「ミント」「ミルク」「バニラ」のガナッシュ入り。ジャック・ジュナンを日本で展開しているのは「アムール・デュ・ショコラ」だけなので、必ずチェックしてくださいね。

商品画像

アーティスト・表現者という名がふさわしい、
パリの有名ショコラティエの世界感

1997年にパリにオープンしたお店は瞬く間に有名に。ブティックはショーウィンドウから店内まで、まるでリアルなギャラリー。ショコラが芸術作品のような輝きを放っています。2000年に30才でM.O.F.を獲得したパトリック・ロジェ氏によるショコラはどれもおすすめ。今年は高島屋限定で、パリで私もよく買う「クリスピーヘーゼルナッツプラリネ」をはじめ「レモングラス&ペパーミントガナッシュ」「くるみのマジパン」などが入ったアソートが買えるのです。なんて素晴らしいのでしょう!

商品画像

フランス西部 ル・マンの人気店「ショコラ
トリー・ベランジェ」のショコラが初登場

M.O.F.パティシエであるジャック・ベランジェ氏、そして息子のヴィアネイ・ベランジェ氏は、親子でルレ・デセールの会員です。息子のヴィアネイ氏は元エンジニアですが、父親の元で学び、現在はショコラティエとして活躍。スペシャリテのパヴェは、ヘーゼルナッツのガナッシュをアーモンドとキャラメルのヌガティーヌでサンド。カリっとした歯ごたえとともに、コーティングのビターなショコラ、そして香ばしいナッツの香りが広がります。ル・マンで人気の味を日本でも体験するチャンスです。

商品画像

パリで一番クールなエクレア専門店の、
センス溢れる最新ショコラをチェック!

髙島屋限定

お味はもちろんのこと、ヴィジュアルセンスが抜群!クリストフ・アダンシェフのインスタグラムには10万人以上のフォロワーがいます。毎年チェックしたい、レクレール・ドゥ・ジェニの新作ショコラ。今年はバニラをあわせたショコラノワール「ガナッシュヴァニーユ」、パッションフルーツとローズが華やかに香る「ガナッシュパッションローズ」、そして爽やかな「プラリネユズ」が新作です。ポップなパッケージとフルーツのフレイバーがハッピー気分をくれること間違いなし。お友だちへのプレゼントにもぜひ。

商品画像

タカシマヤオンラインショップ タカシマヤオンラインショップ

タカシマヤオンラインショップ タカシマヤオンラインショップ タカシマヤオンラインショップ

フランス・レンヌ地方のショコラティエの
最新作を、誰よりも早く体験しよう

フランス・レンヌ地方で最初にM.O.F.の称号を獲得した、ローラン・ル・ダニエル氏。日本の有名専門校で講師をつとめた経験も豊富で、日本のショコラ愛好家にも人気のショコラティエです。ボンボンショコラもどれも美味しいのですが、是非注目したいのは、世界に先駆けて高島屋で先行販売されるギモーブです。フレーバーはフランボワーズ、ミント、ヴェルヴェーヌなど。ナチュラルなフルーツやハーブが香る、ふわっふわのギモーヴをチョコレートでコーティング。誰よりも早く味わいましょう!

商品画像

パリで注目を集める、新進気鋭のハニー
ブレンダーによるショコラが初登場

2015年秋にパリのマドレーヌ広場近くにオープンしたAlexandre Stern(アレクサンドル・シュテルン)は、今パリで最もクールなブティックのひとつです。新進気鋭のハニーブレンダーとして、メディアでも注目されるシュテルン氏。私もつい数ヶ月前に訪れて、蜂蜜、ショコラをお買いものしたばかりですが、それが今年、高島屋で購入できるなんて素晴らしいニュース!ショコラにあわせてシュテルン氏が世界各国から集めた蜂蜜をブレンドするという贅沢さ。高級感のあるボックスはギフトにもおすすめです。

商品画像

topic2日本、そして世界の注目ショコラ

チョコレートの材料、カカオ豆に注目するブランドが増え、カカオ豆からチョコレート作りをトータルで手掛ける新潮流「Bean to Bar(ビーントゥバー)」も、定着してきました。日本をはじめ海外の、オリジナリティを感じるショコラたちをご紹介します。

日本を代表するショコラティエが、
カカオから手掛けた最新作

人気ショコラティエでありながら、さらなるカカオの追求のため、2014年から山梨県・清里でビーントゥバーチョコレートを手掛けている三枝俊介シェフ。カカオ豆からボンボンショコラまでを一貫して作り上げる、世界でも数少ないチョコレート職人です。高島屋限定のセットは、世界6産地(マダカスカル、ベトナム、タンザニア、コスタリカ、ペルー、ベネズエラ)のカカオ豆から作ったボンボンショコラ。カカオの個性が上品に引き出され、一粒ごとに「美味しいね!」とつぶやいてしまうかもしれません。

商品画像

熊本のお酒を使ったチョコレートです。
熊本にエールを送ろう!

熊本のお酒を使った、美味しいチョコレートを食べて、熊本を応援しましょう。チョコレートにあわせているのは、熊本伝統の地酒「赤酒」や、樫樽で寝かせて、香りと甘みを引き出した米焼酎「オークロード」。そして国産ぶどうを甘口赤ワインに仕上げた甘酸っぱい「キャンベルアーリー」の3種です。パッケージデザインは、春を告げる椿の花のイラスト。チョコレートと一緒に「くまもんピンバッジ」が詰め合わせてあって、箱を開けると楽しい気分に。お酒を愛する方へのプレゼントにもぴったりです。

商品画像

アマゾンのフルーツとショコラの
カラフルなマリアージュ

毎年楽しみな、マ・プリエールの猿舘シェフによる、高島屋限定の新作ショコラ。今年は、アサイーを使用した商品で知られる「フルッタ フルッタ」とのコラボレーションで登場です。猿舘シェフにしては珍しい、型抜きのカラフルなショコラのデザインにも注目。アサイーのガナッシュ、クプアスのガナッシュ、アセロラとグアバの2層のガナッシュ、パイナップル×スターフル-ツのキャラメルを使ったショコラなど。ホワイトチョコレートをベースに、アマゾンフルーツの味と香りが広がる6粒です。

商品画像

フィリピン発、フィリピン産カカオの
ビーントゥバーチョコレートです!

フィリピンのカカオ農園からダイレクトにカカオを入手して、チョコレートバーまで一貫製造。パッケージがお洒落で、フィリピンではセレクトショップやラグジュアリーホテルなどで販売されています。チョコレートにあわせる素材もフィリピンならでは。定番チョコレートバーは約15種類ですが、中でも「カラマンシー」(フィリピンで人気の柑橘)や、「バラココーヒー」(フィリピン産の稀少なコーヒー豆)を使ったタブレットにオリジナリティがあります。ちょっと小さめサイズなので、自分チョコにもサンクスチョコにもおすすめです。

商品画像

タカシマヤオンラインショップ タカシマヤオンラインショップ

TAKASHIMAYA ONLINE STORE 2月11日(土・)午前10時まで ※一部販売期間が異なる商品がございます。

掲載商品のお取り扱い店は、下記の表示でご案内しております。
日=日本橋店、新=新宿店、玉=玉川店、横=横浜店、柏=柏店、高=高崎店、岐=岐阜店、大=大阪店、泉=泉北店、京=京都店、岡=岡山店