<タカシマヤオリジナル>「おせち三段重」

高島屋通販カタログで
リピート率No.1
11年連続1位

モデルや女優が虜になる
大人気のお弁当!
「chioben(チオベン)」

料理人 山本千織さんが
人気に迫る!

Profile

料理人 山本千織さん

代々木上原にアトリエを構え、有名女性誌やファッションブランドなどの撮影現場を中心にお弁当の仕出し、ケータリングを行う。美しい盛り付けと斬新な味付けで、イベントでのお弁当販売は即完売、ワークショップは連日大盛況。30代~40代の女性を中心に大人気の料理人。著書に『チオベン 見たことない味チオベンのお弁当』(マガジンハウス)。
11月に『チオベンの揚げものと煮もの』(KADOKAWA)を発売。

Instagram/chiobenfc

製造現場編
試食編

令和の時代も人気No.1の味を守り続けます。

3つのこだわりが支える
おいしさ

こだわり1

妥協しない素材選び

主要な生産地に足を運び、
「安全・安心」「美味しさ」にこだわって
目利きした素材を使用しています。

こだわり2

素材の味が活きた「美味しさ」の追求

「素材の味わいを大切に」との願いから、
合成甘味料・合成着色料を使用せず、
天然由来の味や色にこだわりました。
料理人の技から生まれる味わいが高く評価されています。

鯵の彩昆布巻
国産の鯵と野菜、玉子焼きを甘酢で味付け、色鮮やかに昆布巻に。

雲丹新丈
魚のすり身に牛乳を加えてまろやかさを出し、雲丹をのせて蒸しました。雲丹の香り豊かな一品。

銀鮭西京焼き
銀鮭の切り身を味噌に漬け込み、丁寧に焼き上げた自信作。

みやび鯛霜降造り
みやび鯛の名で育てられた鯛の身に、塩をして寝かした後、皮目に熱湯をかけて氷水に落とし、霜降造りに。

こだわり3

急速冷凍で鮮度をキープ

急速冷凍することで濃い塩分や保存料を使わず、
こだわりの味・できたてのおいしさを閉じ込めてお届けします。

全45種類のずっしりと、
食べ応えのあるおせち料理です。

今年もご満足いただける
三段重に仕上げました。

高島屋(タカシマヤ)
<タカシマヤオリジナル>「おせち三段重」
税込21,600円
送料無料

  • お届け地域:
  • 全国配送

※一部除外地域あり

この商品を購入する

おせちをリメイク!チオベンレシピ

【連載企画】人気料理人ならではのアイデア満載!

お好みやシーンに合わせて選べる
タカシマヤオリジナルシリーズのおせちをご紹介

配送地域について

東京都(離島を除く)、神奈川県、千葉県、埼玉県、群馬県、茨城県、栃木県、山梨県の全域

大阪府、京都府、滋賀県全域

兵庫県:尼崎市、伊丹市、西宮市、芦屋市、宝塚市、川西市、神戸市、明石市、三木市、小野市、加古川市、姫路市、稲美町、播磨町、高砂市、太子町、たつの市、相生市、赤穂市、淡路市、南あわじ市、洲本市

奈良県:奈良市、生駒市、大和郡山市、橿原市、大和高田市、桜井市、御所市、天理市、香芝市、葛城市、北葛城郡、生駒郡、磯城郡、五條市

和歌山県:和歌山市、海南市、橋本市、岩出市、紀の川市、有田市、湯浅町、広川町、由良町、日高町、美浜町、御坊市

岐阜県:全域

愛知県:名古屋市、春日井市、清須市、あま市、海部郡、豊橋市、豊川市、蒲郡市、岡崎市、西尾市、刈谷市、碧南市、豊田市(小原村、稲武町を除く)、知立市、瀬戸市、日進市、豊明市、大府市、東海市、常滑市、半田市、知多市、稲沢市、津島市、岩倉市、江南市、一宮市、小牧市、犬山市、尾張旭市、高浜市、愛西市、北名古屋市、弥富市、安城市、みよし市、長久手市、新城市、愛知郡、西春日井郡、丹羽郡、知多郡(南知多町を除く)

三重県:鈴鹿市、桑名市、四日市市、津市、いなべ市、三重郡、桑名郡、員弁郡

岡山県:岡山市、倉敷市、玉野市、総杜市、浅口市、瀬戸内市、赤磐市、浅口郡、都窪郡

鳥取県:米子市、境港市、日吉津村、南部町、伯耆町、大山町、琴浦町、倉吉市、江府町、日野町、日南町

島根県:安来市、松江市、出雲市

※商品によっては一部配送地域が異なる場合がございます。詳しくは商品詳細画面をご確認ください。

髙島屋 2020年おすすめおせちをもっと見る

おせちをリメイク!チオベンレシピ#chioben

【連載企画】人気料理人ならではのアイデア満載!余りがちなおせちをおいしく変身させます。

おせちの豆知識

おせちとは

おせちは、正月や節句のごちそうに用いる料理です。「おせち」とは本来、暦上の節句のことで、節句のときに食べる料理を「おせち料理」と呼びました。現在では、節句の中でも特におめでたい日とされる「正月」の料理を表しています。
おせち料理は、重箱に詰めるのが一般的です。これには、めでたいことを重ねるという願いが込められているとされます。基本は四段重ねで、上から順に、一の重、二の重、三の重、与の重と呼びます。四段目のお重については、「四の重」とは呼びません。「四」が「死」を連想させ縁起が悪いとされているからです。

おせちの起源

おせち料理は、五節句の料理の1つで、平安時代に宮中で行われた「お節供」の行事に由来します。お節供は、節日に神にお供えし、宴を開く宮中行事です。江戸時代後期に江戸の庶民がこの行事を生活に取り入れ、全国におせち料理が広まりました。節句の中でも一番目の正月にふるまうご馳走だけが「おせち料理」と呼ばれるようになりました。

おせちの時期と相場

おせち料理の予約は、9月ごろに開始します。お店によっては早い時期に予約が終了してしまうこともありますので、人気商品や数量限定商品の購入を考えているならば、できるだけ早い時期に予約されることをおすすめします。一般的なおせちの相場は、様々ですが1万円から3万円くらいまでが人気があるようです。

おせちに入っている料理の豆知識

おせち料理は、重箱に詰めることが一般的です。何番目のお重に何を詰めるか決まっています。家庭や地域により異なりますが、口取り(一の重)、焼物(二の重)、煮物(三の重)、酢物(与の重)の順で詰めることが多いようです。すべて揃えると20から30種類になります。料理それぞれにおめでたい意味やいわれがあります。その中でも代表的なものは「祝い肴三種」といい、この3品が揃うとおせちの形が整い、お正月を迎えられるといいます。関東では、黒豆、数の子、田づくり。関西では、黒豆、数の子、叩き牛蒡です。黒豆には、元気に働けますようにとの願いがこめられています。数の子には、子宝と子孫繁栄を祈っています。田作りは、五穀豊穣を願っています。叩き牛蒡は、家の基礎が堅固であることを祈り、おせち料理に使われます。