日本全国送料無料
日本全国送料無料 11月17日(土)午前10時まで ¥0

配送地域から選ぶ

全国配送おせちをご紹介。高島屋限定、老舗料亭、レストランのおせちなど人気通販おせちのご予約を承ります。

関東地域お届け、関西地域お届け、東海地域お届け、岡山地域お届け、鳥取・島根地域お届けのおせちをご紹介。菊乃井、京料理たん熊北店、京料理美濃吉といった人気のおせち料理を豊富に取り揃えております。

2019年 選りすぐりのおせち

今年の注目キーワード

バイヤーおすすめ

  • NEW

高島屋(タカシマヤ)

<オリジナル>おせち料理「錦」3段重

税込21,600

送料無料(クール便)

【冷凍便でお届けします。解凍まで時間がかかりますのでご注意ください。】昨年タカシマヤ通販カタログで人気No.1※のおせちです。(※2017年9月~2017年12月のタカシマヤ通販カタログでの「おせち料理」売上金額による)「目利きが選んだ素材」「素材の良さを引き出す丁寧な調理」「合成甘味料・合成着色料・保存料を使わないこと」など、妥協せずにおいしさを追求してきた三段重「錦」。北海道産いくらの醤油漬など、今年もご満足いただける祝い肴を詰め合わせてお届けします。

ほしいモノリストに登録
  • NEW

日本橋おせち料理 3段重

税込37,800

送料無料(クール便)

いつの時代も、ビジネス、文化の発信地として発展し続けてきた日本橋。今年、再開発計画の要のひとつとして、日本橋高島屋S.C.が誕生しました。これを記念し、日本橋の名店の味を揃えた三段重をご用意しました。

ほしいモノリストに登録
  • NEW

祇おん江口

<祇おん江口>おせち料理 葵 三段重(合鴨南蛮そば付)

税込17,280

送料無料(クール便)

【冷凍便でお届けします。解凍まで時間がかかりますのでご注意ください。】品格を大切にした正統派割烹にこだわる名店。細やかな心配りで料理に向き合う店主・江口貴博氏が監修した、晴れやかなおせち料理をお届けします。年末から年始を豪華に彩る上品な味付けのおせちと、鴨だしの旨味がたまらない「合鴨南蛮そば」のセット。

ほしいモノリストに登録

おせち人気ランキング

髙島屋のおせちカタログ

カタログをお持ちのお客様へ

  • ※通販カタログ番号注文サイトに移動します

カタログ掲載商品一覧から選ぶ

高島屋各店舗にて配布しているチラシ・カタログの
webマークがついている商品はオンラインストアでもご購入いただけます。

  • ※一部オンラインストアにて販売していない商品もございます。

年越・迎春においしいものはいかがですか?

  • 年越迎春の味

お申し込み締切日は商品により異なります。詳しくは商品詳細画面をご覧ください。

品数に限りがございます。売切れの節はご容赦ください。

商品の写真はイメージです。実際にお届けする商品は掲載写真と一部異なる場合がございますが、量目については変わりはございません。あらかじめご了承ください。

おせちの豆知識

おせちとは

おせちは、正月や節句のごちそうに用いる料理です。「おせち」とは本来、暦上の節句のことで、節句のときに食べる料理を「おせち料理」と呼びました。現在では、節句の中でも特におめでたい日とされる「正月」の料理を表しています。
おせち料理は、重箱に詰めるのが一般的です。これには、めでたいことを重ねるという願いが込められているとされます。基本は四段重ねで、上から順に、一の重、二の重、三の重、与の重と呼びます。四段目のお重については、「四の重」とは呼びません。「四」が「死」を連想させ縁起が悪いとされているからです。

おせちの起源

おせち料理は、五節句の料理の1つで、平安時代に宮中で行われた「お節供」の行事に由来します。お節供は、節日に神にお供えし、宴を開く宮中行事です。江戸時代後期に江戸の庶民がこの行事を生活に取り入れ、全国におせち料理が広まりました。節句の中でも一番目の正月にふるまうご馳走だけが「おせち料理」と呼ばれるようになりました。

おせちの時期と相場

おせち料理の予約は、9月ごろに開始します。お店によっては早い時期に予約が終了してしまうこともありますので、人気商品や数量限定商品の購入を考えているならば、できるだけ早い時期に予約されることをおすすめします。一般的なおせちの相場は、様々ですが1万円から3万円くらいまでが人気があるようです。

おせちに入っている料理の豆知識

おせち料理は、重箱に詰めることが一般的です。何番目のお重に何を詰めるか決まっています。家庭や地域により異なりますが、口取り(一の重)、焼物(二の重)、煮物(三の重)、酢物(与の重)の順で詰めることが多いようです。すべて揃えると20から30種類になります。料理それぞれにおめでたい意味やいわれがあります。その中でも代表的なものは「祝い肴三種」といい、この3品が揃うとおせちの形が整い、お正月を迎えられるといいます。関東では、黒豆、数の子、田づくり。関西では、黒豆、数の子、叩き牛蒡です。黒豆には、元気に働けますようにとの願いがこめられています。数の子には、子宝と子孫繁栄を祈っています。田作りは、五穀豊穣を願っています。叩き牛蒡は、家の基礎が堅固であることを祈り、おせち料理に使われます。