和菓子

贈りもので喜ばれる「羊羹とお煎餅」で、和菓子の魅力を再発見!

和菓子の中でも、贈りものとして人気の高い「羊羹」と「お煎餅」。お中元やお歳暮はもちろん、最近では季節のギフトと選ばれることも多いようです。「羊羹」「お煎餅」は、どんな選び方をしたら喜ばれるのでしょうか? “古くて新しい”和菓子の世界をご紹介します。

協力:All About
※画像はイメージです

原 亜樹子(はら あきこ)

米·イリノイ州の高等学校へ留学·卒業後、東京外国語大学で食の文化人類学を学び、「和菓子」をテーマに卒論を執筆。和菓子のみならず、欧米の菓子にも造詣が深く、菓子文化研究家として活躍中。総合情報サイト All About『和菓子』ガイドを務める。

和菓子の代表格、羊羹とお煎餅。贈るシーンはどんな時?

※画像はイメージです

贈りものの代表格ともいえる和菓子の中でも、「羊羹」と「お煎餅」はとくに人気の高いギフト。お中元やお歳暮といった改まったシーンだけでなく、季節の贈りものや、少しカジュアルなプレゼント、手土産としても、選ばれることの多い品です。「羊羹」も「お煎餅」も、歴史が古く、その種類もいろいろ。和菓子界のトレンド事情から贈るシーンに合わせた選び方までをご案内します。

歴史ある「羊羹」、その種類と選び方は?

ひと口に「羊羹」といっても、その製法による種類や形、サイズは様々。どんな種類のものを選べば、季節ごとのイベントやシーンにふさわしい贈りものになるのでしょう? その種類と歴史をまとめてみました。

・練り羊羹
寒天液に小豆餡を加えて練り上げて固める羊羹のことで、江戸時代から高級品として贈られてきました。糖分が高いので1〜3年も日持ちするのが特徴です。

・水羊羹
小豆の餡を寒天や葛などで固めた羊羹で、その名の通り水分が多く、柔らかくてさっぱりとした口当たりです。見た目にも瑞々しく、重くないのが特徴です。関東では涼を感じる夏ギフトの定番ですが、北陸の方は冬にも楽しまれるので、通年で贈ることができます。

・蒸し羊羹
小豆などの餡に小麦粉などを加えて蒸し上げた羊羹のことで、甘さは控えめ。元々は鎌倉〜室町時代に点心のひとつとして伝わりました。蒸し羊羹は日持ちがしにくく、真空包装でも5日間〜数か月が多いようです。改まったギフトのシーンより、少しカジュアルな贈りものにふさわしい品もので、季節を愛でる商品として選ばれることも多いようです。

・棹菓子(さおがし)
舟の型に流し込み、棹に切った和菓子の総称で、羊羹も棹菓子のひとつ。ういろうや、寒天を煮溶かして砂糖や水飴を加えて煮詰めて固めた錦玉羹(きんぎょくかん)なども含まれます。〈両口屋是清〉の『ささらがた』などが知られています。

どんな時にどの「羊羹」を贈る? シーンごとの上手な選び方

「練り羊羹」は、お歳暮、目上の方へのお礼の品、改まった手土産にしても間違いがない、羊羹の王様とも呼べる品。あらゆるシーンで喜ばれる贈りものです。最近は、小型にパッケージされたひと口サイズの羊羹がとくに人気。先鞭をつけた〈とらや〉の小形羊羹の詰め合わせなら、年配の方やビジネスシーンでの贈りものにもぴったり。

夏のギフトとして選ぶなら、やはり「水羊羹」がおすすめです。かしこまったシーンやビジネスの贈りものなら、〈とらや〉〈たねや〉の水羊羹をチョイス。水羊羹を青竹に流し込み、笹で巻き〆した〈仙太郎〉の『竹の水』も、涼を感じさせる贈りものになりそうです。
また、秋のギフトなら「栗蒸し羊羹」はいかがでしょう。新栗が採れる秋〜初冬にかけての季節商品として、さまざまな老舗和菓子店で発売されています。おすすめは、静岡の銘菓〈追分ようかん〉の『栗入りようかん』や〈浅草梅園〉の『栗むし羊かん』。かしこまった贈りものというより、季節を贈る、秋を愛でるという意味合いで贈りたいひと品です。

おすすめはこちら

羊羹のランキング

とらや

小形羊羹12本入

税込3,240

ほしいモノリストに登録
5

羊羹から「YOKAN」へ? 老舗と新しい作り手の挑戦

※画像はイメージです

今、日本でも海外でも、羊羹イベントが盛り上がっています。それは、老舗和菓子店でも、新進の作り手たちも、新しい羊羹&和菓子作りを始めているからです。

例えば、老舗〈とらや〉では、2011年、小形羊羹に『紅茶』の新しい味をプラスしました。『紅茶』は、生産量が少ない国産の紅茶にこだわって熊本県・石飛産の「天の紅茶」を挽き、煉り上げたもの。口に含むと奥ゆかしく静かな紅茶の香りがふわり。香気の中にサッと広がる甘さが印象的です。他にも、バレンタインデーに贈りたいラムレーズン味や、父の日に喜ばれそうな珈琲味なども期間限定で手がけていて、ますます羊羹の世界を広げてくれています。

新しい取り組みでは、山形 の老舗〈乃し梅本舗 佐藤屋〉では、完熟梅のペーストと砂糖、寒天、水飴を固めた代表商品の『乃し梅』と、和の生チョコレートを組み合わせた『たまゆら』を発売。濃厚なチョコレートに梅の酸味があいまった、さっぱりした味わいの新しい和菓子を作り出しました。

おすすめはこちら

とらやのランキング

とらや

小形羊羹12本入

税込3,240

ほしいモノリストに登録
5

甘くないお菓子の代表格「お煎餅」の選び方は?

※画像はイメージです

和菓子の贈りもので、甘くない品を選びたいなら、「お煎餅」も外せません。お煎餅には「お米製」「小麦粉製」「えび煎餅」などがあります。中でも「えび煎餅」は、海老を使った高級感、パッケージの豊かさ、贈りもののきちんと感からいって、改まったシーンでも安心で、喜ばれる贈りもののひとつです。

定番のえび煎餅である、〈坂角総本舖〉の『ゆかり詰め合わせ』は、「ゆかり」に「国産車海老の姿焼」「伊勢湾黒海苔」などを加えた贈りやすいセット。価格帯も3000円〜5000円と、贈る方やシーンに合わせて選べるのも便利です。その他、えび煎餅では、〈桂新堂〉〈志ま秀〉〈満果惣(まんかそう)〉の詰め合わせも、贈りものとして人気です。

〈赤坂柿山〉は、かしこまったシーンからカジュアルな手土産まで、幅広く選べる煎餅詰め合わせが多く揃います。定番の『柿山セレクト』は、通年の贈りものにおすすめです。

おすすめはこちら

煎餅のランキング

国内外の方へのお土産にも最適なお煎餅・米菓、ニューカマーにも注目を

お煎餅や米菓は、近年、いろんな味わいや季節商品が次々と発売されています。もらって嬉しい、贈って楽しい、お煎餅界のニューカマー的な存在も注目を集めています。

米菓のトレンドとしては、柿の種専門店〈かきたねキッチン〉の『キューブ商品詰め合わせ』も楽しいひと品。『甘醤油のあと辛+バターピーナッツ』や『海鮮風塩だれ+アーモンド』など、柿の種のさまざまな風味と、それに合うナッツを選んだ新機軸のスナックは、まさに米菓の風雲児。個々のキューブを詰め合わせたパッケージも可愛らしく、新しいもの好きな方や流行に敏感な方へのギフトとしても喜ばれそうです。ほかにも洋菓子のような味わいの煎餅を展開するブランドや、斬新なパッケージデザインを取り入れるブランドも増えているので、通販サイトや百貨店の店頭で最新情報をチェックしてみてはいかがでしょうか。お煎餅や米菓は軽くて持ち運びやすく、余裕を持ってめしあがっていただける点でも、国内外の観光客のお土産としても人気となっています。

伝統のお菓子、羊羹とお煎餅は、どなたにも喜ばれる定番の贈りもの。贈る相手の好みやシーンに合わせて、あなただけのひと品をぜひ選んでみてください。

かきたねキッチンのランキング

こちらもおすすめ

SNSに投稿する

あわせて見たい関連記事

フルーツ

大切なのは習慣。フルーツを生活に取り入れるコツは?

洋菓子

大人の贅沢なひと時を演出する、洋菓子のお取り寄せ

ホームパーティ

自宅でできる「おもてなし」。大人も子どもも楽しいホームパーティーのコツ

味覚めぐり

お手軽・美味紀行! トラベルライターが教える日本各地の味覚めぐり

出産準備

高島屋のベビーコンサルタントが出産準備のアドバイス!

お子さまの行事

ベビーシャワーやハーフバースデー。ママと赤ちゃんを祝う、今どきのイベントの楽しみ方は?

お子さまの行事

家族みんなが祝1歳。思い出に残るファーストバースデーにするには?

寝具

毎日使うものだから知っておきたい…プロが教える”失敗しない”寝具選び

ワイン

ワインに合うグルメは?おウチで楽しむお取り寄せマリアージュのコツ

プレゼント

調査でわかった義父義母の本音!今どきの贈りもののポイントは?

贈りもののきほん

松浦弥太郎さんに伺った「贈りもののきほん」

コーヒー

コーヒープレゼンター芸人に聞いた! コーヒーのフードペアリングの極意

和菓子

贈りもので喜ばれる「羊羹とお煎餅」で、和菓子の魅力を再発見!

ランドセル

失敗しない「ランドセルの選び方」ネット購入のコツや、色・素材選びは?

歌舞伎

歌舞伎界に学ぶ!“粋と艶”の日本文化をつなぐ、贈りもの選び

お肉

贈り物で喜ばれる、肉ギフトの選び方

スイーツ

スイーツジャーナリスト平岩理緒がおすすめ! 手土産・ギフト向けスイーツの選び方

お酒

ギフトで贈るならココに注目! プロが教えるお酒選びのポイント