お返し

入学祝いにお返しは必要? 気になる返礼事情

お子さんの進学先が決まると、親戚や親しい方々から入学祝いをいただくこともあるでしょう。「入学祝いにお返しは必要?」「お返しにはどんな品物が適しているの?」と疑問を抱く方も多いはず。知っているようで知らないお返し事情、その気になるマナーについて紹介します。

協力:All About
※画像はイメージです

お返しの代わりに、本人からお礼の手紙や電話を

学祝いは年長者が若者に贈るものなので、原則としてお返しは必要ありません。とはいえ、御祝をいただいたからにはお礼は欠かせません。小学生までは親御さんが、中学生からは本人が、お礼のハガキや手紙を送るようにしましょう。贈り主が祖父母や近い親戚であれば、お礼の電話をしたり、親御さんの手紙にお子さんがお礼の言葉や絵を書き添えたりすると、きっと喜ばれるはず。相手が近くにお住まいなら直接挨拶に出向き、お子さんの晴れ姿をお目にかけるのもよいでしょう。

また、親しい友人やご近所の方からお祝いをいただいた場合、お礼の言葉を伝えれば返礼品を贈る必要はありませんが、その方のお子さんが進学する際は入学祝いを贈るべきです。どなたからいただいたか日付や金品の推定額も含め、ギフトノートなどに控えておくといいでしょう。

お礼として、入学内祝いを贈るケースも

本的に「お返しは不要」と言われても、感謝の気持ちを示したい方もいるでしょう。また、高額なお祝いをいただいたり、相手と遠い関係だったりすると、まったくお返しをしないのも気が引けるかもしれません。そんな時は、入学内祝いを贈ってはいかがでしょうか。

入学内祝いに相場はありませんが、いただいたお祝いの半分から3分の1程度の金額が適切と考えられます。現金ではなく、砂糖菓子や焼き菓子、紅茶といった食品、タオルなどの日用品がおすすめです。本来、お返しをしなくてもマナー違反にはならないので、難しく考えず、一般的な内祝いで贈る品物から選んでお礼の気持ちを示しましょう。相手の負担にならないよう、ちょっとした品でお礼の気持ちを示しましょう。

お返しをするなら、できるだけお早めに!

学内祝いを贈るなら、できるだけ早くお返ししましょう。どんなに遅くとも、入学後2~3週間以内に贈らないとタイミングを逃してしまいます。早めの対応を心がけてください。

入学内祝いで品物を贈る際にも、お子さん本人もしくは親御さんからのお礼状を添えるのをお忘れなく。遠方にお住まいの方に郵送する際はもちろん、手渡しする時にもお礼状を添えるのがマナーです。ランドセルやスーツなどをいただいた場合は、その品物を身につけている写真と共にお礼状を送るのも喜ばれます。なかなか会えない遠方の親戚の方には、ぜひ写真と共に感謝のメッセージを送ってはいかがでしょうか。

お礼状でお子さんの成長を伝えましょう

学祝いのいちばんのお返しは、お子さんの健やかな成長です。内祝いを贈る/贈らないにかかわらず、本人の手で入学の報告や将来の目標などをしたためた手紙を送ると成長を感じていただけるはずです。小さいお子さんの場合は、親御さんが近況を伝える手紙を書いてもいいでしょう。品物にこだわらず、まずは感謝の気持ちを伝えてくださいね。

SNSに投稿する

あわせて見たい関連記事

お返し

相手のタイプ別「お祝いの贈りもの診断」あの人に喜ばれるのはコレ!

お返し

歌舞伎界に学ぶ!"粋と艶"の日本文化をつなぐ、贈りもの選び

お返し

入学祝いにお返しは必要? 気になる返礼事情

お返し

のしや水引は? お礼状の書き方は? 入学祝いのお返しマナー

お返し

めいっぱいの祝福に的確に応えたい!ご予算別イチオシの内祝い

お酒

ギフトで贈るならココに注目! プロが教えるお酒選びのポイント

スイーツ

スイーツジャーナリスト平岩理緒がおすすめ! 手土産・ギフト向けスイーツの選び方

お返し

華やか&ハッピーモチーフのお返しで幸せのおすそ分けを

お返し

目上の方やご両親への贈りものに最適!ワンランク上の贈りもの